FC2ブログ

彼氏の親友と初エッチ!何度もイカされました!

彼が友達3人と飲んでると言うので私も友達と合流しました。

男3女2の飲み会で、私は彼の横に座って逆となりには佐藤くんという彼の友達が座っていたのですが、彼の親友に誘われてに書いたミキトモ君とも友達らしく、彼がトイレに行った瞬間に「ミキトモとやったんでしょ?」と聞いてきたので、「してませんよ!」とごまかしたのですが、こと細かく聞いてるみたいで「今日俺ともしようよ!」と誘って来ました。
彼からは事後報告でもいいと言われているので、誘いに乗っちゃおうかな・・とも思いましたが、彼の友達とこれ以上関係をもつのは、彼も嫌だと思うのでその場は断りました。

飲み会も終わって帰り道、佐藤君から「○○(彼氏)とバイバイしたら連絡して!」と携帯番号が書かれたレシートを渡されました。

彼とバイバイしてから電話してみました。

佐藤君「今1人?」
私「はい」
佐藤君「今どこ?」
私「駅から歩いてます」
佐藤君「飲みなおさない?」
私「いや・・・帰りますよ」
佐藤君「何で?ちょっとだけ!」
私「だって・・」
佐藤君「やらせろなんて言わないから」
私「じゃあ、少しだけ」

佐藤君と合流したけど、日付が変わってしまっていたので、開いてるお店がなくて諦めて帰ろうとしたとき

佐藤君「コンビニでお酒買ってホテルで飲まない?」
私「ホテル行ったら、そういう流れになっちゃうでしょ?」
佐藤君「俺はそういう流れに持っていこうとするけど、拒否してくれれば無理やりはしないよ!」
私「流れに持って行くんだ^^;」

おもしろい人だなと思いついて行くことにしました。
ホテルに入って飲みなおしていたら即効「やろうよ」と言ってきたのでキッパリ断りました。

佐藤君「ミキトモとは何回かしてるんでしょ?」
私「・・・・」
佐藤君「ミキトモのこと好きなの?」
私「好きなのは彼だけだよ!ミキトモ君は私と付き合いたいって言っているけど・・・」
佐藤君「ミキトモから、お前もやらせてもらえよ!って言われたよ!みゅちゃんのこと好きではないでしょ!」
私「そんなこと言ったの?ヒドイ!!!」
佐藤君「ミキトモからしたら、ただのセフレだよ」
私「やっぱりね・・・騙された・・・」

ちょっと凹んでうつむいたら、佐藤君が私を引きよせてキスをしてきました。
佐藤君は私の首元から手を入れて来ました。

私「ダメだよ!」
佐藤君「力抜けよ!」
私「嫌だ!」

無理やり手を奥に押し込んで来て、指先が乳首に届きました。

私「あっ・・」
佐藤君「感じたの?」
私「・・・」

乳首に触れられただけで、力が抜けてしまいました。
佐藤君は私の服を脱がしながら

佐藤君「ちょろい子だね!これじゃ誰にでも股開いてるだろ!」
私「強引にされると弱くて・・」
佐藤君「乳首弱い?」
私「この前乳首を開発されて敏感なの・・」
佐藤君「開発って!変態なんじゃん!」
私「あぁぁ・・・ううぅぅぅ・・」
佐藤君「何?何?急に感度上がった?」
私「変態って言われるとダメなんです・・・」
佐藤君「面白いな!本当の変態なんだ!」

佐藤君は私のパンツの中に手を入れてアソコの濡れ具合を確認しました。

佐藤君「普通こんなに濡れるか?変態!」
私「指入れて・・・」

佐藤君はヌルヌルになった私のアソコに指を奥まで入れて子宮の入り口を刺激しました。

私「そこはダメ!イッちゃう!!」
佐藤君「早くね?まだ我慢しろよ!」
私「無理!無理!一回指抜いて!ダメ!!!イクッ!!!!!」

体が痙攣してイってしまいました。

佐藤君「面白いな!ミキトモがはまるのわかるよ!」
私「佐藤君が上手なんだよ!指入れられただけでイッたことないよ!」
佐藤君「嬉しいこと言うな!もう一回イケる?」

佐藤君は、また同じ所を指で刺激しました。

私「ううぅぅ!もうちょっと・・あっ!またイクッ!!!!」
佐藤君「何だよ!スケベすぎて引くわ!」
私「そんなこと言わないで下さい。おちんちん入れて下さい!」
佐藤君「その前にしゃぶってよ!」

私は理性を失って、彼のことが頭から消えて佐藤君のズボンを下して、喉の奥まで咥えこみました。

佐藤君「彼氏の友達のチンコはおいしい?」
私「おいひいでひゅ・・」
佐藤君「彼氏に悪いと思わないの?」
私「・・・」

佐藤君は私を四つん這いにして後ろから挿入してくれました。
バックでイッたことはないのに、佐藤君のおちんちんは下向きに反っているのでいい場所に当たります。

私「またイッちゃうよ!」
佐藤君「ほら!ほら!イケ!変態女!イケ!」
私「イクーーーーーッ!」

佐藤君に突かれるたびにイキまくりました。
最後には佐藤君が私の背中に出して終わりましたが、こんなに特殊な形をしたおちんちんは初めてだったのでやみつきになりそうです。

佐藤君「今日は本当に楽しかったよ!ありがとう!」
私「ミキトモ君より全然よかったよ!また機会があったらお願いします。」

帰ってから彼に話と

彼「だと思ったよ!」
私「佐藤君と会ってたの知ってたの?」
彼「なんとなくね。で?佐藤はどうだった?」
私「凄くよかったよ!何回もイカされちゃったし、気が遠くなるほど気持ちよかった!」
彼「今度俺も一緒に行くよ!」
私「ほんと!?うれしい^^」

主従誓約書-SM専門出会い

投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ

1 Comments

ウンコ  

もしかして

ミキモト君て三重県の方?

2016/01/24 (Sun) 19:47 | EDIT | REPLY |   

Post a comment