FC2ブログ

寝取られリンク

輪姦学校で寝取られ!
全記事表示リンク
不倫出会い
みゅの使ってるサイトです。yahooとかフリーアドレスで登録できます。 「みゅ」で検索して下さいね^^プロフ画像ツイッターと同じです。
最新記事
ツイッター
みゅのツイッターフォローしてね(≧▽≦)
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ別記事一覧
アダルトグッズ
アダルトグッズのNLS
掲示板

仲のいい後輩とやっちゃった[浮気]

ハロー!みゅです^^)ノ

今月の13日だったかな・・私の5つ下の友達に誘われて海に行くことになりました。
朝5時に待ち合わせして、私と5つ下の友達の健二くんと、その友達の広樹くんと政利くんの4人で行きました。

車の中で私は後部席に座って、隣乗ってた広樹くんが小声で・・・

広樹くん「みゅさんってブログやってますよね?」

「え?」

広樹くん「公衆便所で何人も相手にしたりしてるでしょ?」

「・・・・」

ヤバイ!ばれてる!

広樹くん「俺ともしましょうよ!」

「健二くん達も知ってるの?」

こそこそ話してたつもりが・・・

健二くん「知ってるよ!ちゃんと読んでるよ!」

「それで今日誘ったの?」

健二くん「いや普通に海に行こうと思って!目的変えてもいいよ!」

「海行こう!」

広樹くん「俺はやりたいよ!」

政利くん「俺も!」

健二くん「じゃあ、ホテル行こうか!」

「ダメ!無理!」

広樹くん「セックス大好きなんじゃないの?」

「あれは、ちゃんと計画を立ててやってるから・・・」

広樹くん「今から計画立てましょうよ!」

健二くん「広樹しつこい!とりあえず海に行こう!」

なんとか海に向かって走り出してホッとしました。

朝7時過ぎに海について、水着にはなったけどちょっと海に入って、ほとんどビーチにいました。

3人は海ではしゃいでたけど、たまに戻って来て私を海に誘いました。

海に入ったら何されるかわからなかったから、意地でも入りませんでした。

帰りの車の中でも広樹くんは、ずっとやらせてと言っていましたが、健二くんがはぐらかして無事に地元に着きました。
広樹くんと政利くんを下して、私の家まで送ってもらうと

健二くん「広樹がうるさくてごめんね」

「どうしてもやりたかったんだね^^;」

健二くん「俺頑張ったでしょ?」

「助かったよ!ありがと!」

健二くん「あがっていい?」

「別にいいよ!」

健二くんは、私の家に上がって

「健二くんも私としたいの?」

健二くん「そりゃしたいよ!今だって理性を保つの大変なんだから!」

「いいよ!シャワー浴びて来て!」

健二くん「本当にいいの?」

私は、4Pを期待していたのでえっちしたくてたまらなかったので、健二くんを誘ってしまいました。

健二くんがシャワーを浴びて、私もlシャワーして寝室に行くと、健二くんは私のバスタオルを取ると全身を舐めまわすように見ていました。

健二くん「昔から憧れてて、みゅちゃん想いながら何回もオナニーしてたよ!」

「じゃあ、憧れのままにしとこうか?」

健二くん「無理!無理!」

と言い、私をベッドに引っぱり健二くんとは3年くらいの付き合いで初めてえっちしました。

健二くんは、優しく愛撫してくれてクンニしながら、「おいしい!おいしい!」「これが夢にまで見たみゅちゃんのおまんこなんだぁ」とか「みんなが憧れてたみゅちゃんの体!」とか言いながら舐めてくれました。
いよいよ入れるという時に、健二くんが涙を流してたのが印象的でした。

私に覆いかぶさるように、ゆっくりピストンしてくれて、舌を絡めながらカップルのようなえっちでした。

「気持ちいい・・イキそう・・・」

健二くん「みゅちゃんはいろいろな人としてるからなぁ・・・」

「今言わないで・・・あぁぁ・・・はぁ・・はぁ・・」

健二くん「ダメ!俺!イキそう!」

健二くんが激しく突きだして!

