FC2ブログ

彼の目の前でやっとイクことが出来ました。[寝取られ]

前回までの流れ

①大嫌いな男に寸止めされ続けて落ちたお話
http://netorare39.blog.fc2.com/blog-entry-238.html

②また寸止めされた・・更に1週間の禁欲命令
http://netorare39.blog.fc2.com/blog-entry-239.html

③禁欲の1週間から
http://netorare39.blog.fc2.com/blog-entry-241.html

いよいよイカせてもらえる日、彼と一緒に待ち合わせのホテルに行きました。

彼は私からムカつく奴の愚痴を普段から聞かされているので、何かあったら私を連れて帰ると言っていました。

彼に対しても私に対する態度と変わらなかったら怒るだろうなぁ・・と不安でしたが、奴は彼に対して紳士的で

ムカつく奴「はじめまして、〇〇です。わざわざ来てもらってすみませんでした。」

彼「・・・・はい。〇〇(名前)です。」

ムカつく奴「彼氏がいるなんてきていなかったので、こんな形でご挨拶もおかしいのですが先に確認しておきたいことがあります。」

彼「・・・なんでしょう?」

ムカつく奴「みゅさんは彼氏さんも知ってて私と関係を持っていたと言っていたのですが、目の前で私としていても平気なのでしょうか?」

彼「そうですね。普段からいろいろな方と関係を持たせているので問題ないです。今まで通りに接してください。」

ムカつく奴「けっこう厳しく接していますが聞いてますか?」

彼「はい。隠し事はないのですべて聞いています。お気遣いなくお願いします。」

ムカつく奴「わかりました。こんな世界もあるんですね・・・」

って感じで、彼も好印象だったようでニコニコしていました。

私は奴の本性を知っているから、うまく彼に取り入ったな!と思いました。

なぜか彼を後ろ手に手錠で拘束して、左足首をソファーの足に手錠で固定しました。
奴と私はシャワーを浴びに行って、部屋に戻るとバスタオルを取って私を彼の目の前で全裸にして後ろから胸を揉み乳首を弄りだしました。

揉み方も雑で、乳首を爪でコリコリするから少し痛い!

全然気持ちよくないのに、彼に見られてると思うとちょっと興奮( ^▽^)ノ

股を開かれて自分でアソコを開くように言われて彼に見えるように指で開きました。

ムカつく奴「ひっかけてやれよ!」

私「え?何?」

ムカつく奴「しょんべ〇だよ!」

私「服が濡れちゃうよ・・・」

ムカつく奴「いいからやれ!」

彼を見るとうなずいていたので、腰を前に出しておしっ〇をしました。
勢いはなかったので、彼のズボンの裾に少しかかりました。

ムカつく奴「それしか出ないのかよ!」

私「ごめんなさい・・・」

ムカつく奴「今日は素直だな!彼氏が目の前にいるから猫かぶってるのか?」

私「いつもと同じですよ!」

お風呂場に連れていかれてシャワーでおしっ〇を流してからベッドに行きました。

彼に見えるようにしてくれるのかと思ったら、布団を被ってしまいました。

布団の中でキスをされて、乳首やアソコを適当に舐められてやっぱ全然感じることができなくて呆れていると、そんなに濡れてないのに生で無理やり挿入してきました。

私「痛い!ちょっと!そんなに無理やりしないで!」

ムカつく奴「いつもはもっと濡れてんだろ!」

私「本当に雑なんだから!下手くそ!」

ムカつく奴は私のアソコに唾を何度かかけて、指でこねくり回して挿入してきました。

雑すぎる!!

