FC2ブログ

寝取られリンク

輪姦学校で寝取られ!
全記事表示リンク
不倫出会い
みゅの使ってるサイトです。yahooとかフリーアドレスで登録できます。 「みゅ」で検索して下さいね^^プロフ画像ツイッターと同じです。
最新記事
ツイッター
みゅのツイッターフォローしてね(≧▽≦)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ別記事一覧
アダルトグッズ
アダルトグッズのNLS
掲示板

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳首でイカされて、罰ゲームでレイププレイされました。

彼はまだ寝取られに免疫がなくて、猛烈な嫉妬でおかくしくなりそうだと言っていますが、私が他人としてきて

報告していると勃起してシゴいているので寝取られに興奮しているみたいです。

そんな彼がどこで見つけてきたのか会ってほしい人がいると言うので、彼と彼が連れてきた40歳のロン毛で怪し

い感じの人と私と3人で会いました。

ロン毛さんは、自分で寝取りのベテランと言っていたらしく、今までの傾向から自分で言う人は危ない人ってイ

メージでしたが、彼も一緒だしと思いプレイすることになりました。

ロン毛さんは私を椅子に座らせて、後ろ手に縛って足も椅子の足に固定されました。

結構危険なパターンだなぁと構えていたら、ロン毛さんは私の上着を持ち上げて胸を解放しました。

後ろから乳首をコリコリされて、私がビクッと反応したら

ロン毛さん「この子は、そうとう敏感だよ。」
彼「そうですか・・・」

ロン毛さんは、乳首を舐めてきて私も過剰に反応してしまったのですが

ロン毛さん「この子は、誰かに調教されてた?」
彼「そんなこと言ってました。」
ロン毛さん「これでマンコが濡れてたら、そうとうな淫乱か本格的な調教を受けてるよ。」
彼「僕が確かめます。」

彼が私のパンツの中に手を入れてきました。

彼「ビチョビチョです。」
ロン毛さん「そうとうな調教経験があるね!」
彼「・・・・・。」
ロン毛さん「乳首でイッたことある?」
私「ないです」

両腕を後ろ手に拘束されて胸を張った状態の私の乳首を、ロン毛さんは後ろから親指と中指で強く挟んで人差し

指で強めに刺激しはじめました。

乳首は元々敏感だったのですが、ピンポイントで刺激されてるようで今までにない気持ちよさでした。

いつもは乳首をずっと弄られているとマヒするのか、感度が弱くなってくるのですがロン毛さんのいじり方はど

んどん気持ちよくなってきて、乳首が痛いくらい硬くなってるのがわかりました。
ずっと続けられていると、今度はアソコの奥が熱くなってきて乳首だけ弄られているのにイク感じが込み上げて

きました。

乳首だけでイカされる?

と思った瞬間ビビビッ!と体の奥から何かが込み上げてくる感じがして

私「イクッ!」
彼「乳首だけで?」
ロン毛さん「乳首が敏感な人はイケるんですよ」

私は乳首だけでイカされてしまいました。
クリや奥でイクのとは違った感覚ですが、確かにイッた後のような感じです。
ロン毛さんは、すかさず私のパンツの中に手を入れて指を挿入しました。
その瞬間、体がビクビクして軽くイってしまいました。

私「これは何なんですか?」
ロン毛さん「今、イッたろ?」
私「たぶん・・・」
ロン毛さん「調教を受けたM女はわかるんだよ!今覚醒させてるから俺に身を任せて!」
私「はい・・」

確かに、何か感度を目覚めさせられてる感じでした。
乳首と膣はつながってるのかなぁ・・・

今度は私のパンツをヒザまで下して、アソコをさすりだして椅子まで垂れるほどビチョビチョのお汁を乳首に塗

って、また乳首を弄ります。
乾けばまたお汁を塗ってを繰り返して、おっぱいがアソコのお汁でビチョビチョになってしまいました。

ロン毛さん「彼氏さん、みゅちゃんのおっぱい舐めて下さい」
彼「はい・・・」

ペロッと軽く舐められただけなのに凄く敏感になっていて、またアソコが熱くなってしまいました。
彼とロン毛さんが片方ずつ私の乳首を舐めてくれましたが、私はもう限界で「あああああぁぁぁぁ」と叫びなが

