FC2ブログ

おじさんの調教4日目

連日一緒にいるおじさんと昨夜も会って来ました。
おじさんは昨日も入れてくれないと言うので、せめてイカせてほしいとお願いしました。

おじさん「お願いの仕方は覚えてる?」

私「はい」

おじさんの前にひざまずいて靴下を脱がして足を舐めました。

おじさん「そうだ!よくできたね!どうやってイカせてほしいの?」

私「おじさんのおちんちんは、突かれる度にイってしまうので出来れば入れてほしいです」

おじさん「それは無理なお願いだから他には?」

私「今日は電マ持ってきてますか?」

おじさん「あるよ!またイキ地獄を味わいたいの?」

私「お願いします」

おじさんは私の両手首、両足首もをつっぱり棒に縛って手は前へならえの状態で、足は大股開きにされました。
更に右手首と右足首、左手首と左足首もつっぱり棒に縛りました。
つっぱり棒4本で両手両足を前に出したような体勢で拘束されました。

そのままベッドに仰向けに寝かされて、身動き取れない状態での電マ責めです。

もがいても手足は動かせなくて腰をクネクネするのが精一杯でした。

ビチュビチュ音が聞こえてきてアソコがビチョビチョなのがわかりました。

おじさん「ここ最近ジジイ達に中出しされまくってる汚物のような腐れマンコがヨダレ垂らしてるよ!」

私「汚くてすみません・・ぅぅ・・イキそう・・・」

おじさん「顔はかわいくてもマンコはクソみたいな物だな!こんなマンコに入れてやるわけないだろ!」

私「ひどい・・・」

おじさん「ひどい?本当のことだろ?ほら!罵倒される度にマン汁溢れてくるぞ!」

確かに・・ベッドのお尻の方まで濡れてるのがわかりました。

おじさんは電マで責めながら、指をアソコに入れてくれて中を優しくかき回してくれました。

私「もうイクッ!あぁぁぁぁ」

おじさん「イケたんだから帰んな!」

手足を解かれて服を着るように言われました。

何度お願いしても入れてくれないし・・・欲求不満でおかしくなりそうでした。

おじさん「次回は入れてあげるから、他の誰ともやっちゃダメだよ!もちろん彼氏とも!」

私「はい!必ずお願いします!!」

おじさん「次に会うのは金曜日ね!」

はぁ・・・今日は会えないのかぁ・・・・




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ

0 Comments

Post a comment