FC2ブログ

宅配をワイシャツ&貞操帯姿で受け取って「電マ4時間」

5月7日(木)

昨日の日記に書いた私の飼育されている所に彼氏達が来て、貞操帯の匂いを嗅がれてからのセックスで絶頂でイキまくったけど、この日は童貞さんと二人っきりで、ちょっと寂しい・・・

ゲージは水木さんが持って帰ったので、自分のお部屋で寝れたのでぐっすり眠れました。

今まで通り、私も童貞さんも全裸(私は貞操帯だけ)での生活に戻りました。

童貞さんの朝食の時はフェラして、午前中は掃除と洗濯をして、お昼ご飯の時もフェラ、私は床でペットのようにご飯を食べる通常通りの生活。

この日の午後は童貞さんは書斎でお仕事してて、私はリビングでテレビを見ていたら"ピンポーン"とインターフォンが鳴りました。

何かの配達?オートロックを開けて服を着きようとしたら童貞さんが部屋から出てきて

童貞さん「そのまま受け取れよ」

私「いや・・さすがに裸は・・」

童貞さん「じゃあ、これ着ろ」

と、ワイシャツを渡されました。

着てみたら乳首透けちゃってるし下は貞操帯だし・・・

私「これは・・・」

童貞さん「ほら!来たぞ!行ってこい!」

ドアを少し開けて荷物を受け取ろうとしたら、そこに童貞さんが来てドアをガバッと開けてしまって、とっさに前かがみになってしまいました。

童貞さん「ほらハンコ」

ハンコを押して荷物を受け取ろうとしたら「ハンコは結構です」と言われて、配達のお兄さんをチラッと見たら私の体に視線が向いてるように見えました。

めちゃくちゃ恥ずかしかったけど、こんな機会ないと胸を張って堂々と見せました。

配達のお兄さんは「ありがとうございます」と言い行ってしまいましたが絶対誰かに話すだろうなぁと思いました。

貞操帯の中はぐっちょり濡れていてお〇っこを出すメッシュの部分から糸を引くようにツーッと垂れていました。

童貞さん「興奮したろ?」

私「はい」

童貞さん「その貞操帯の中って4日は洗ってないよな?しかも水木さんの精子2回分と彼氏の精子が入ったままだろ?」

私「はい」

童貞さん「汚すぎるから洗ってやるよ」

と貞操帯を外してくれました。

2人でお風呂場に行って童貞さんが私のアソコにシャワーを当てて、手にボディーソープをつけて優しく洗ってくれました。

たまにだけど優しくされると嬉しくて涙が出てきます。

童貞さん「何で泣いてるの?痛かった?」

私は首を横に振りました。

童貞さん「どうしたの?」

私「嬉しくて・・・」

童貞さんはギュッとハグしてくれました。

ダメ・・・好きになっちゃう・・・こんなハゲでデブなおじさんなのに・・・と思いながら、抱きしめてしまいました。

シャワーでアソコの中までしっかり洗って、今度は私が童貞さんの体を洗いました。

そのままキッチンの椅子に座らされてに、ガムテープで手足を椅子に拘束されました。

童貞さんは届いた荷物から電マを出して私のアソコに押し当てました。

私「んんんん!!ぁっ・・あん・・あん・・あぁぁーーー!」

童貞さん「強さは?ちょうどいい?」

私「はいーー!いい!いい!!凄くいいです!!!あぁぁーーーー!!」

童貞さんは強さを更に上げました。

私「ううううーーー!!イク!イク!イッちゃうーーー!!ああーーーあっ!」

イッた後もやめてくれません。

私「ダメ!お願い!一瞬止めてーーー!!」

それでもやめてくれません。

私「ううううぅぅぅーーーー!うううぅぅぅーーー!」

私は椅子をガタガタ揺らして逃げようとしまいたが逃げられません。

私「ダメ!!敏感なのーーー!変なんなっちゃうーー!やめてーーー!!ああーーー!!」

ビチュ ビチュ ビチュ と音を立てて大量の潮を吹いてしまいました。

それでも当て続けられて、イッたり吹いたりを繰り返して叫び続けて声もかすれてしまいました。

私「もう・・本当に・・無理・・」

