FC2ブログ

彼の知り合い3人に順番に貸し出されました[寝取られ]

昨日、彼がどうしてもしたいことがあると言いだして、彼の知り合いに貸し出されることになりました。

彼も、自分の知り合いに寝取られるのは辛いらしいけど、1度想像したらしてみたい衝動が抑えられなくなったようです。

しかも、彼の運転で知り合いの家を3件廻って寝取らせると言いだしました。

まるでデリバリーです・・・

1人目は彼の前の職場の先輩でした。
もちろん彼は同伴しません。車の中で待機です。
彼は知り合いの人達に自分の彼女とは言ってなくて、やれる女を紹介するとだけ言ったそうです。

アパートの部屋に入るなりキスされて一緒にシャワーを浴びました。

心室には布団が引いてあって、即アソコを舐められました。

先輩「こんなにかわいいのにヤリマンなんだ!」

私「はい・・えっち大好きです」

先輩の舌使いは上手で、舌だけでイカされそうだったので、体勢を代えてフェラをしたらアソコに指が入って来てビクビクなってしまいました。

付き合いだした頃の彼は、寝取られで私に絶対にイクな!と言っていたのに、今じゃいっぱい感じてほしいみたいです。

先輩のおちんぽ汁で口の中がヌルヌルになって、テッシュをもらおうとしたら

先輩「そのヌルヌルの舌でアナル舐めてよ!」

私は言われた通りにお尻の穴を舐めて舌を押し込んだりしました。
先輩は気持ちよかったみたいで指も入れてほしいと言うので、指を入れながら玉を口に含んでご奉仕しました。

指を抜いてそろそろ入れてくれるのかなと思ったら

先輩「その指を舐めて!」

私「それは・・・」

先輩「ちょっとでいいから!」

私は先輩のお尻に入れた指にしゃぶりつきました。
なんか・・変な味がしたけど支配された感じで興奮してドロドロに濡れてしまいました。

先輩「こんなに濡らして入れてほしい?」

私「はい!入れて下さい!」

先輩は正常位で生のおちんちんを入れてくれました。

先輩「何これ!超ヌルヌルで気持ちいいよ!この感じは初めてだよ!」

と喜んで下さいました。

1分もたたずにお腹の上に発射して頂いて、私はそれを指ですくって口に入れてゴックンしました。

歯ブラシをもらって歯を磨いて、シャワーを浴びて彼の車に戻りました。

2件目のお家に着くまで、先輩とのえっちを彼に事細かく話しました。

2人目の方は、若くて21歳でやっぱり彼の前の職場の後輩でした。

私がお部屋に入るなりズボンを下してギンギンに勃起したおちんちんを舐めてほしいと言われたので、玄関でフェラをさせて頂きました。

シャワーを浴びてなかったのか、昨日は暑かったし汗でちょっとすっぱい匂いがしましたが、それも私には興奮の材料です。

私「シャワー浴びないでここまましよ!」

後輩くん「マジで!?いいんですか?」

さすがにベッドですると思ったのですが、玄関で立ちバックで入れられてしまいました。

向き合って壁に背中をつけて、片足上げて入れられた時は興奮もMAXで夢中で舌を絡ませてキスをしながら入れて頂きました。

彼のTシャツを上に上げて乳首を舐めながら入れてもらっていると、後輩くんも興奮したみたいで

後輩くん「イクッよ!」

私「中でいいよ!」

後輩くん「うっ!!!」

凄い量の精子がアソコの中に発射されたのがわかりました。

私「そのまま少し動いてて・・・あぁぁん・・」

射精後に少し動いてもらって私もイカせて頂きました。

シャワーを借りて、彼の車に戻って3人件目

3人目は、彼の同級生でモテない感じのちょっと挙動不審な人でした。

車の中で彼に、同級生の彼はたぶん童貞だからリードしてあげてと言われていたので

私「はじめまして、宜しくお願いします」

同級生くん「はぁ・・どーも・・」

私「シャワー浴びましょうか?」

同級生くん「どーぞ・・・」

う~ん・・大丈夫?精気がないよ?

シャワーを借りてお風呂場から出ると、同級生くんはリビングで全裸で立っていました。

ビックリしたけど、近づいてキスをして乳首を舐めたら

同級生くん「くすぐったい!けど・・気持ちいいかも・・」

私「おちんちんも舐めていいですか?」

同級生くん「どうぞ・・」

両手で押さえて亀頭の先にキスをしてゆっくり口の中に入れながら、舌で亀頭を舐めました。

同級生くん「うっ・・うっ・・・」

と腰が後ろに行ってしまうので私は追いかけるように前に進みながらフェラをしました。

同級生くん「入れたいんですけど・・」

私「はい!どうぞ!どんな体位がいいですか?」

同級生くん「正常位で・・」

リビングの長座布団に仰向けに寝て、同級生さんがゆっくり私の中に入って来ました。

その速度が凄く気持ちよくて仰け反ってイってしまいました。

私「すみません・・はぁはぁ・・気持ち良すぎて・・イッちゃいました・・はぁ・・はぁ・・」

その瞬間、何かが吹っ切れたように同級生さんが激しく腰を振りだしてガンガン奥まで突いて来ました。

私「うがぁ!!あぁぁ!!!ちょ・・・!!!ダメ!!!ダメ!!!またイク!!!!イクッ!!!」

その後は私がイっても関係なく腰を振り続けて、3回目イカされてしまいました。

私「もうダメ・・・ちょっと休憩させて・・・あああん・・・はぁ・・はぁ・・あ~ん・・」

同級生くん「俺もイキそう!」

そう言うと更に激しく腰を動かしはじめました。

私「私もまたイキそう!くっ・・・」

私がイクのとほぼ同時に同級生くんもキスをしながら中出ししてくれました。

私「ありがとうございました。精子を入れたまま帰りますね。」

同級生くん「はい。こちらこそありがとうございました。」

そのままパンツを履いて、彼の車に戻り家まで帰って来て、彼にパンツを脱いで精子が垂れる所を見せたら凄く興奮して、そのまま粗乳してくれました。

彼も相当な変態です!


2 Comments

min  

変態が加速

みゅさんこんばんは。
オナニーしながら読まさせてもらいました。
みゅさん変態ですね。もともと変態と思っていましたがさらに変態に磨きがかかってステキです。
さらに複数人に中出しさせちゃうなんて。
ノーマルプレーではもう逝くことかできないみたいですね
これからもみゅさんの変態なお話期待してます。
頑張ってください

2017/05/23 (Tue) 03:06 | EDIT | REPLY |   

かめ  

全員生で

全員生でエッチするなんて、みゅさんエロすぎです(^^)

2人に中出しされるなんて凄いシチュエーション……童貞さんとのときは、精液溢れてなかったですか?二人ぶんの中出しを受け入れたら、凄いことになりそう(^^)

2017/05/27 (Sat) 21:49 | EDIT | REPLY |   

Post a comment