ら腰を振っていました。

ロン毛さんは、私を椅子から解放してベッドに寝かせて、それでも乳首への愛撫はやめてくれません。
彼と一緒に乳首を舐め続けながら、アソコのまわりを触れるか触れないかの優しい感じで愛撫します。

私「んん・・触って下さい・・・」
ロン毛さん「彼氏さんの目の前でおねだりはマズイでしょ!」
私「だって・・・もうガマンできないんです・・」
ロン毛さん「だったら、俺がやる気になるように奉仕しな」

私は仰向けになったロン毛さんの乳首を念入りに舐めて、おへそ周りから、おちんちんへと口でご奉仕しました


私がおちんちんを咥えた瞬間!ロン毛さんが急変して!

ロン毛さん「何咥えてんだよ!誰がいいって言った?」
私「すみません!」
ロン毛さん「お前みたいな淫乱女が俺のチンコ咥えるなんて汚らわしい!」
私「すみません。すみません。」
ロン毛さん「俺のチンコを汚しちゃうって思わなかったわけ?」
私「すみません・・・」
ロン毛さん「聞いてるんだよ!」
私「私の口がそんなに汚いと思わなかったので・・すみません・・・」
ロン毛「はぁ?毎週何人も咥えてんだろ?精子臭がこびり付いてるに決まってんだろ!」
私「はい・・」
ロン毛さん「じゃあ、認めて謝罪しろ!」
私「私は精子臭い淫乱女なのに、○○さん(ロン毛さん)のおちんちんを咥えてしまって申し訳ございませんでし

た。」

彼氏の前で自分が汚い人間だと認めさせられて土下座しました。
この時、私の中のドMな部分が出てきてアソコがジンジン熱くなってきてお汁が内股を流れるのがわかりました



ロン毛さん「彼氏の前で、勝手に他人棒を咥えたら謝されるってどんな気分?」
私「すみません。興奮してます・・・」
ロン毛さん「いい子だね!俺はお前の汚いマンコに入れてやる気はないから彼氏に入れてもらえよ!」
彼「俺?」
ロン毛さん「強引に差し込んで!」

彼は私のアソコに正常位で一気に挿入してきました。
がむしゃらだったのか、いつもより激しくて乱暴に扱われてる感じが凄く気持ちよくて

私「ダメ・・そんなに乱暴にされると・・もうイッちゃいそう!」
ロン毛さん「お前らカップルのセックスを他人に見られてるってどんな気分?」
私「そう言われると・・恥ずかしいです・・あああぁぁ!イイ!!!イクッ!」
ロン毛さん「次はバックでしてみて」

彼は私を四つん這いにして、また激しく突いてきました。
他人に私達のえっちをコントロールされてるのが恥ずかしいけど、支配されてるみたいで新鮮で凄く気持ちよか

ったです。

私「はぁはぁ・・気持ちいいです!イヤーー!奥に刺さるぅ!!!」
彼「みゅ・・ビチョビチョすぎだよ!」
ロン毛さん「じゃあ、交代しようか!」

ロン毛さんは、私を正常位に戻して、クリトリスを亀頭で擦ってきました。

私「ダメ!それ!またイッちゃいそうです!」
ロン毛さん「イッたら罰を与えるぞ!」
私「ええ・・・はい・・・」

ロン毛さんのおちんちんが私の中にゆっくり入って来て、奥をツンと突いた瞬間

私「イ・・イクッ!」
ロン毛さん「ダメ!」
私「はい・・ああ・・でもムリ・・イクッ!!!!」

私は仰け反ってイってしまいました。

ロン毛さん「イクなって言ったのに・・」
私「ガマンできなくて・・」
ロン毛さん「罰を与えよう!二人とも服を着て!ここを出るよ!」

3人でホテルを出ました。

行先は、ホテルから車で少し走った飲み屋さんでした。
そこはロン毛さんの行きつけのお店みたいで、階段を下りた地下のバーでした。

受付で私と彼はカップル料金で、ロン毛さんは単独料金でした。
店内はお客さんが2組で、単独男性とカップルさんがいました。

しばらく、3人で飲んでいたのですが

ロン毛さん「みゅちゃん下着になって!」
私「え?ここで?」
ロン毛さん「早く!」
私「お店の中じゃまずくないですか?」
ロン毛さん「そういうお店だから大丈夫!」

私は店内で下着姿になりました。
周りのお客さんが気になってソファーで体を丸めていると、ロン毛さんは私を立たせてパンツの横から指を入れ

てきて

私「ちょっと・・見えちゃいますよ・・」
ロン毛さん「見せるんだよ!」
私「ヤダ!気持ちよくなっちゃうからヤメテ!」
ロン毛さん「こんなに濡らしといてヤメテはないだろ!」

