FC2ブログ

寝取られ貸し出し調教2日目 ハプニングバーで5P イキ地獄で精神崩壊

お家では全裸で過ごして2日目、まだ裸を見られることに慣れなくて凄く恥ずかしいです。
10時に起きて、朝食のを準備して私だけ床で食べました。

午後からお出かけするというので着替えていると、ノーパンノーブラとの指示があって、夏なのに・・・柄物のキャミソールで乳首を隠して膝くらいのスカートで出かけることになりました。

目的地はハプニングバーというところ!
聞いたことはあるけど初体験です。エッチなハプニングが起こるかもしれない所らしいのでワクワクしながら向かいました。

下が居酒屋の怪しいビルの二階で入ると、ちゃらいお兄さんが受付にいて内容の説明を聞いてカップル料金を払いました。

奥に通されると広いフロアーの真ん中はテーブルとソファーが何席かあって、お酒が飲めるようになっていました。
周りにカーテンで仕切られた小部屋が5ヵ所あって、そこはえっちする部屋みたいです。
お盆休みに入ったからか混んでいて、中央のフロアーに6組のお客さんがいました。

私達もソファーに座ってお酒を注文しました。
混んでいたので相席になってしまって、40代のカップルさんとお話しながら飲んでいたら、彼氏さんの方から「えっちしてるとこ見せてもらえます?」と聞かれ見せることに!

カーテンで仕切られた部屋に入ると二人掛けのソファーがあるだけで狭い部屋でした。
ソファーでTくんとイチャイチャはじめると、カーテンの中央が開けられるようになっていて、そこから覗いていました。

えっちしてる所見るところなんだぁと思っていたら、Tくんが部屋変えよというので別の部屋に移動したら、お布団が10枚くらい並んでる部屋で、6組くらいの人達がエッチしてました。
えっちしてる人の横でえっちするの?とちょっと衝撃映像でした。

端の方で横になってTくんとイチャイチャしていたら、さっきの40代のカップルが来て隣の布団に寝転がりました。
Tくんが私を上半身だけ脱がせて乳首をペロペロしていると、隣の彼氏さんがTくんに「参加していいですか?」「いいですよ」って軽い感じでもう片方の乳首を舐めだしました。

両乳首を舐められていると、彼女さんが私のノーパンのスカートの中に手を入れて来ました。
彼女さん「凄い濡れてるぅ~」
私「恥ずかしいです」
彼女さん「舐めてあげるね」

彼女さんに脱がされて、ピチャピチャ音を立てながら舐め始めました。
慣れているのか、やらしい舌使いで凄く気持ちいい!!!!
のけぞるくらい気持ちよくて、責められていると一人で来てる人なのか、30~35くらいの男性が「参加してもいいですか?」と近づいてきました。
Tくんは「口が空いてますよ」とフェラを勧めたので、その男性のおちんちんが口に入ってきました。
5P!!!!!!!!!初体験で大忙しでした。

Tくんは彼氏さんと単独の男性を残して、彼女さんと隣の布団に行っちゃいました。
彼氏さんの方がビチョビチョになった私のアソコにゆっくり挿入してきて、単独男性をフェラしながらの3Pになりました。
チラッと隣をみると、Tくんが彼女さんにフェラさせてて・・・それを見たらモヤモヤしました。たぶん嫉妬だと思います。

単独男性と彼氏さんは交互に2回ずつ挿入しました。
Tくんも彼女さんと最後までしちゃって何かムカつくし!

イライラしながらお店を出て、怒りが収まらなくてケンカになりました。
Tくん「何か怒ってる?」
私「他の人とえっちしてた!」
Tくん「みゅちゃんもしてたじゃん」
私「させたんでしょ!」
Tくん「嫉妬?」
私「・・・・・」
Tくん「ごめんね」
私「今夜は私が満足するまで抱いて!」

あれ?何この会話・・・まるでカップルじゃん・・・

少し主導権を握った感じのまま、お家に帰ってTくんに「シャワー浴びてきて!念入りに洗ってきて!」と言うと素直にお風呂場に行きました。
これは、調教する立場が変わったか?と思ったら、Tくんがお風呂から出てきて「何服着てるの?脱げよ!調子に乗るなよ!」
あっ!家では全裸だったんだと思い出して服を脱ぎました。

そのまま、ベッドに連れて行かれて両手を後ろ手に縛られて両足首も縛られて、ローター3本をスイッチが入ったままアソコに入れられて放置されました。
外すことも出来ないし、もがいてる私をそのままにTくんはビールを飲みながらテレビを見始めました。

「抜いて!抜いて!」と叫ぶ私を横目に「服を着てた罰だから」と電池が切れると直ぐに交換して1時間くらい放置されました。
イッた後でも刺激が続くから、もう精神が崩壊状態でヨダレを垂らして泪は出るし、何回イッたかわからないしで腰が痙攣してボロボロにされました。
Tくんが近づいてきて、外してくれるのかと思ったら更に電マで刺激を始めました。
Tくんが「白目になってるよ」と言っているのは聞こえたのですが、もうイキ地獄から開放してほしくて何度も「許して下さい」と泣きながら頼み込みました。
Tくんが言うには、1時間半くらい経ってたようです。

全て外してもらった時には、ヨダレを垂らしながらTくんに抱きついて「おちんちん入れて下さい」と言ってたそうです。

その先の事は半分寝てる状態だったみたいでよく覚えていませんがブルブル震えながらベッドで横になっていたそうです。

目が覚めるとご飯が用意されてて「今回だけだよ」と床ではなくテーブルで一緒にご飯を食べました。

夜はえっちなしでぐっすり寝ました。

3日目 最終日は次回書きます。

アダルトブログランキング

FC2 Blog Ranking

0 Comments

Post a comment