「あっ!激しい!私もイクッ!イクーーーッ!」

体を仰け反って私はイキました。
その直後、健二くんも抜いてゴムを外して、私のお腹に発射しました。

ビクビクなって体が硬直して動かなかったので・・・

「おちんちんちょうだい・・・」

横になったまま健二くんのおちんちんを舐めてキレイにしてあげたら、少し柔らかくなってたおちんちんが、また硬くなって

健二くん「このままもう一回入れていい?」

「いいよ!」

連続の二回戦目は生挿入でした。

出し入れしながらクリトリスを指で擦ってきて、それが凄く気持ちよくてすぐにイってしまいました。

「また・・イッちゃった・・乳首噛んで・・・」

健二くんは乳首のまわりを舌で舐めるけど乳首に触れてくれなくて・・・

「意地悪・・・早く噛んで・・・ああぁぁん・・我慢できない・・・おねがい・・・お願いします・・・」

健二くんがやっと乳首を噛んでくれて

「んがぁぁぁ!!あぁぁぁぁあああ!!!!」

乳首がビリビリして、久しぶりに乳首でイってしまいました。

健二くん「焦らすといいってブログで読んだから!」

「嫌・・恥かしいからもう読まないで・・・」

健二くん「俺のことも書いてくれる?」

「2日後に3日間耐久えっちするから、その日記の後ね・・・でも、知り合いに読まれるのは恥かしい・・・」

健二くん「また読んでオナるよ!」

「あぁぁ・・ヤメテ・・」

健二くん「イクよ!」

健二くんは抜いて私の口に発射しました。




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ
THEME:エッチな告白体験談 | GENRE:アダルト | TAGS:

服を破られてしまいました

昨日のミキトモくんと会った内容を彼に話したら、乱暴に扱われて興奮するならついて来い!と近所の歩いて5分くらいの小さな公園に行きました。

近所なのでノーブラにTシャツで短パンの部屋着で行きました。

公衆トイレで私の服を乱暴に脱がせて、彼はTシャツを破ってしまいました。

私「帰りどうするの?ブラもしてきてないんだよ!」

彼「それ(Tシャツ)で隠して帰ってくればいいじゃん!」

私はトイレで彼にバックで挿入してもらって、帰り道の不安も忘れて感じまくりました。

えっちし終わったら、彼は私の短パンとパンツを持って個室を出て帰ってしまいました。

私は、真ん中から裂かれたTシャツを胸に当てて、様子を伺いながらトイレを出ました。

全裸に布一枚でトイレから外を見ると誰もいなかったので、背中を丸めて公園内を歩き出しました。

10mくらい先に街灯があって、その下に何か落ちてるのがわかり、そこまで歩いて行くと私のパンツでした。

パンツを急いで履いて、またしばらく歩くと公園の出口に私の短パンが落ちていました。

そこまで小走りで行って、急いで履きました。

上半身はTシャツを胸に当てただけで、道に出ましたが誰が路地から出てくるかわからないし、怖くてもう一度公園に戻り木が生えた草むらに身を隠しました。

そんな状態なのに、アソコが濡れているのがわかりガマンできなくなって、草むらの奥で短パンとパンツを脱いで、木に片手をついてアソコを弄りだしてしまいました。

その時、近くでカサカサっと音がして、ビックリして座り込んだら、彼が立っていて

彼「お前・・・引くわ・・・」

私「・・・」

彼「これ着ろよ!」

彼は私のTシャツを持っていて、それに着替えて帰って来ました。

彼は全部見ていたんですね・・・・


THEME:SM・拷問・調教・凌辱  | GENRE:アダルト | TAGS:

性処理玩具として扱われました[寝取られ]

今日は元彼の親友のミキトモくんに会って来ました。
ミキトモくんは、前の彼と私が付き合ってる時からの関係で、付き合いたいと言われ続けていますが、今の所体の関係だけの人です。

