FC2ブログ

調教され続けた彼氏がここまで・・・

彼氏も童貞さんの家で生活するようになって、昼間は彼氏と私は全裸で彼は後ろ手に拘束されて、私は貞操帯を着けられています。
彼は何もできないので退屈そうですが、私は家事をして主の童貞さんの身の回りのお世話をする生活。

夜は私の部屋で彼氏と一緒に寝ていますが、ほぼ毎晩、私だけ童貞んさんに部屋に呼ばれてえっちしたり、フェラだけしに行ったり、散々愛撫だけされて寸止めのまま部屋に戻されたりしていました。

童貞さんは彼のことも調教したいみたいで、ご飯は私と一緒に床で食べさせられて、私が童貞さんのトイレの後舐めてキレイにしているのですが、舐めた後彼とキスをさせられたりしていました。

そして、とうとう5月15日(金)に一線を越えました。

お昼過ぎに童貞さんに呼ばれてリビングに行くと、彼を連れてベランダに行きました。
ベランダは手すりの下が透明なので向いのビルから丸見えだから、おちんちんを隠すように前かがみになっていました。

彼をベランダに出して鍵をしてしまったのでドキドキだったと思います。

私は童貞さんの寝室に連れて行かれてベッドに寝かされました。
童貞さんの部屋から彼が立ってるのが見えます。彼からも見えているので彼にとっては恥ずかしいし寝取られるしで最悪だったと思います。