単独で飲みに来ていた人が近づいてきて

単独さん「見せてもらっていいですか?」
ロン毛さん「手を消毒してきて下さい。」

単独さんは、フロアーの至る所に置いてあるアルコール消毒で手を消毒して戻って来ました。

ロン毛さん「爪は伸びてないですよね?」
単独さん「はい」
ロン毛さん「どうぞ!」
私「え?うそ!」

単独さんは私のアソコに指を入れてきました。
彼の目の前で知らない人に弄られて恥ずかしかったけど興奮しました。

ロン毛さんが単独さんの耳元で何か言うと、単独さんは私の手を引いてお店の奥に連れて行かれました。
そこは個室になっていて、単独さんは無言のままパンツを下して私の頭をつかんで股間に近づけました。
単独さんのおちんちんは既にビンビンに反り返っていて、私はその見ず知らずの人のおちんちんを舐めました。
頭を押さえつけられて、のどの奥まで出し入れされました。
単独さんは「ウッ」と私の口の中でイクと大量の精子がのどの奥まで入って来ました。

単独さん「口に入れたまま戻って」
私「・・・・」
単独さん「さっきの人に言われたんだよ」

私は、単独さんの精子を口に入れたまま彼とロン毛さんの所に戻りました。

彼「何があったの?」
私「・・・・」
ロン毛さん「精子が口に入ってるんだろ?」
彼「マジで!!!」
ロン毛さん「飲めよ!」

私は必死に首を横に振りました。

お店の人が来てロン毛さんに「準備できてますよ。楽しみにしてます。」と言って、ロン毛さんはフロアーの端

にあるちょっとしたステージに私を連れて行きました。

そこで、スポットライトを当てられて、ブラジャーとパンツを脱がされて全裸で立たされました。

気づけばお客さんが7~8人いて、私の方を注目しています。

すっごく恥かしくて、何をしていいのかわからなかったのですが大きな音でダンスミュージックと私を紹介する

DJが流れて、ロン毛さんに「踊れ」と言われました。

どうしていいのかわからなくて、凄く恥ずかしかったけどやるしかなくて、精子を口に入れたまま全裸で皆の前

で踊りました。

10分くらいだったらしいのですが、1時間以上に感じました。

音が絞られてDJの人が、精子を口に含んでるとアナウンスして一気コールをされました。

もう諦めてゴックンして口を開けて飲んだ所を皆さんに見せました。

席に戻るのもフラフラで、気力もなくなっていましたが席に座ると周りにたくさんの男性がいて、私の体を触っ

てきました。
抵抗する気力もなくてされるがままに触られて、彼を探すとロープで椅子に縛りつけられていました。

もう、さっきまでの恥かしさと脱力感で、どうにでもしてという気分になっていて、一人の男性が上半身を脱い

で乳首を私に近づけて来たのでペロペロしました。また別の人がおちんちんを出しで私の顔に近づけて来たので

咥えました。そのおちんちんはパイパンで洗ってなかったのでしょうか・・・少ししょっぱかったです。

どのくらいかなぁ・・・けっこう長い時間弄られまくって、とうとう知らない男性がコンドームはしてましたが

挿入しようとアソコに近づけてきました。

押さえつけられて抵抗できない私は「やめて下さい!入れないで!」と、彼の方を見ると椅子に縛られた状態で

うなだれていました。

私は彼に「助けて!」と叫びましたが、ロン毛さんはそこにいた皆に「大丈夫です!入れちゃっていいですよ!