今朝ミキトモくんから電話があって

ミキトモくん「ブログ見たよ!やられまくったんだ!」

私「ハードだったよ・・・もう複数はとうぶんいかな・・・」

ミキトモくん「今は体調いいの?」

私「絶好調だよ!」

ミキトモくん「お昼ご飯でも行かない?」

私「いいよ!」

一応、彼氏には報告してお昼に待ち合わせをして会いました。
会って話す内容も複数プレイの話がメインだったけど、ご飯を食べ終わってホテルに直行しました。

ミキトモくん「今日は拒否らないでついて来たね!」

私「あれだけの体験をすると警戒心が薄れるのかも・・・」

カップルのように二人でシャワーを浴びて、ベッドに入ってイチャイチャしました。

ミキトモくんは焦らすのが得意なんだけど、今日は愛撫も少なくていきなりバックで挿入してきました。

私「今日は荒っぽいね!」

ミキトモくん「ほらお前が腰振るんだよ!」

パチーーーン!とお尻を叩かれて、Sキャラのミキトモくんでした。

私は自分で腰を振ってミキトモくんの温かいおちんちんを出し入れしました。

ミキトモくん「自分で感じるように振るんだよ!」

と、何度もお尻を叩かれました。

私「気持ちいい・・はぁはぁ・・正常位でイカせて!」

ミキトモくん「バックで一回イケ!」

私「はい・・・」

奥に当たるように自分で腰を振りながら時間はかかりましたが一回イキました。

ミキトモくん「仰向けになれ!」

今度は正常位で入れてくれて、いつもより激しく腰を振って私がイクより早くお腹に発射しました。

ミキトモくんは服を着出して

ミキトモくん「ほら帰るぞ!」

私「え?もう?」

ミキトモくん「これからは、お前をただの性処理玩具として扱ってあるから!」

私は、性処理玩具なんだと思うと、あそこが熱くなってきて・・・

私「だったらもっと使って下さい」

ミキトモくん「もう俺は満足したら帰るぞ!」

そのまま帰宅しましたが、こんな乱暴な扱いも嫌いじゃないです^^
THEME:エッチな告白体験談 | GENRE:アダルト | TAGS:

62時間耐久で39人と68回のセックスをしました[寝取られ]

15日(月)9:00~17日(水)23:00まで62時間耐久中出しえっちというバカな企画をすることになって、彼氏のタカシくんと調教師のおじさんS田さんと私を知り尽くした人達が知り合いを集めてやることになりました。

あまりに長すぎて、断片的にしか覚えてないので覚えてる範囲で書きます。

15日の早朝から、シティホテルのスイートルームに入りました。

この部屋は都内が一望できるんじゃないかってくらい凄い部屋で「シティーホテル スイート」で画像検索すると出て来るような超リッチなお部屋でした。



最初に集まった人達はタカシくん、おじさん、S田さん以外に、4人いて4人ともこういう場に慣れた感じで待機部屋でソファーに座って雑談していたのですが、私だけベッドルームで待たされて、チラチラどんな人が来てるのか見てみたら、超イケメンの人がいてワクワクしちゃいました。

一人目の人とおじさんがベッドルームに来て、おじさんが私の両手をベッドの柵に縛りました。
身動きとれなくされて、次々にやられて行く企画らしくて、一人目の人にキスから愛撫されて挿入されました。
乳首を舐められながら挿入されているうちに、イキのうになって一回イカされました。
その人は発射しないで次の人に交代しました。

二人目は超イケメンの人でした!
キレイな肌で全然毛深くなくて、体を密着すると凄くスベスベして気持ちよかったです。
キスも上手でクンニされながら乳首を弄られて、私はクンニだけでイってしまいました。
挿入されてからは、ずっと中に入っててほしいと思ったのですが、15分くらいで発射もしないで交代してしまいました。

三人目は60近いハゲたおじさんでした・・・
ギャップがありすぎて受け入れるのに時間がかかりましたが、挿入されてしまうと一緒で感じまくってしまいました。

四人目の人は手を固定されて動けない私にまたがって、玉袋を口に入れて来ました。
私は1個ずつ丁寧に舐めてさしあげました。
四人目の人「気持ちいいよ!あぁぁ・・最高!」
竿を口に入れて来たので唾液をいっぱい出してしゃぶりました。
私の唾液でビチョビチョのおちんちんを刺してくれて、めっちゃ気持ち良くてまたイってしまいました。

今度は四人全員が来て、両手におちんちん、口におちんちん、もう一人が挿入という流れで4人に中出しされました。

四人が休憩に入ったので、調教師のおじさんが来て挿入してくれました。
相性がいいおじさんのおちんちんで30分くらい感じさせてもらったら、イケメンくんが来て2回戦をしてくれました。

こんな感じで4人に代わる代わる挿入され続けて4時間くらいえっちして、コンビニのお弁当でお昼休憩になりました。

午後13:30から、また始まって今度はS田さんも参加して夕方までねちっこいえっちを堪能しました。
夕飯を食べてから、4人と順番にえっちして4人は帰って行きました。

19:00から別の人達が7人入って来て再開です。

7人なので1人ずつだと男性の方達はインターバルがあるので2周して頂きました。
7人が2周終わったのが23:40でした。

4人は帰ったのですが、3人は残って続行しました。

S田さんと、おじさんも参加して計5人にまわされました。

夜中の2時頃になるとみんな無口になって来て、仮眠を取る人も出て来ましたが、残った3人中2人が超タフで、3Pの状態でハメて舐めてで朝方5時までえっちしました。

3人も帰って、私がシャワーを浴びて部屋に戻ると6人の知らない人が部屋にいました。
さすがお盆休み!次から次に人が来ます。

睡眠もとらせてもらえないまま、1人ずつお相手しました。

今までの公衆トイレやカーセックスの複数プレイと違って、入れて射精して終了ではなくて1人1人とじっくりえっちしていくので長い!