でも、この雑さが興奮するようになってきてて、入れられた時にはもう凄い快感が襲って来ました。

私「気持ちいい!!!あぁん・・あん・・」

ムカつく奴「その姿、彼氏に見てもらうか?」

私「はい!ああぁ・・!」

掛布団を取って、正常位で突かれ続けました。

私「あぁぁ・・!イキそう・・・ダメ・・・まだ・・イカせないで・・・ダメ!イッちゃうよ・・・ヤダ!止めて!」

ムカつく奴「イキたかったんじゃないの?」

私「イキたいけど・・・あぁん・・・ダメ・・まだ・・焦らして・・はぁはぁ・・あん・・」

ムカつく奴「どっちなんだよ!」

私「わからない・・でも・・・あぁん・・もっと感じさせて・・・」

ムカつく奴「ダメ!イカせる!」

私「ダメ!ダメ!本当にイッちゃう!イクーーーーーーーーッ!」

寸前でおちんちんを抜かれてしまいました。
体がビクンビクンして、イッてないのに全身に力が入ってしまいました。

ムカつく奴「イッたの?」

私「まだです・・・はぁ・・はぁ・・」

ムカつく奴「俺のちんこが入った所を彼氏に舐めてもらうか?」

私「!!!!それは・・」

私をソファーまで連れて行き彼の顔に又がらせました。

彼は抵抗あったと思うけど、奴のお汁と唾液と私のお汁の混じったアソコを舐めはじめました。

私「やめて・・そんなことしないで・・・させないで・・あ・・・」

ムカつく奴「どう?気持ちいい?おいしいですか?」

彼「うん・・おいしい・・」

ムカつく奴「変態カップルだな!気持ち悪い!」

私「私はいいけど彼のことそんな風に言わないで・・・あぁぁ・・気持ち良すぎる・・・このままイキそう・・・」

ムカつく奴は私をソファーから下ろしてベッドに戻りました。

奴は私のアソコの臭いを嗅いで

ムカつく奴「臭っ!最悪な臭いしてるから洗って来いよ!」

私はアソコを洗いに行って部屋に戻ると、奴がソファーに乗っかって彼の頭を押さえつけて奴のおちんちんを咥えさせられていました。

衝撃的な場面で声も出ませんでした。

ムカつく奴「みゅのマンコで汚れたからキレイにしてもらってたんだよ!」

彼の唾液のついたおちんちんを私もしゃぶらされて、彼の目の前でしゃぶりました。

しゃぶりながら彼の方を見ると凝視していました。
私はそれに興奮してシャワーを浴びたのに、またアソコが濡れてきました。

今度は、座ってる彼の膝に手をつかされてバックで生挿入して頂きました。

私「あぁ・・いい・・こんな私をもっと見て!あぁぁん・・気持ちいい・・・」

ムカつく奴「彼氏のとどっちがいいか彼氏の目を見て答えな!」

私は目の前の彼の目を見ながら

私「あなたのより、このおちんちんの方が数倍いい!最高!あぁあ・・・いいよーーー!」

私はバックでイクとこはあまりないんですけど、目の前の彼と見つめ合いながら他人のが・・特に私が嫌いな奴に入れられていることに興奮しすぎてすぐにイキそうになりました。

私「イク・・イク・・イキまーーーーーーーーす!」

また抜かれた・・・

私は全身の力が入らなくなって座り込んでしまいました。

私「そんな・・・」

ベッドまで引っ張られて、正常位で入って来ました。

もういつイッてもいいくらいアソコも熱くなっていたので、入れられた瞬間にイキそうになりました。

私「もうイカせて・・・あああぁぁぁぁ・・・イキたい・・・イキます!!!」

ムカつく奴「我慢しろ!」

私「無理!イクッ!ウッ!」

また抜かれた・・・

私「もう・・ダメ‥本当に・・お願い・・イカせて・・下さい」

彼「いつもこんなに寸止め続けてるの?」

ムカつく奴「まだまだ甘いですよ!」

その後も挿入しては寸止め・・を何度も繰り返されました。

私「もう限界です・・」

また生で入って・・抜いてほしくなかったので奴の腰を両手で押さえて、足を交差して抜けないようにしました。

私「はうっ・・もう・・イク!やっと・・いける・・・あぁぁん・・」

ムカつく奴「仕方ないな!ほらイケ!」

大きなストロークで奥をズンズン突いて来ました!
ヤバイ!何度も入れられてるけど1番気持ちいい!

