FC2ブログ

浮気中に彼から呼び出されて罰を受けました。

一昨日の夜23時から昨日のお昼くらいまで13時間えっちしてて報告日記です。
一昨日、前の彼の友達のミキトモくんに呼ばれて飲みに行って、そのままホテルに行きました。

ミキトモくんには前の彼と付き合ってる時にずっと口説かれていたけど、付き合う気はなかったので今はたまに飲みに行く友達になっています。

ホテルでミキトモくんとシャワーを浴びて、ビールを一杯ずつ飲んでベッドに入りました。
ミキトモくんは愛撫が上手なので、キスから体をペロペロされて、おちんちんをアソコに当てて来たので挿入してくれるかなと思ったら、先っちょだけ入れて、なかなか入れてくれません。

私「まだ?」
ミキトモくん「今日は焦らすよ!」

ミキトモくんは私のクリトリスをおちんちんのお汁でヌルヌルにしながら優しく摩って来ます。

私「クリトリスだけでイッちゃうかも・・・」

イキそうになるとやめてを何度も繰り返します。
いろいろ我慢しすぎておしっこしたくなっちゃったから、トレイに行ったらトイレまで着いて来たミキトモくんにまた責められて・・・

何度も何度も寸止めを繰り返されました。

途中、喉が渇いて休憩することはあってもご飯も食べずに責め続けられました。
もう、アソコは熱くなるしベタベタだし・・喘ぎすぎて喉はかれるし・・寸止めを続けられて朝方膀胱ら辺がパンパンになって足はガクガクして立てなくなってしまいました。

ミキトモくんは「イカせてあげる代わりに今の彼氏と別れて俺と付き合え!」とずっと言っていて、イカせてほしくて途中何度か「うん」って言いそうになりました。

イキたくなってもイカせてもらえない地獄のような快感のような時間を耐えて、最後は挿入してくれましたがイク前に彼氏のタカシくんから電話があって・・・出てみると・・・
タカシくんと約束していたのを忘れていてすぐに来るように言われました。

そうなのです!タカシくんがセッティングした寝取られ企画を忘れてミキトモくんの寸止め地獄を受け続けていたのです。

だから急いで着替えてタカシくんの所に行きました。

タカシくんのいるホテルに行くと、タカシくん以外に3人いて必死に謝りましたが罰を受けることになりました。

1人が首輪を持っていて、首輪とリードを付けられて犬のように扱われることになったのです。

全裸の四つん這いで首輪を引かれて部屋の中を散歩させられて、リードを上に引かれてリードを持っている人のおちんちんをしゃぶらされて、バックから50歳位の太った人に挿入されました。

寸止め地獄の後のこの状況に興奮しすぎて

私「イクッ!!!!」

50歳位の太った人「何?入れただけで?」

フェラしてた人「痙攣激しくないですか?大丈夫?」

私はその場に倒れこんで全身がビクビクして動けなくなりました。

タカシくんが私を抱きかかえようとしたのですが、体のどこを触られても性感帯みたいになってしまって、ビクビクが止まりませんでした。

さっきまで寸止めされ続けてたことは言えなくて、なんとか普通にしなくちゃと思うのですがやっとイケた快楽が止まらなくて、しばらくベッドで横になって休ませて頂きました。

さすがに寝ないで責め続けられていたので、そのまま寝てしまったのですが・・
目が覚めると両手足を縛られていて、目が覚めたのをタカシくんが確認すると1人ずつ挿入されました。
寝起きのえっちで少し鈍感にはなっていましたが、一人目の人がアソコに唾を吐きつけて挿入してくれましたが、お腹側を突くように腰を振るので何か出そうになって挿入されながらピュッピュッと潮を吹いてしました。
その人は私のおっぱいに発射して私の胸に精子を塗りたくりました。

二人目の人は私の顔に出して髪の毛に精子を塗り伸ばしました。

三人目は、私をイカせてくれた50歳くらいの太った人で、頭を持ち上げられてその人の乳首を舐めさせられました。
縛られて身動きが取れませんが乳首をペロペロしていると、私の太ももに当たっていたおじさんのおちんちんからお汁が垂れてくるのがわかりました。
おじさんの皮の被ったおちんちんの先っちょはお汁が垂れていて、それを口に押し込まれました。

お口の中で皮を剥いて準備OKになったおじさんは私のアソコに唾を付けて一気に挿入しました。

最初に入れてもらった時より硬くて長くて奥に当たった瞬間またイってしまいました。

おじさんは私に覆いかぶさるように乗って腰を振りながら、私の口に舌を押し込んで唾液を流しこんできます。

おじさん「口開けろ!」

私の口に唾を何度も垂らして大量の唾液を飲まされました。

髪や顔、胸まで精子まみれで口の周りは唾液でベタベタにされました。

おじさんは精子が乾きはじめた私の両乳首を強く摘まみながら激しく腰を振って更に2回イカせて頂きました。

おじさんのフィニッシュはお口の中でゴックンしました。

最後は彼氏のタカシくんで、他の人達の前で彼氏とえっちするのは凄く恥ずかしかったけど、皆さんに囲まれながら濃厚なえっちを
見て頂きました。

ハードな2日間でしたが寸止めの恐ろしさと今までに味わったことのない快感を味わうことができました。




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ

0 Comments

Post a comment