気持ちいいけど眠気もあって、感じながら意識が飛んで人が気づくと人が代わってたり、意識がもうろうとしながらやられまくっていると、今までベッドルームに来なかった彼が来て口移しでお水を飲ませてくれました。

それで目が覚めて、他人棒を出し入れされながら、彼のズボンを下してフェラしました。

タカシくん(彼氏)「他人のちんこ咥えた口で俺のをしゃぶるなよ!」

私「早くこれちょうだい!」

タカシくん「最後にあげるから頑張って!」

超やる気満々になって、そのまま10時までやりまくりました。

ここで、ごはんタイムでS田さんが買ってきてくれたお弁当を皆で食べて、10時半から再開したのですが、お腹いっぱいになったら眠い!

半分寝たような状態で何人もの太いおちんちんを出し入れされて精子を中で受け入れ続けて6人は帰って行きました。

13時から新たに7人来て、その中に黒人さんがいて身長は198cmとビックリするくらい大きい人でした。
過去の日記にも書いたことありますが、黒人さんとえっちすると、ぐったりしてしまうので、まだ半分の時間も経っていないのにヤバイと思いました。

なのに、一人目から黒人さんで、まだ立ってないおちんちんの長さがヤバイ!私の手首から肘くらいまでありました。
おちんちんをシコシコしながら乳首を舐めてあげると「OH!!キモチイイヨ!!」と大きな声で感じてくれたので楽しくなっちゃって、黒人さんを仰向けに寝かせて、全身を舌で舐めまわしました。

黒人さんはガマンできなくなったようで、私を押し倒して大きな口で私のおっぱいに吸いつきました。
おっぱい全体を吸われながら舌先で乳首を舐められて凄く気持ちよかったです。
アソコも舐めてくれたのですが、大きな舌でベロベロ舐められて、舌をアソコに捻じ込まれた時はおちんちんの先が入って来た感じで挿入されているようでした。

いよいよ挿入になって、勃起したおちんちんは正常時と大きさは変わりませんでしたが、立ち上がると更に大きく見えました。
こんなの入るの?と思いましたが、ゆっくり優しく私の中に入って来て・・・奥まで届くと全身に電気が走ったような感じがして、痙攣してイってしまいました。
私がイっても容赦なく出し入れされて、奥を突かれる度にイキ続けて疲れもあって気を失ったのか寝てしましました。

目が覚めた時には、中出しされていて大量の黒人さんの精子がシーツに流れ出ていました。

他の人達も私が寝ている間に、ローションをつけて挿入していたみたいで体中舐められたのかベトベトでした。

この時点で、19時だったのでまたごはんタイム30分で、19時半から開始しました。

7人の人達は帰る気配もなく、更に4人増えて11人を相手に最終日を迎えることになりました。

順番に入れ替わって、途中2回シャワーを浴びましたが、朝方4時まで通しでえっちをしていると無理な激しい挿入はないのですが、アソコがヒリヒリしてきました。

まだ最終日の23時まで十数時間あるので、負担をかけないようにローションを多めに塗っての挿入になりました。

最終日の朝8時に、また6人来て17人になりました。

最終日の昼間の9時になって

S田さん「48時間達成です!残り14時間です!」

みんなが「おおおおお!!!」と叫んでいましたが、私はそんな元気ありませんでした。

この時点で34+S田さん+おじさん=合計36人とえっちして、挿入回数は56回だったみたいです。

まだ、えっちしてない人も何人かいたので、その人達と順番にえっちしてお昼ご飯を食べて、13時から2人増えてその人達は友達同士だったので3Pをしました。

19人の人達の中に何回も出来るという絶倫の人がいたので、22時までノンストップで出し入れされました。

残り1時間になって、黒人さんが動き出しました。

私をひょいと軽く持ち上げて立ったまま私を逆立ち状態にして抱えて、立ったままの69をさせられました。

頭を下にした状態で大きなおちんちんを口に入れて、黒人さんが腰を振るので何度も吐きそうになりながらも咥え続けました。
睡眠不足で厳しかったけど、黒人さんは私をベッドに投げ捨てると、バックの体勢で入れて来ました。

