FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の職場の人と、私のセフレと3P数分で8回イキ[寝取られ]

先日書いた「彼の職場の人に弱みを握られてえっちしちゃいましたhttp://netorare39.blog.fc2.com/blog-entry-279.html」を彼が読んで、木内さんに彼が話をしたそうです。

木内さんは、平謝りで二度と私とは合わないと言ったそうですが、彼の寝取られ願望に火をつけたのか変な展開になってきました。

彼は木内さんに「みゅはどうだった?」と聞いて、最初はうつむいて何も言わなかったそうですが、彼がしつこく聞いたら「かわいいし、えっちだし最高」と言ったそうです。

それを聞いた彼は、安全日以外で中出ししなければこれからも満足させてほしいとお願いしたそうです。

ただ、彼も条件を出して、「彼の職場の人に弱みを握られてえっちしちゃいましたhttp://netorare39.blog.fc2.com/blog-entry-279.html」の冒頭に書いた私が彼に秘密にして会ってた人と、木内さんと3Pをするように言ったそうです。
木内さんはOKだったそうで、私が隠してたセフレ?の人にも来てもらうことになりました。

その人は義彦という人で今24歳、義彦が大学4年生の時に私が友達とよく行ってたカラオケでバイトをしている時に知り合いました。

当時、義彦は童貞で私が初めてでした。
なので、私しか知らなかったので私の感じる所をすべて教えて、私の体を知り尽くした最高のえっちパートナーなのです。

義彦にも彼女はいるので、本当に体だけの関係です。

でも、義彦は複数の経験がないので、来るのか心配だったけど来てくれると返事が来たのでホッとしました。

私、彼、木内さん、義彦の4人で都内の某シティホテルに行きました。




一人ずつシャワーを浴びて、いきなり始まりました。

ベッドに私が四つん這いで、木内さんにフェラしながら義彦にクンニされました。

義彦のクンニは流石で、フェラに集中できない・・・

クンニだけでイキそう・・・

私「ダメ!イッちゃうからやめて!」

木内さん「じゃあ、交代しよう!」

今度は木内さんがアソコを指で責めてくれて、義彦をフェラしました。

指がGスポットを刺激してダラダラお汁が出てるのがわかりました。

木内さん「入れるよ!」

彼「生でいいよ」

バックで挿入してきました。

今まで彼の目を盗んでえっちしていた2人と、彼の目の前で3Pしていることに興奮して淫らに喘ぎました。

私「ダメ!ダメ!出ちゃう!出ちゃう!激しくしないで!!!あぁぁぁぁぁああああああああああ!」

私は挿入されたままチョロチョロ・・・と失禁してしまったみたいで、彼が慌ててベッドにバスタオルを引いていました。

1回中断して、トイレに行かせてもらって、何とかベッドまで染みてなかったので再開しました。

今度は正常位で義彦が挿入しました。

義彦は私の膣の中もよくわかっているので入れる角度が上手!

でも、先にバックで木内さんが入れちゃったせいか、中が変わってしまったみたいで義彦は首をかしげていました。

私は凄く気持よかったので、即イキそうになりました。

私「イクッ!イクッ!見ないで!あぁぁん・・あはぁ・・・イク――――!」

木内さん「変わって」

義彦のおちんちんをまだ入れていてほしかったけど、木内さんに交代されてしまいました。

木内さんのは、また違った気持ちよさで、またイク感覚が来ました。

私「またイキそう・・・ウッーーーー!はぁはぁ・・イッた!イッたよ!」

そしたらまた義彦に変わって

私「あぁん・・いい・・・ダメ!また・・イクッーー!」

数秒でイカされました。

また木内さんに変わって

私「もうダメ・・・こんなペースでイカされたら・・・はぁはぁ・・なんか・・涙出てきた・・気持ちよすぎる・・・あーん・・」

義彦が乳首を舐めだして、乳首の弱い私は、また・・

私「イク――――――!」

たぶん4回イクのに2分も経ってないと思います。
義彦がまた入れて来たので

私「ちょっとダメ!本当にこれ以上は・・ダメ・・あっ・・・」

義彦「もう1回イッて!」

私「あぁぁぁぁーーーー!イクッ!!!!!」

本当にこれ以上はヤバイと思い木内さんが入れようとする前にベッドから這い出ようとしました。
そしたら今度は伏せた状態の寝バックで入って来ました。

私「ううう・・・気持ちいいよぉぉぉ!もっと突いてーーーー!グッ!!」

叫んだ私の口にヌルヌルの義彦のおちんちんが入って来ました。

前と後ろから出し入れされて最高に気持ちよかったです。

私「グッーーヴッーーーイグゥーーー!」




木内さん「俺もイクよ!うっ!」

背中に暖かい精子がかかりました。

木内さんはテッシュで背中を拭いてくれて、義彦が私を仰向けにして正常位で挿入して来ました。

私「もう・・イカせないで・・・ダメになっちゃう・・・」

義彦「あと2回いこうね」

義彦はゆっくりゆっくり押し込むように突いて来て、またイキそう・・・
さすが私を知り尽くしてます。

私「あぁぁぁぁ!!ダメ!!!!イクッ!」

そこから激しく突き出して2回目イカされました。

数分で8回イカされてしまいました。

喉がカラカラで一気に水を飲みました。

義彦「俺まだイッてない・・」

彼「イカせてあげなよ」

私は義彦をベッドに寝かせて、彼と木内さんの見ているまで乳首を弄りながらフェラでイッてもらいました。

彼は義彦と木内さんとの関係について全然怒ってなくて「これからも、みゅをよろしく」とか言ってました。

フリーメール・匿名での登録OK




輪姦学校

アダルトグッズのNLS


30代人妻動画

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。