FC2ブログ

彼の親友とえっちして、気持ちまで・・・

彼氏の親友、大木くんは私のこと好きらしくて、彼と飲みに行くとよく「みゆとやらせろー」って冗談ぽくだけど言ってるそうです。
彼氏から本気なのか確認したいからと、大木くんに会って来いと言われました。

先日、私が誕生日だったので、大木くんから「おめでとう」ラインを頂いてたので、今朝返信してプレゼントを要求してみました。
大木くんから、一緒にプレゼントを買いに行こうと誘われたので午後から会うことに・・・。

お昼ごはんを食べて、大宮をブラブラしてお店で着るスカートを買ってもらいましたv(≧▽≦)v

大木くんから「これからどうする?ゲーセンかカラオケでも行く?」と言われたのでカラオケに行くことにしました。
しばらく二人で歌って後半お話をしていても大木くんから誘ってくることはありません。

私のほうから、「彼に私とやらせろとか言ってるんだって?」と聞いてみたら「あれは冗談だよ」とさらっと流されてしまいましたが「でも、みゆのこと好きなのは本当だよ。彼と別れたら俺と付き合ってよ。」と言われたので、「付き合うのは無理だけどえっちはいいよ。」と大胆に誘ってみました。

大木くん「それは・・・裏切ることになるから・・・」
私「彼がいいって言ったらえっちする?」
大木くん「いいなんて言うわけないだろ!」
私「いいって言わせようか?」
大木くん「マジで言ってる?もししちゃったら気まずくなるよ」
私「いいじゃんセフレで!」
大木くん「なにこれ!ドッキリ?」

私は彼に電話して大木くんに変わりました。
彼は大木くんに「したけりゃすればいいじゃん。みゆがOKならかまわないよ」と言ったらしく、大木くんは「お前ら遊びで付き合ってるの?」と不安になったようです。
大木くんは「遊びで付き合ってるなら俺と本気で付き合ってくれ」と言ってきたので「本気で付き合ってるけど、彼は私が誰とえっちしても平気なんだよ」と教えてあげました。

しばらく考え込んで「じゃあ、ホテル行こう!」と誘って来たので、大木くんとホテルに行きました。

大木くん「マジでやっちゃうよ!」
私「いいよ!」
大木くん「こんな女だと思わなかった・・」
私「嫌いになった?」
大木くん「いや・・本気で自分の女にしたくなった」
私「じゃあ、かれから奪うくらいの気持ちで来て!」

私がお風呂に行こうとしたら

大木くん「シャワー浴びないで!」
私「え?このまま?」
大木くん「そう!俺のもこのまま咥えて!」

大木くんはアソコを出して私の顔に近づけてきました。
少しすっぱい匂いがしたけど、既に大きくなったおちんちんを舐めてあげました。
大木くんも私のアソコをずっと舐めていました。

びちょびちょになったアソコに大木くんのおちんちんが入った瞬間、私はなぜかビックッとなってイッてしまいました。
ただ奥まで入れただけなのに・・・
こんなこと初めてで、彼の親友とするということに凄く興奮していたのかもしれません。

大木くんは、正常位からバック、騎乗位、騎乗位バックから、最後は正常位で果てました。

えっちの後も大木くんは優しくて、私のこと大切に想ってくれてるんだなと罪悪感が出てきました。

ただ、大木くんとのえっちは彼とするより気持ちよくて、少し心が動いたきがしました。
このまま関係が続いたら乗り換えちゃうかも・・・・。
彼にとって本当の寝取られも近いかなぁ・・・・。

0 Comments

Post a comment