今までに体験したことない圧迫感でバックで突かれて感じまくりました。

もう3日間やり続けて、イクという感覚はなくなっていたのですが、このバックからの激しい出し入れにはイカされてしまいました。

うつ伏せでぐったりしている私の所に彼氏のタカシくんが来て、私を仰向けにして優しいキスをしてくれました。

ベッドの周りには19人の人とS田さんとおじさんもとで囲って見学していました。

大勢の人に見られながら彼氏とえっちするのは、けっこう恥かしかったのですが、タカシくんはいつものように愛撫をしてくれて挿入してくれました。

まわりでみんなが「いつもそうやってるんだ!」「生カップルのセックスか!」「プライベート感ゼロだな!」など、野次を飛ばされながら二人のえっちを楽しみました。

23時より15分早かったけど無事に62時間耐久えっちを39人と68回のセックスをしました。

23時半頃解散をして、そこからタカシくんとS田さんとおじさんとラブホに行って打ち上げしました。
おじさんとカップルみたいにイチャイチャしたり、S田さんにクンニされたり、タカシくんのおちんちんマドラーで私のお酒を作ったり、ちょっとHなお遊びしながら、お酒を飲んでおしゃべりしてタクシーで4時ごろ帰宅しました。

私は次の日の夕方まで爆睡したのですが、股関節が特に筋肉痛なのか痛めたのか痛くて、昨日まで全身だるくて全然動くことができませんでした。

もう二度とこんな無茶な企画は受けません!




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:

23人の人と交代でにカーセックスしました[寝取られ]

前に公衆トイレで27人の方達とセックスしたけど、今度は公衆トイレじゃない所で複数プレイに挑戦しました。

先週の金曜日に調教師のおじさんに呼ばれて待ち合わせ場所に行くと、彼氏のタカシくんも一緒におじさんの車(アルファード)でお迎えに来ました。

後部席に乗ると、そのままブーーーンと走り出して、公園というか・・遊水地の駐車場に行きました。

少し待っていると窓をコンコンと叩く人がいて、後部席をおじさんとタカシくんでベッド状にして、来た人を車内に入れました。

私「今日はカーセックス?」

タカシくん「そうだよ!俺とおじさんは前に乗って見てるから!ブログ用にメモもしといてあげるからね!」

私「そんなにたくさんいるの?」

タカシくん「・・・・・・」

タカシくんはコンドームを渡して来たので、私は全裸になってその人のおちんちんをフェラしてゴムを付けてあげました。

そのまま正常位で挿入しようとしたので、私は自分で唾をつけて入れやすくして入れて頂きました。
すぐにイってくれたので、その人は外に出て行って

私「今日も複数なの?」

おじさん「そうだよ!外をみてごらん!」

窓を開けて外を見ると、既に行列が出来ていて10人くらいの人が車を囲って車内を覗いてる人もいました。

2人目の人が入って来て、流れ作業のようにフェラしてゴムつけて挿入して頂きました。
射精したゴムは縛ってタカシくんに渡していきます。
同じ流れで4人の人とフェラ→挿入→射精を繰り返しました。

5人目の人が入って来て、その人は既にギンギンで先からお汁が出ていたので、舌ですくってあげてゴムをつけました。
バックでしたいと言うので、バックでしているとドアが開いてもう一人入って来て、フェラさせられながらバックで串刺しにされました。

バックの人がイクと、フェラしていた人もゴムをつけてバックで挿入してきて、もう一人入って来てフェラして・・・串刺しのままローテーションでやられまくって本当に流れ作業のように9人目の人まで相手しました。
途中ローションを塗りながらハメ続けて、いつ終わるのかわからない地獄のようなカーセックスでした。

おじさん「はーい!次10人目ね~!」

10人目の人は白人さんで、おちんちんが超大きくて焦りました。
ゴムも他の人とは違うのでLLサイズとかなのかな?もっとデカイ?
黒人さんとした時は大きくても柔らかかったのですが白人さんは硬い!

アソコがいっぱいいっぱいに開かれて出し入れされたのですが、お腹の中まで刺されている感じで気持ちいいというより壊されちゃうんじゃないか怖かったです。

11人目の人はフェラをしていたら、おちんちんを喉の奥まで押し込んで来たので、舌を絡めてしゃぶりました。
正常位でイって頂けました。

12人目と13人目は友達同士だったので3Pしました。
正常位で挿入されながらフェラして、交代してお掃除フェラしながら巨根おちんちんを頂きました。

14人目は凄く太った人で140キロくらいあると言っていました。
フェラするのもお肉に挟まれた感じで先っちょをチロチロ舐めるくらいしか出来ませんでした。
乗られたら死んじゃうと思ったので騎乗位でと思ったのですが、お肉に隠れておちんちんが入らない・・・
正常位で入れて頂いたのですが、たぶん先っちょしか入らなかったです・・・
でも射精はして頂けたのでよかった^^