」と勧めていました。

さすがに全然知らない人達にやられるのは嫌だったので

私「本当にやめて下さい!」
彼「やめろ!やめろ!」

抵抗も空しく50歳くらいのおじさんのおちんちんが私の中に入って来ました。

私「うっ!」
彼「やめろ!!!!」
おじさん「あったかいよ!気持ちいい・・・」
私「うううぅ・・・あ・・あ・・・」
おじさん「感じてるの?」
私「感じてません!はぁはぁ・・あああ・・・」
おじさん「感じてるじゃん!」
私「感じてません!本当にやめて下さい!」
ロン毛さん「やめちゃっていいの?」
私「はい!やめさせて下さい!・・ああ・・ううん・・・ダメ・・やめて・・」

おじさんは、かまわず私の中に出し入れしています。
他の人は私の体を触りまくって、乳首を舐めてる人もいます。
強姦になったような気分で、何度かイキそうになったけど懸命にガマンしました。
でも・・・ガマンも限界で・・

私「うう・・・ダメ・・イッちゃう・・イクッ!!!」

私がイッた瞬間、おじさんも興奮したのか私の中でイってしまいました。
おじさんは、コンドームを外して、私の顔に精子を垂らしました。

次の人も間を開けずに私に挿入してきました。

私「全員するの?」
ロン毛さん「全員相手にしてもらわないと!」

次から次に挿入されて、とうとう13人のおちんちんを入れられてしまいました。
解放された時には、13人分の精子も顔や体にかけられてベトベトで、テッシュで拭いてもらいましたが、精子

の匂いは取れないまま帰らされました。

帰り道彼に・・

私「今日のはなんだったの?」
彼「ここまでになると思ってなかったから・・・」
私「興奮した?」
彼「最後の強姦はそうとう興奮した・・・」
私「だったら良かった^^」
彼「・・・でも・・・みゅ・・臭うよ・・・」
私「はぁぁぁぁ?誰がこうしたんだよ!」
彼「ごめんごめん。帰ったら洗ってあげるね。」

彼は嫌がってたわりに、楽しかったみたいでお家で体を洗ってもらってる時に「またやろうね」と言ったので「絶対に嫌だ!」と言ってやりました!

主従誓約書-SM専門出会い

投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ランキング
お薦めブログ
ユーザータグ

寝取られ 他人棒 貸出し 調教 寝取られマゾ 性奴隷 失禁 おじさん 失神 レズ オナニー スワッピング 精子 中出し ゴックン フェラ 浮気 寸止め 童貞 元彼 変態 奴隷 お漏らし SM 公衆トイレ 巨根 屈辱 包茎 風俗 脱糞 黒人 淫乱 バイブ  ノーブラ 口移し ノーパン 露出 痙攣 イクッ 公園 先輩 乳首 デリヘル クンニ 唾液 結合部 性処理 女王様 おしっこ 電マ 奴隷市場  漏らし 3P 生挿入 アナル 口内発射 射精 しゃぶって M女 オナニー観賞 ヨダレ 69 3P 温泉 精子吸いだし お掃除フェラ 羞恥プレイ 愛撫 複数 嫉妬 動画 監禁 中出し性奴隷 3P 淫乱女 強姦 元カレ イカせて 乱交 車内 強制 ぶっかけ 浴衣 カリデカ 同伴 ハプニングバー 手マン セックス中毒 セックス 奴隷以下 セフレ 相性 野外 顔面騎乗 シコシコ 別れ ローション 混浴 肛門 ナンパ Gスポット M字 オナ マンコ 卑猥 SM スナック オーガズム 巨チン メイド 撮影 気絶 風俗体験  ntr 老人 おじいちゃん ペニクリ 女装 吸い出す 複数プレイ 体に塗 玩具 浮浪者 トイレ 全裸 彼氏の友達 真性包茎 恋愛 便器舐め 同級生 同窓会 短小 ホームレス 妊娠 オナ禁 寝取られ禁欲 イケメン 旅行 外人 筆下ろし 彼氏と 早漏 白人 コンビニトイレ 一泊 緊縛 飲尿 強引 窒息 遅漏 座位 雇用 69 寝取った イク ラブホ 寝取られゴックン ビチョビチョ しゃぶり 接合部 ハメ撮り 寝取られ浮気 4P 筆おろし 洗濯ばさみ 彼の友達 縛られ 拘束 濡れて 亀頭 映画館 奴隷契約 潮吹き 精子ローション 犯される 女王様をレイプ 動画撮影  クリトリス 洗濯バサミ 鉄格子 性管理 精飲 出張ホスト ポルノ 処女 イキ地獄 貞操帯 小便器 奉仕 初体験 

検索フォーム
アクセス
寝取られ動画
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。