FC2ブログ

黒人さんの巨根で寸止めされ続けてからのイキ地獄

1年くらい前に元彼に紹介された黒人さん(黒人さんに気絶させられた・・・)から連絡があって、今の彼と黒人さんと3人で会いました。

黒人さんは体も大きくて、見た目ちょっと怖い感じだけど性格は優しい人です。

3人でホテルに入ると黒人さんは全裸になって、彼にも全裸になるように言いました。
彼も全裸になって黒人さんと並んだのですが、まずおちんちんのサイズが全然違う!
彼も小さい方ではないのですが、立ってないのもあってほんと小さく見えます。

私は彼のおちんちんをフェラして、黒人さんは私のアソコを指でさすりながら匂いを嗅いで「It smells good!」と言いベロッと舐めました。

私「ヒャッ!」
黒人さん「キモチイイ?」
私「ビックリした!」

黒人さんは、私のアソコの匂いを嗅いでは舐めてを繰り返して喜んでいる様子でした。
彼は私にフェラされながら黒人さんを凝視していました。

私のアソコを十分に濡らして、私が両手で握っても余るくらいの大きさなので25cmくらいはあって、太さも手で握りきれないほど太くて・・・真黒な巨根をねじ込んできました。


彼はそれを見て「あっ!生で入れるの?」と言っていましたが、黒人さんも私も彼を無視してしまいました。

入って来た瞬間1年前を思いだしました。黒人さんのおちんちんは柔らかいのに普段入ってこない奥まで届いて苦しいくらいの圧迫感でした。
最初はゆっくり出し入れして、私も今回は失神しないな!と安心したのもつかの間!更に奥まで差し込んで黒人さんのおちんちんが硬くなったのがわかりました。

これはヤバイと思った瞬間、腰の動きが早くなって彼のおちんちんを噛んでしまいました。
彼も痛かったのか直ぐに離れて、私は黒人さんに激しく突きまくられました。

直ぐに絶頂を迎えそうになって

私「イグッ!」
黒人さん「ダメ!!」
私「もうムリ!」

黒人さんはおちんちんの動きを止めて、私が落ち着くのを確認してからまた激しく動き出しました。
また直ぐにイキそうになったのですが、動きが止まって・・・
それを何度も繰り返されました。

私「もう・・・ダメ・・・・イキたい・・イカせて・・・」
黒人さん「ダメ!」
私「はぁ・・はぁ・・・おかしくなっちゃう・・・」
彼「どんだけ良いんだよ!」
私「ごめん・・・気持ちよすぎて・・・イッちゃう・・・」

また、腰を止めて

黒人さん「スンドメッテ、イウンダヨ!」

知ってるわ!!!と思いましたが、寸止めされ続けた後の自我の崩壊を私は知っているので、これ以上は彼の前だしマズイと思ったのですが、黒人さんはやめてくれません。

何度も何度も寸止めされて、もう私はイクことしか考えられなくなって・・・

とうとう痙攣が止まらなくなって、失禁してしまいました。

黒人さんはそんな私を見て笑っていましたが、彼は悔しそうに私を見下ろしていました。

既に限界を超えていたので、その頃には寸止めされてもほとんど反応もなくなっていたのだと思います。

黒人さん「ソロソロ、イカセテアゲル」

と言い私の腰をおさえて奥までドンドン突いてきました。
もう、快楽の地獄です。

私「ふぅ・・ふぅ・・・今度こそイカせて下さい・・・」

黒人さんは私の体が浮くくらいの勢いで奥に差し込みました!

今までの寸止めで溜まりに溜まってたモノが一気に解放されて

私「イグーーーーーーーー!!!!!ああああああああーーーーーー!!!!!」

と叫んで全身が硬直したままイカせてもらえました。

頭の中は真っ白で解放された喜びよりも余韻が強すぎて、黒人さんのおちんちんが抜けた後も難度がイってしまいました。

おちんちんが入ってないのにイってしまうって初めてで、あとで彼に聞いたら終わってベッドで横になったまま全身がビクビク動くたびにを吹いていたそうです。

恐るべし黒人さん!今度また寸止めお願いしたいです。

0 Comments

Post a comment