15人目は超イケメンのソフトなマッチョの方でした。
おデブさんの後だったから、私方から求めてしまって、色々な体位で入れて頂きました。
最後は正常位でキスをしながらラブラブ射精!
タカシくんは「露骨に喜びすぎなんだよ!」と怒っていました^^;

16人目は、50歳位の人でテクニシャンな人でした。
愛撫も上手で手や舌で何度もイカされかけました。
挿入されて私は即イってしまいましたが、その人も凄く気持ちよかったと喜んでくれたのでよかったぁ~

17人目は、何もしゃべらない人で黙々と腰を振って射精したら何も言わずに出て行きました・・・

18人目は、60過ぎのおじさんで、乳首やクリトリスをしつこく愛撫してくれました。
ここから私の感度が一気に上がって、指でクリトリスを触られてるだけなのにイキそうになってしまいました。
おじさんはクリを触りながら挿入してきたので、すぐにイカされてしまいました。

前の公衆トイレの時は休憩があったのに今回は休憩なしなので、この辺りから私も淫らになってしまいました。

19人目の人には、私の方から「乳首を摘まみながら挿入して!」とおねだりして射精して頂きました。

20人目の人は20歳のノブくんという人で、フェラしようとしたら「フェラされたら、すぐイッちゃうかもしれないから入れさせて下さい」と言うので、すぐに入れて頂きましたが早漏かと思ったら、けっこうタフで正常位からバックで「自分で腰を振れ!」と言われて、私が腰を振りました。
次に騎乗位で下から乳首を弄られながら自分で腰を振ってイってしまいました。
「はじめて女の子をイカせた!」と喜んでくれたので、正常位に戻って私がイキやすい角度を教えて、もう一度イカせて頂きました。
ノブくんも正常位のままイってくれて、20人目なのに凄く感じてしまいました。

21人目の人は、普通にフェラから挿入でしたが、挿入しながら私のアソコの毛を抜くんです!
痛くて集中出来ませんでしたが、だんだん良くなってきて・・・

私「もっと抜いて!あぁぁ・・・痛い・・・もっと・・・つるつるになるまで抜いて・・・」

と抜かれながら感じてしまいました。

22人目は一瞬女性の方かと思ったら、女装した50歳くらいのおじさんでした・・・
変態おじさんにキスをされながら、挿入されていると私って・・そうとうヤバイかもと思いました。
射精し終わったおじさんは「ペニクリ舐めて」と言って来て、ペニクリの意味がわからなかったのですが、女装した人のおちんちんはペニクリと言うらしいです・・

最後の23人目はなんと!某お笑い芸人さんでした。
名前は書けませんが、よくテレビで見る方です。
車に入って来た時は帽子とサングラスとマスクをしていたのでわからなかったのですが、某芸人さんは車内ですぐに全裸になって「乳首を舐めて!」と言って来ました。
乳首を舐めていると「はぁぁぁぁ~気持ちいい~」「最高~」などと大きな声で喘いでいました。
だんだん勃起してきて、私の頭を押さえてフェラさせるとおもいっきり腰を振って来たので、吐きそうになりましたが頑張ってしゃぶりました。
ゴムをつけようとしたら・・・

某芸人さん「俺に入れてもらえるんだから生でいいでしょ!」

私「いや・・・ゴムはつけてもらわないと・・・」

某芸人さん「おい!彼氏さんはどうなの?」

タカシくん「最後だから生でもいいですよ!」

某芸人さん「ほら!股開けよ!」

芸人さんは私に生で入れて来て、ガンガン腰を振って1分ももたずに「出すよ!」と言いお腹に発射しました。

テレビで見てると面白いし好きだったけど、なんか・・自分勝手な人だったから嫌いになりました!

全員と終わってから、タカシくんとおじさんとホテルに言って3Pをしました。

久しぶりだったけど、やっぱりおじさんに挿入されると何度もイってしまうんですよね・・・
タカシくんは不満そうでしたが、最後に全員分の精子の入ったコンドームをハサミで切って全部口の中に入れられました。
凄く生臭くてオエッってなって吐き出してしまいましたが、吐き出した精子をタカシくんとおじさんは私のアソコやおっぱいに塗ってくれました。

シャワーを浴びることも許されずそのままでいて、乾いてきたら服を着て帰りました。
次の日まで精子体に塗ってあったので、次の日はカピカピになっていてちょっとやらしくて、前日のことを思いだしてそのままオナニーしてしまいました。





投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:

彼が連れてきた人が、高校の時告白された嫌いな先輩だった・・・[寝取られ]

彼が私に中出しした人の精子を口で吸いだして私に飲ませるのに異常に興奮して、またやりたいと言うので彼に掲示板で募集してもらいましたが、なかなかお相手が見つからなかったので、彼の寝取り仲間の信頼できる人を連れて来ました。

