FC2ブログ

おじさんと奴隷契約しました。寸止め地獄[寝取られ]

前回の日記で、おじさんと誕生日にお泊りして目が覚めると、全裸で寝ていたのですが後ろ手に縛られていて、寝起きに電マ責めされました。

私「電マは弱いの・・ダメ・・イッちゃう・・・」

おじさん「我慢しな!」

私「ムリムリ!我慢できない!」

おじさんは私がイキそうになると電マを外して、寸止め地獄が始まりました。

何度も繰り返されていると、イキたくてイキたくておかしくなりそうでした。

私「もうイカせて下さい!ああああーーーーー!おかしくなっちゃいます!」

もう限界で我慢させられていると噴出してしまいました。

おじさん「これは潮じゃないだろ!汚いなぁ・・・」

私「だって・・・もう狂いそう・・・はぁはぁ・・・」

おじさんは電マをやめて、舌で激しく責めてきました。

私「イグーーーッ」

また、寸前でクンニをやめてしまいます。

おじさん「こんな姿彼氏にみせてやりたいな!呼ぶ?」

私「ダメ!また怒られる・・・」

おじさん「今日会ってるのは知ってるんだろ?」

私「はい・・でも・・こんなに乱れてるのは・・・」

おじさん「みゅは根っからの淫乱だな!俺と奴隷契約しない?」

私「奴隷契約?」

おじさん「したことない?」

私「あります・・・昔・・昔付き合ってた人に貸し出されて、童貞の人のお世話を何ヶ月かしたとことあります。」

昔、性奴隷だったことを思い出しましたの人です。

おじさん「俺とも奴隷契約しようよ!」

私「タカシくんに聞いてみないと・・・」

おじさん「聞いてみて!今電話で!」

私は彼に電話して、奴隷契約していいか聞きました。
タカシくんは、おじさんとならいいと言ってくれたので、おじさんと奴隷契約をしました。

↓これは後日交わした奴隷契約書です。
奴隷契約書

これからは、おじさんに呼ばれたら、タカシくんと一緒にいても駆けつけなければいけません。

この時点では口約束でしたが、おじさんは満足そうにクンニを再開して下さいました。

私は早くイキたいのですが、寸止めは何時間も続きました。

私「イキたいの!」

おじさん「言葉使い!」

私「イキたいです・・イカせて下さい・・」

結局この日はイカさせてもらえずに帰らされましたが、帰り道我慢が出来なくてコンビニのトイレでオナニーをしました。




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ

0 Comments

Post a comment