やっとやめてくれて、お水を持ってきてくれました。

ペットボトルのお水を一気に飲み干すと、また電マ地獄が始まりました。

私「うううう・・・はっはっはっ・・ふぅふぅ・・うううううーーーーー!!ああーーーー!!」

快楽地獄は夕方まで続きました。

やっと解放された時には、もの凄い脱力感とアソコが腫れてる感じがしました。

そのまま夕飯を作れと言われたのですが、太ももに力が入らなくて立てない・・・

私「すみません・・立てません・・・」

童貞さんは私を抱えて立たせてくれましたが、体を支えられないで倒れてしまいます。

童貞さん「仕方ないから夕飯は俺が作るよ!休んでな!」

私は這うように自分の部屋に行って布団に横になりました。

そのまま眠ってしまって目が覚めたのは22時半でした。

何とか立てるようになったのでリビングに行くと童貞さんが知らない女の人と寄り添ってテレビを見ていました。

私「あの・・・」

童貞さん「もう大丈夫?」

私「はい」

童貞さん「メシ作ってあるから食べな」

私はキッチンに行ってラップがされて床に置いてあるご飯を犬のように食べました。

リビングからは童貞さんと女性の話し声が聞こえてきます。

誰だろ・・・聞かない方がいいのかなぁと思いそのまま部屋に戻ろうとしたら「こっちに来い」と呼ばれて行くと

童貞さん「この人は俺の彼女みたいなものだからよろしくな」

私「はい・・」

童貞さん「ミズハ様って呼ぶんだぞ」

私「ミズハ様・・」

ミズハ様「よろしくね!」

私「よろしくお願いします」

おじぎして部屋に戻ってすっごく考えました。

・彼女いたの?

・彼女がいて私がここにいていいの?

・凄く怖い雰囲気の人だけど何者?

・30代半ばくらいに見えたけど・・童貞さんはハゲでデブで40代後半だよ・・

・私と同じМ女には見えないし、逆にS寄りな感じだった・・

・お水系にも見えなくないなぁ・・

考えれば考えるほど謎!!

やっと童貞さんと2人だけの生活に戻ったと思ったのに・・・

次回、ミズハ様がとんでもない人だった!!

物語みたいになって来て書くの楽しい^^

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


童貞さんの飼育日記

  1. 室内でずっと、おじさんに飼育されています

  2. 奴隷の1日

  3. 貞操帯を着けられてしまいました

  4. 貞操帯4日目で限界です!(ただの愚痴日記)

  5. 新しいおじさんが来て貞操帯の匂いを嗅がれた・・そして飼育小屋行き・・

  6. 同じ家の中でバレずに浮気しちゃいました[寝取られ]

  7. 浮気がバレて、おじさんに中出しされました

  8. ベランダでセックスさせられました

  9. 3時間半おちんちんを舐めました

  10. 私の飼育されている所に彼氏達が来て、貞操帯の匂いを嗅がれてからのセックスで絶頂

  11. 宅配をワイシャツ&貞操帯姿で受け取って「電マ4時間」

  12. 謎の女性ミズハ様にテクニックを教わりました

  13. 彼氏が泊まりに来たけど夜はおじさんのお相手しました

  14. 彼氏と一緒に調教を受けることになりました

  15. 調教され続けた彼氏がここまで・・・

  16. 超巨大おちんちんの水木さんが来る!

  17. 彼の目の前で知らない人の精子をアソコに塗ってオナニーさせられました

  18. おじさんに入れられてる結合部を彼に舐めてもらいました

  19. 自粛が解除されたので公園で変態プレイと脳イキを経験しました

  20. 彼の貞操帯が外れて飼育生活最終回

1 Comments

こうた  

起きてる?

2020/05/19 (Tue) 23:52 | REPLY |   

Post a comment