その人は私の高校の一つ上の先輩で、会った瞬間ヤバイ!と思いました。
だって・・・その先輩には高校の時告白されて断った人だから・・・

こんな偶然ってあるの?って感じで、先輩が気づいてるのかわからなかったので、私も知らないふりをしてしまいました。

私「はじめまして・・・」

先輩「どーも!古池です!」

やっぱり!古池先輩だ!!!!間違いない!!!!
古池先輩は私に気づいてないみたいだから安心しました。

当時の先輩は、陰気な雰囲気で気持ち悪い人でした。
まぁ・・今もそんな雰囲気は消えてなくて横目で私をチラチラ見られながら、3人でホテルまで歩きました。

ホテルに入ると、3人でシャワーを浴びました。
彼にも言えないし、ここはそのままやるしかないと覚悟しました。

バスタオルを巻いてベッドに寝ると、彼はソファーに座って見学で、先輩が私のバスタオルを取ってキスをしてきました。
嫌だったけど、断るに断れなくて・・・舌が入って来ても受け入れて舌を絡めました。
キスがすごくしつこくてなかなかやめてくれませんでした。

彼「キスばかりじゃなく体も舐めてあげて下さい」

それでも先輩は唾液でびちょびちょの舌を私のお口の中に入れて来て、右手で私の胸を揉みだしました。

私「揉まれるより乳首が感じます」

先輩「こう?」

乳首を指でコリコリしはじめて、私が感じてビクッとなると

先輩「かわいいね・・感じてるの?」

私「はい・・気持ちいいです」

先輩は乳首を舐めながら、たまに歯を立てたりしながら愛撫しました。
気持ち悪い人に感じさせられてる状況にどんどん気持ちが高まって来てアソコも濡れてきました。

先輩の指がアソコに触れて、割れ目をなぞるように触って来て、もっとお汁が出て来ました。

先輩「こんなに濡れやすいんだね!」

先輩は私のアソコを舐めながら、指を出し入れして私は入れてほしくてガマンできなくなってきました。

私「そのまま入れて下さい・・・」

先輩のおちんちんが私の中に生でゆっくり入って来ました。
凄く気持ちよくて、先輩の温かいおちんちんを感じながら、私の体も熱くなってきて

私「もう・・イキたい・・」

先輩は私の耳元で・・・

先輩「やっとみゅに入れることが出来たよ!」

私「気づいてたんですか?あぁぁん・・・」

先輩「当たり前だろ!」

私「古池先輩・・イカせて・・・はぁ・・・はぁ・・・ああぁぁ」

先輩は私の奥の方をズンズン突いてきて

先輩「俺もイキそう!うっ!出る!」

私「私もイクーーッ!!!」

先輩と一緒にイってしまいました。
先輩は私にキスをして「好きだよ!」とつぶやきました。

ゆっくりおちんちんを抜くと、先輩は横によけて彼がベッドに上がって来て私にキスをしました。
彼は先輩の精子が垂れて出て来てる私のアソコを舐めはじめました。

先輩は私のお汁と先輩の精子でべちょべちょになったおちんちんを私の口に近づけて来たので、喉の奥まで頬張ってジュルジュル音を立てながらしゃぶりつきました。

先輩「いい子だ!玉袋も口に入れてキレイにしな!」

私は先輩のたまたまをしゃぶって、その下に舌をはわせてお尻の穴まで舐めてあげました。

彼はジュルジュル精子を吸いだして、私に口移しで飲ませてくれました。

この瞬間が凄くやらしくて好きです^^

彼はそのまま、私に生で挿入してもう一度イカせてくれました。
彼も私の中に出してくれました。

彼の精子が入ったままの私のアソコに、もう一度先輩が挿入してきて激しく腰を振り続けました。

私「ヴッアァァ・・ちょっと・・・ヤバイ・・・あぁぁぁーーーー!」

イッた直後で太ももが痙攣して体が言うことを聞かないのに、激しくされて全身が敏感すぎて感じすぎてしました。
それでもかまわず乳首を舐めながら腰を振られて、気が付いた時には先輩は中に出して彼と一緒にソファーでタバコを吸っていました。

感じすぎて久しぶりに失神してしまったみたいです。

帰ってから彼に聞いたのですが、私は先輩にやられながらビュッビュッと失禁していたそうです。
高校生の時は気持ち悪くて凄く嫌だった先輩に失禁失神までさせられて、イカされまくった私って・・・本当に変態だと思います・・・。




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:

6人分の中出し精子を彼氏が口で吸いだして私に口移し[寝取られ]

