FC2ブログ

彼が連れてきた人が、高校の時告白された嫌いな先輩だった・・・[寝取られ]

彼が私に中出しした人の精子を口で吸いだして私に飲ませるのに異常に興奮して、またやりたいと言うので彼に掲示板で募集してもらいましたが、なかなかお相手が見つからなかったので、彼の寝取り仲間の信頼できる人を連れて来ました。

その人は私の高校の一つ上の先輩で、会った瞬間ヤバイ!と思いました。
だって・・・その先輩には高校の時告白されて断った人だから・・・

こんな偶然ってあるの?って感じで、先輩が気づいてるのかわからなかったので、私も知らないふりをしてしまいました。

私「はじめまして・・・」

先輩「どーも!古池です!」

やっぱり!古池先輩だ!!!!間違いない!!!!
古池先輩は私に気づいてないみたいだから安心しました。

当時の先輩は、陰気な雰囲気で気持ち悪い人でした。
まぁ・・今もそんな雰囲気は消えてなくて横目で私をチラチラ見られながら、3人でホテルまで歩きました。

ホテルに入ると、3人でシャワーを浴びました。
彼にも言えないし、ここはそのままやるしかないと覚悟しました。

バスタオルを巻いてベッドに寝ると、彼はソファーに座って見学で、先輩が私のバスタオルを取ってキスをしてきました。
嫌だったけど、断るに断れなくて・・・舌が入って来ても受け入れて舌を絡めました。
キスがすごくしつこくてなかなかやめてくれませんでした。

彼「キスばかりじゃなく体も舐めてあげて下さい」

それでも先輩は唾液でびちょびちょの舌を私のお口の中に入れて来て、右手で私の胸を揉みだしました。

私「揉まれるより乳首が感じます」

先輩「こう?」

乳首を指でコリコリしはじめて、私が感じてビクッとなると

先輩「かわいいね・・感じてるの?」

私「はい・・気持ちいいです」

先輩は乳首を舐めながら、たまに歯を立てたりしながら愛撫しました。
気持ち悪い人に感じさせられてる状況にどんどん気持ちが高まって来てアソコも濡れてきました。

先輩の指がアソコに触れて、割れ目をなぞるように触って来て、もっとお汁が出て来ました。

先輩「こんなに濡れやすいんだね!」

先輩は私のアソコを舐めながら、指を出し入れして私は入れてほしくてガマンできなくなってきました。

私「そのまま入れて下さい・・・」

先輩のおちんちんが私の中に生でゆっくり入って来ました。
凄く気持ちよくて、先輩の温かいおちんちんを感じながら、私の体も熱くなってきて

私「もう・・イキたい・・」

先輩は私の耳元で・・・

先輩「やっとみゅに入れることが出来たよ!」

私「気づいてたんですか?あぁぁん・・・」

先輩「当たり前だろ!」

私「古池先輩・・イカせて・・・はぁ・・・はぁ・・・ああぁぁ」

先輩は私の奥の方をズンズン突いてきて

先輩「俺もイキそう!うっ!出る!」

私「私もイクーーッ!!!」

先輩と一緒にイってしまいました。
先輩は私にキスをして「好きだよ!」とつぶやきました。

ゆっくりおちんちんを抜くと、先輩は横によけて彼がベッドに上がって来て私にキスをしました。
彼は先輩の精子が垂れて出て来てる私のアソコを舐めはじめました。

先輩は私のお汁と先輩の精子でべちょべちょになったおちんちんを私の口に近づけて来たので、喉の奥まで頬張ってジュルジュル音を立てながらしゃぶりつきました。

先輩「いい子だ!玉袋も口に入れてキレイにしな!」

私は先輩のたまたまをしゃぶって、その下に舌をはわせてお尻の穴まで舐めてあげました。

彼はジュルジュル精子を吸いだして、私に口移しで飲ませてくれました。

この瞬間が凄くやらしくて好きです^^

彼はそのまま、私に生で挿入してもう一度イカせてくれました。
彼も私の中に出してくれました。

彼の精子が入ったままの私のアソコに、もう一度先輩が挿入してきて激しく腰を振り続けました。

私「ヴッアァァ・・ちょっと・・・ヤバイ・・・あぁぁぁーーーー!」

イッた直後で太ももが痙攣して体が言うことを聞かないのに、激しくされて全身が敏感すぎて感じすぎてしました。
それでもかまわず乳首を舐めながら腰を振られて、気が付いた時には先輩は中に出して彼と一緒にソファーでタバコを吸っていました。

感じすぎて久しぶりに失神してしまったみたいです。

帰ってから彼に聞いたのですが、私は先輩にやられながらビュッビュッと失禁していたそうです。
高校生の時は気持ち悪くて凄く嫌だった先輩に失禁失神までさせられて、イカされまくった私って・・・本当に変態だと思います・・・。




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ

0 Comments

Post a comment