童貞さんは私の貞操帯を外して足を広げて彼から見えるように指で弄って来ました。

私「見てる・・から・・」

童貞さん「見てるから何?見せてやればいいよ!」

私「恥ずかしい・・あっ・・」

童貞さん「じゃあ、やめる?」

私「いや・・あっ・・あっ・・」

童貞さん「やめるよ」

私「う・・う・・いや・・あああっ!」

童貞さん「大きい声で!」

私「やめないでーーーー!」

と叫びました。

彼の方を見ると、睨むように私を見ていました。

私「あっ!あっ!そこ・・ああ・・はぁ・・はぁ・・」

童貞さん「いつも以上に濡れてるぞ!」

私「言わないで下さい・・ああぁぁぁ!!!イキそう・・!」

童貞さん「入れなくていいのか?」

私「・・・・・」

童貞さん「言わないとやめるぞ!」

私「入れて下さい・・」

童貞さん「大きい声で!」

私「もう我慢できません!入れて下さい!!!お願いします!!!」

窓越しに彼に見られながら叫んでしまいました。

童貞さんは彼の方を見ながら私に生でゆっくり挿入してきました。

彼は後ろ手に縛られているので頭を窓にぶつけながら「やめろ!」と叫んでいました。

私「あぁぁ!!入って来る!!もっと!もっと!奥まで!!!」

童貞さんが奥まで入って来て、私のアソコはぐじゃぐちゃと音を立てて・・・彼の見ている前でおちんちんを出し入れされました。

私「ううう・・ああぁぁ・・はぁ・・はぁ・・」

童貞さんは大きな声で

童貞さん「そこで見てる彼氏とどっちがいい?」

私「はぁ・・ああん・・言えない・・」

童貞さん「抜くか?」

私「彼よりいいです!!凄くイイ!!!気持ちいい!!!ダメ!!!イクッ!!もうイッちゃう!!イカされちゃう!!!!ああぁぁぁぁぁ!!!!いいいいい!!!!」

もう彼を無視して大きな声でイッてしまいました。

童貞さん「そんなにいいか!じゃあ、彼の粗チンじゃ満足できないと言え!」

私は首を振って拒みました。

童貞さんは奥をズンズン突いて来ました。

私「ダメ!出ちゃう!!あっ!あっ!ダメ!恥ずかしい!!あぁぁ!!ああん!!あん!!」

奥を突かれながら潮を吹いてしまいました。

私「あっ!あっ!彼の粗チンじゃ満足できません!!仁さん(童貞さん)のおちんちんがいいぃぃぃ!!!あああぁぁぁ!!!またイクッ!!うっ!!!うううぅぅぅ・・・」

童貞さんはそれでもやめてくれなくて、童貞さんに何度もイカされてる自分に更に興奮して淫らに喘いでしまいました。

私「もっと!!もっと!!イカせて!!あぁぁ!!!」

童貞さん「俺もイクぞ!中でいいな!」

私「はい!お願いします!!中に出してーーーー!!!奥にーーーーー!!イクーーーーーーッ!!!」

童貞さんは私の中に射精してくれました。

全身に力が入って硬直して動けない私の所に彼氏を連れてきて

童貞さん「妊娠しちゃうぞ!出してやれよ!」

私「いや・・それだけは・・やめて下さい・・」

彼は私のアソコに指を入れようとしました。

童貞さん「違うだろ!吸いだすんだよ!早くしないと!」

彼はためらっていましたが、ゆっくり顔を近づけて私のアソコに唇が触れました。

私「あっ・・」

ズズズズズズ・・・

彼は童貞さんの精子を口で吸い出しました。

童貞さん「それをみゅに飲ませてやれよ!」

彼は私に口移しで童貞さんの精子を飲ませてくれました。

その時の彼の目にうっすらと涙が見えて、罪悪感で胸がギューーッとなりました。

その後、童貞さんに言われてないのに私のアソコを舐めてくれました。

童貞さん「おっ!自分から行く?じゃあ、こっちも頼むよ!」

童貞さんは彼の髪を掴んで自分のおちんちんの方に顔を向けました。

童貞さん「ほら!お前の彼女の汁でベタベタになっちゃったんだよ!」

彼はしばらく童貞さんのおちんちんを見ていましたが、ゆっくり顔を近づけて・・舐めました・・・

童貞さん「お前凄いな!」

私も彼がそこまですると思っていなかったのでビックリしました。

私「もうやめて!お願い!」

彼「みゅのお汁が付いてるんだから大丈夫・・」

そう言うと童貞さんのおちんちんを咥えました。

童貞さん「意外とうまい!お前もやれ!」

私は彼が咥えている童貞さんのおちんちんを横からペロペロ舐めました。

童貞さん「お前らカップル!ヤバイな!」

と大笑いしていました。

私達はカップルで童貞さんのペットになった日でした。

夜、彼と一緒にお布団に入って「大丈夫?」と聞いたら、「凄い屈辱だけど興奮した」と言っていました。

エスカレートしたらどうしよ・・・

男女の友達同士 ホントに異性を意識してないか?


輪姦学校


セフレ募集


童貞さんの飼育日記

  1. 室内でずっと、おじさんに飼育されています

  2. 奴隷の1日

  3. 貞操帯を着けられてしまいました

  4. 貞操帯4日目で限界です!(ただの愚痴日記)

  5. 新しいおじさんが来て貞操帯の匂いを嗅がれた・・そして飼育小屋行き・・

  6. 同じ家の中でバレずに浮気しちゃいました[寝取られ]

  7. 浮気がバレて、おじさんに中出しされました

  8. ベランダでセックスさせられました

  9. 3時間半おちんちんを舐めました

  10. 私の飼育されている所に彼氏達が来て、貞操帯の匂いを嗅がれてからのセックスで絶頂

  11. 宅配をワイシャツ&貞操帯姿で受け取って「電マ4時間」

  12. 謎の女性ミズハ様にテクニックを教わりました

  13. 彼氏が泊まりに来たけど夜はおじさんのお相手しました

  14. 彼氏と一緒に調教を受けることになりました

  15. 調教され続けた彼氏がここまで・・・

  16. 超巨大おちんちんの水木さんが来る!

  17. 彼の目の前で知らない人の精子をアソコに塗ってオナニーさせられました

  18. おじさんに入れられてる結合部を彼に舐めてもらいました

  19. 自粛が解除されたので公園で変態プレイと脳イキを経験しました

  20. 彼の貞操帯が外れて飼育生活最終回

2 Comments

かずま  

毎回楽しみです。

今回もめちゃくちゃ興奮しましたー
何時もありがとうございます。
右手止まりません笑

2020/05/31 (Sun) 18:44 | REPLY |   
みゅ

みゅ  

To かずまさん

読んでくれてありがとうございます^^
私の日記でオナってもらえてると思うと私も右手中指が止まりませんw

2020/06/01 (Mon) 11:18 | REPLY |   

Post a comment