お久しぶりです。

あいかわらずえっち三昧の日々を送っています。

彼がサイトで見つけてきた人達と会うことになって、安全日に連続中出しをすることになりました。

6人の人達には、性病検査をしてきて頂いたので、まぁ・・なんとか安心かな・・

ビジネスホテルに入ると、私がお風呂場に入って1人ずつ丁寧に洗ってさしあげました。

1人パイパンの包茎の人がいて、子供のおちんちんみたいでかわいかったです^^

ベッドの真ん中に寝て、皆さんに体を触られながら、キスや乳首やクンニを同時にされてくすぐったいのと気持ちいいのでもがきました。

パイパンの人が私の口におちんちんを入れて来たのでですが、毛が無いと舐めやすかったです。

同時に生で挿入されて、他の人はクリトリスを弄りました。

たくさんの人に姦されてるみたいで、どうにでもして!という気持ちで6人を受け入れました。

最初の人が中出しして、続けて二人目の人も中出ししました。
3人目の人の射精は、量と勢いが凄くて膣の奥に勢いよく当たるのがわかりました。

4人目はパイパンさんで、5人目の人が挿入してきた時はベッドまで精子が垂れ出していたみたいで、お尻が冷たかったです。
最後の6人目の人が中で出して6人分の精子を注いで頂きました。

6人の人達はシャワーを浴びて帰って行ったのですが、私と彼氏のタカシくんは残ってえっちをしました。

アソコに精子を入れたままなので

私「精子入ったままだよ」

タカシくん「すごくやらしいよ!」

私「吸いだして!」

冗談で言ったつもりだったのですが、タカシくんは私のアソコを舐めて精子を吸いだしてくれました。
その精子をタカシくんの口から私の口に何回かに分けて口移しで飲ませてくれました。

私「平気なの?」

タカシくん「吐き気がするよ!でもみゅのアソコに入ってるものだから大丈夫!」

タカシくんの愛を感じました^^

あとは、タカシくんのおちんちんでイカせてもらって、中出ししてもらいました。
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:
ランキング
お薦めブログ
ユーザータグ

寝取られ 他人棒 貸出し 調教 寝取られマゾ 性奴隷 失禁 失神 おじさん レズ オナニー 中出し スワッピング 精子 フェラ ゴックン 寸止め 浮気 変態 元彼 お漏らし 屈辱 童貞 奴隷 包茎 巨根 SM 公衆トイレ 痙攣 風俗 淫乱 イクッ 黒人 脱糞  公園 口移し 露出 ノーブラ バイブ 性処理 ノーパン 唾液 女王様 乳首 クンニ 結合部 デリヘル 先輩 おしっこ 電マ 奴隷市場 3P 射精  アナル 動画 オナニー観賞 口内発射 3P 漏らし 69 精子吸いだし 温泉 ヨダレ 愛撫 M女 しゃぶって 複数 羞恥プレイ お掃除フェラ 生挿入 オーガズム 嫉妬 強姦 3P 混浴 肛門 Gスポット イカせて 淫乱女 奴隷以下 ハプニングバー 監禁 強制 ローション ナンパ 中出し性奴隷 浴衣 顔面騎乗 元カレ 乱交 ぶっかけ カリデカ 別れ シコシコ セックス中毒 手マン セックス M字 オナ 車内 相性 セフレ 野外 卑猥 同伴 マンコ 彼の友達 気絶 撮影 スナック 巨チン ntr  真性包茎 彼氏の友達 風俗体験 メイド 老人 体に塗 ペニクリ 女装 吸い出す 玩具 全裸 おじいちゃん 浮浪者 トイレ 早漏 彼氏と ホームレス 短小 恋愛 便器舐め 寝取られ禁欲 オナ禁 4P 洗濯ばさみ 妊娠 同級生 同窓会 コンビニトイレ 白人 外人 筆下ろし 飲尿 緊縛 イケメン 旅行 一泊 複数プレイ 強引 遅漏 座位 雇用 69 寝取った イク ラブホ 寝取られゴックン ビチョビチョ しゃぶり 接合部 ハメ撮り 寝取られ浮気 4P 筆おろし SM 禁欲 縛られ 拘束 濡れて 亀頭 映画館 女王様をレイプ 奴隷契約 潮吹き 精子ローション 動画撮影 洗濯バサミ 窒息  クリトリス 犯される 鉄格子 処女 精飲 出張ホスト ポルノ イキ地獄 奉仕 性管理 貞操帯 小便器 初体験 

検索フォーム
アクセス
寝取られ動画
ブロとも申請フォーム