FC2ブログ

彼と彼の先輩と3人でお泊りして、彼の目の前でセックス![寝取られ]

子作りえっちで妊娠しなかったみゅです。

今回お話するのは、先日茨城県某所でコテージにお泊りしたお話です。
たぶんそこはバーベキューとかもできる所で、コテージに宿泊できる所でした。

お泊りに行ったのは、彼氏と以前中出しして頂いた彼の先輩(netorare39.blog.fc2.com/blog-entry-233.html)と3人でした。

先輩は私とえっちしたことを彼は知らないと思っているので、自然な感じで私に接していましたが、本当は彼が寝たふりをして私と先輩がえっちすることが目的でした。

お酒や食べ物を持ち込んで他愛もない会話をしながら飲んでいたのですが、相変わらず先輩は私を「かわいい」「彼女にしたい」とか言いまくっていました。

彼もお酒が入っていたので「貸し出しますよ」とか言ってましたが先輩は軽く流していました。

先輩が乗ってこないのがつまらなかったのか彼が「触って下さいよ」と言い私の服を上げてブラジャー丸見えにしました。

先輩は「やめろよ!かわいそうだろ!」と言ってくれていたのですが、私も調子に乗って「いいですよ」と言いブラジャーを外しました。

先輩はビックリしていましたが、手を伸ばして乳首を触りだしました。

私「あっ・・気持ちいい・・・」

彼「感じてるの?」

私「先輩・・・上手・・・あぁ・・」

先輩「やっぱりやめよう!」

私「ダメ!続けて!濡れてるか確かめて下さい」

先輩「マジで言ってるの?」

こうして、彼は寝るふりをする予定でしたが始まってしまいました。

先輩の手が私のパンツの中に入って来ました。

先輩「ビチョビチョだよ!こう?」

私「そこ・・・指入れて・・・あぁぁん・・あぁ・・気持ちいい・・」

ピチャピチャとやらしい音がしてきて私はいつでも受け入れOK状態でした。

彼「俺の時より濡れてない?」

私「だって・・・先輩・・乳首も舐めて・・・」

彼の目の前で、乳首を舐められながら指で愛撫されて凄く気持よかったです。

私「入れちゃう?」

先輩「本気で言ってる?」

彼「ここまで感じてるので入れてやって下さい」

私はパンツを履いたままパンツをずらして股を開きました。

先輩も下半身だけ脱いでカチカチになったおちんちんを私のアソコに擦りつけて来ました。

先輩「マジで入れるぞ!」

彼「どうぞ!いっぱい感じささえてあげて下さい」

彼より大きい先輩のおちんちんがゆっくり入って来ました。

私「見て!もっと近くで入るところ見て!」

彼は間近まで顔を寄せて凝視してくれました。

私「はぁぁぁ・・すごく気持ちいいです・・・あぁん・・・奥まで来て!」

先輩「俺も気持ちいいよ!」

私「あぁぁぁぁぁ!!奥に当たる!いい!いい!もっと出し入れして!はぁあぁ・・・あぁぁぁああああ!」

先輩「ダメだ!もうイキそう!」

私「いいよ!中に出して!」

彼「え?中?」

その瞬間、先輩は私の中に射精してました。
ドクドクたくさんの精子が入って来るのがわかりました。

中出ししたまま拭かずに服を着て飲みなおしました。

先輩「凄くよかった!ありがとう!」

彼「まさか中出しすると思いませんでしたよ(笑)」

私「妊娠したら結婚してね^^」

先輩「おう!もちろん!」

彼「なに勝手に結婚の約束してるんですか!」

先輩「みゅちゃんスケベだよね!性欲強いでしょ!」

私「普通の人の10倍は強いと思います!」

と、えっちの話をしていたら、彼が「そろそろシャワー浴びてくる」と言いお風呂場に行ってしまいました。

これはもう一回やれ!という合図です。

私は先輩にキスをして、ズボンのチャックを開けておちんちんを出しました。

先輩「すぐは立たないよ!」

しぼんだおちんちんを咥えて、私のお汁と精子でベタベタになったおちんちんをキレイにしてあげました。

先輩「あれ?なんかまた立ってきた・・」

先輩のおちんちんは私の口の中でどんどん大きくなってきて、さっきみたいにカチカチじゃないけど勃起したので、そのまま2回目を始めました。

私「先輩のおちんちん好き!」

先輩「俺はみゅちゃんが好きだよ!」

私「うれしい!あぁぁ・・すごく気持ちいいです・・はぁぁぁん」

先輩は正常位で出し入れしながら私の服をまくり上げて乳首を舐めだしました。

私「ダメ!乳首弱いの・・・あぁぁ・・イクッ・・イクッ!」

先輩は激しく出し入れをしてくれました。

私「イクッ!!!!!」

仰け反ってイキました。

先輩はイカずに抜いて

先輩「続きは奴が寝てからしよう!」

私「うん!楽しみ^^」

彼がお風呂から出てきて、次に私がお風呂に入って最後に先輩がお風呂に入りました。

先輩がお風呂に入ってる間に

彼「やったの?」

私「イカされちゃった」

彼「じゃあ、俺寝たふりするからよろしく!」

そう言って3人分のお布団を引いて、彼は先に布団に入りました。

先輩がお風呂から出てきて

先輩「あれ?寝ちゃったの?」

私「酔っちゃったみたい」

そのあと、少し先輩と小声で話しながら飲んで、どちらからというより自然な流れで布団に入りました。

先輩を仰向けにして私からキスをして先輩の体を舐めてご奉仕しました。

先輩「舌使いがやらしい・・・」

私「感じてほしいから^^いっぱい気持ちよくなってください!どこが一番感じますか?」

先輩「乳首と亀頭かな」

私は唾液いっぱいで亀頭を舐め回しながら、乳首も舐めて30分くらい舐めてたんじゃないかな?

彼が全然動かないから寝ちゃったんじゃないかとおもってたんですけど、後で聞いたらちゃんと起きてたみたいです。

先輩も私を舐めたいと言うので、顔面騎乗で舐めて頂きました。

顔面騎乗ってやったことなかったけど、なんかSになった気分で新鮮で気持ちよかったです。

先輩のおちんちんも元のカチカチに戻ったので、そのまま騎乗位で入れてバック騎乗位でも突いて頂きました。

ヤバイ!先輩と相性いいかも!

他にも、バックや壁に手をついて立ちバックと色々な体位で入れて頂きました。

最後はやっぱり抱き合って正常位で入れて頂きました。

私「凄く気持イイです!彼より凄くいい!あぁぁ・・・はぁはぁ・・・」

先輩「みゅちゃんとこんな関係になれるなんてめちゃくちゃ嬉しいよ!」

私「あぁぁ・・またイキそう・・」

先輩「イッていいよ!」

私「はぁぁ・・イクよ・・・イクッ!!!ウッ!んんん・・・!」

先輩「俺もイクよ!」

先輩は私のお腹に出してくれました。

それを指ですくって舐めて全部ゴックンしました。

凄く幸せなえっちでした。

輪姦学校

僕の彼女を抱いて下さい


2 Comments

ゆう  

おはようございます。
おじさんとエッチで妊娠しなかったんですね。
次の危険日にまた予定してるとか?(笑)
楽しみに更新待ってます。

2018/04/28 (Sat) 07:10 | REPLY |   

ポテトチップス  

今度こそご懐妊してると良いですね〜

2018/04/28 (Sat) 11:15 | EDIT | REPLY |   

Post a comment