私「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁああ!!!」

彼「そいつにイカされちゃうの?」

彼のその言葉で私の興奮もMAXで

私「イクーーーーーーッ!!!!」

奴はまた抜きました・・・

今回こそはイケると思ってたから脱力感が半端なくて頭も真っ白になって涙が出てきました。
私は泣きながら

私「お願いします・・なんでもしますからお願いします・・・」

また、奥まで挿入してきて

ムカつく奴「だったら彼氏と別れて俺と付き合えよ!」

私はイクことしか考えられなくて、今イケれば何でもよくて・・即答で

私「はぁはぁ・・イイ・・・別れます!私と付き合って下さい!あぁぁん・・・いい・・私の彼氏になって下さい!あぁ・・お願いします!」

ムカつく奴「よく言った!」

ムカつく奴は奥をガンガン突いて来ました!

私「あぁぁぁ!!!!!イクッ!イクッ!イケる!愛してる!ああぁぁぁぁぁ!!イクッーーーーーーーーーー!!ん!!!」

イッた快感が大きすぎて直後の記憶が一瞬ありませんでした。

目を開けると彼と奴が私を覗き込んでいて

彼「俺と別れるの?」

私「・・・・ごめんなさい」

彼「それはどっち?」

私「イキたかった言っただけ・・別れたくないよ!だってこいつ嫌いだもん!」

奴「俺もお前みたいな女嫌いだから嫌だよ!」

ムカつく!!!こいつに言われるとムカつく!!!

彼「シャワー浴びてきな」

ベッドから起き上がろうとしたら全然体に力が入らなくて、そのまま彼とお泊りすることになりました。

奴だけ帰って二人きりでベッドでお話していたら

彼「ちんこ咥えたの初めてだよ!」

私「やみつきになりそう?」

彼「みゅの中に入ったものならいけるかも!」

私「マジ!やばっ!」

彼「みゅこそ別れるって言ったけど、あの時本気だったろ?イク瞬間に愛してるって言ったよね!」

私「あれは・・・気分が乗っちゃったから・・」

彼「あの瞬間はあいつを愛おしいと思ったでしょ?」

私「・・・そうかも・・」

彼「それは浮気だな!」

私「だったらあの時以上に感じさせてみてよ!」

彼はシャワーを浴びてない私を抱いてくれました。
正直、寸止めされ続けた時ほどじゃないけど凄く気持よかったです。

あれから3日経ったけど内股と腹筋の筋肉痛がヤバイです。

でも、今から調教師のおじさんの企画に参加してきます。

「ブロとも」お願いします

募集はこちらから



投票お願いします

3 Comments

かずま  

興奮マックス

久しぶりに興奮マックスですー(笑)
最高ですー
エロイです。
たまりませんね〜〜
3回オナニーしました(笑)
これからもちゅくちょく更新よろしくお願いしますね〜

2018/03/21 (Wed) 20:43 | REPLY |   
みゅ

みゅ  

Re: 興奮マックス

読んでくれてありがとうございますv-10

3回!それはもちろん寸止めしたんでしょうね!!
寸止めしてなかったとしたら!
1週間のオナ禁です!


> 久しぶりに興奮マックスですー(笑)
> 最高ですー
> エロイです。
> たまりませんね〜〜
> 3回オナニーしました(笑)
> これからもちゅくちょく更新よろしくお願いしますね〜

2018/03/22 (Thu) 01:58 | REPLY |   

min  

彼と仲良しな姿がとっても素敵です

彼と仲良しな姿がとっても素敵です
彼とずーっと仲良しでいてください
みぅのなかに入ったものならくわえられるって気持ちわかるなぁ

2018/05/15 (Tue) 06:39 | EDIT | REPLY |   

Post a comment