FC2ブログ

寝取られリンク

輪姦学校で寝取られ!
全記事表示リンク
不倫出会い
みゅの使ってるサイトです。yahooとかフリーアドレスで登録できます。 「みゅ」で検索して下さいね^^プロフ画像ツイッターと同じです。
最新記事
ツイッター
みゅのツイッターフォローしてね(≧▽≦)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ別記事一覧
アダルトグッズ
アダルトグッズのNLS
掲示板

また、あの嫌いな奴にイクことを禁止されました。彼氏もまた奴のをしゃぶらされて・・[寝取られ]

大嫌いな男に弄ばれた日記(全5話)の、あいつにまた会って来ました。

というより、私が働いてる飲み屋のお客さんだから逃げられないんですけどね^^;

名前も書きたくないあいつは日記でも「奴」と呼びます。

奴はあの寸止め地獄以来久しぶりに来店しました。

奴は来店そうそうお店の他の女に子に、私が枕営業してるとか言い出して「俺の体なしじゃイケない体になった」とかホラを吹き出しました。

女の子達も奴が話を盛る奴というのはわかってるから信じてはないと思うけど、他のお客さんには印象が悪いですよね。

奴を席に座らせて黙るように言ったら

奴「今夜店が終わったら俺に付き合え!」

と言われて、ドキッとしました。

何でだろ・・・奴のこと大嫌いなのにドキドキしました。

閉店後、一緒にタクシーでシティホテルに行って着いた時にはパンツが冷たくなるくらい濡れていました。

奴「シャワー浴びて来い!」

シャワーを浴びて戻るとアイマスクをされてベッドに寝かされて、また雑に乳首を舐めたりアソコを舐めたりしていました。

奴「今日はみゅのファンを呼んでるんだよ!」

奴は誰かに電話をして、すぐに誰かが部屋に入って来るのがわかりました。

アイマスクをしてるからどんな人かもわからないし、何より奴は何するかわからない奴だから怖かったです。

奴「ベッドの横でみゅを凝視してるよ!どんな気分?」

私「恥ずかしいし・・怖い・・」

奴「ファンの人が来てくれたんだから淫らなところ見せないとね!オナニーして見せてあげな!」

私は自分で乳首を弄りながら、アソコを触ってオナニーをしました。

私「あぁん・・あぁん・・ん・・」

だんだん興奮してきて、本気モードでオナニーをしました。

私「イク!イキます!」

奴は私の手を押さえてオナニーを止めました。

やっぱり寸止めなんだ・・・

奴「今度は俺を気持ちよくさせろ!」

手探りでおちんちんを探して口でご奉仕しました。

奴「俺のはうまいだろ!」

私「おいしい・・」

奴「ファンの人も近くで見てるぞ!もっと激しく!」

左の頬に息を感じたので、すごく近いところで見てるのはわかりました。

奴「今度はファンの人に奉仕しろよ!」

また手探りでズボンを下ろして、誰だかわからない人のおちんちんを口に含みました。

既に勃起してお汁も出てたみたいで口の中がヌルヌルしました。

奴「そのまま四つん這いになれ!」

四つん這いになると奴はバックで挿入してきました。

私「んん・・・ううう・・・」

完全に3Pの体制でしない人のおちんちんにご奉仕をさせられてることに凄く興奮しました。

奴「お前!お漏らししたか?濡れすぎだろ!」

私「イグッ!んん!!イグ!」

やっぱり奴はおちんちんを抜いて、今度はファンの人に入れてもらえと言いました。

正常位で誰だかわからない人が入ってきて、その時アイマスクを取られました。

目の前に彼がいてビックリしました!

ファンの人というのは彼だったのです。
私は急に恥ずかしくなって

私「見ないで!見つめないで!」

彼「他人だと思って感じてたの?俺だってわからなかった?」

奴は大笑いしていましたが全然笑えない!

私「いると思わないじゃん!あぁ・・あぁん・・」

彼は私を見つめながら出し入れしていました。

私「イカせて・・」

彼「ヤダ!」

私「お願い!このまま・・あぁぁ・・イキそう・・」

彼は抜いてしまい奴に変わりました。

私「交互はヤダ!お願いイカせて!」

奴「お前!交互はヤダけどイカせろってわがままだろ!」

奴は激しく突いて来ました。

私「イクッ!イクーーーーー!ああぁぁぁーーーーー!」

また抜いて彼に交代・・・

それを何度も繰り返されました。

私「もう・・無理・・・どっちでもいいから・・イカせて・・・」

奴「彼氏を目の前にどっちでもいいはないだろ!」

私「何でもいい!棒でもいいから・・・イカせて・・・」

奴「最低な淫乱女だな!ほらイケ!」

ガンガン突いてきて・・

私「あぁぁーーーー!イクッ!」

奴「はい!ダメ!」

私「もう・・・」

彼「今日はイカせてもらえないのわかってるでしょ?」

私「やっぱり・・・」

奴「でも嬉しいだろ?」

私「軽くでいいから・・イカせて・・・」

すがるように四つん這いでハイハイしながら彼のおちんちんを求めました。

彼「誰のでもいいんだろ?」

奴「そうだよ!ホテル出てナンパでもしてこいよ!」

私「そんな・・・」

と言いながら無意識にアソコを触ってたみたいで

奴「勝手にいこうなんて甘いぞ!ほら!」

またバックで挿入されて感度も限界で気持ち良すぎる・・・

私「このおちんちん気持ちいい!あぁぁ・・はぁはぁ・・あぁぁん・・・いい!!!」

奴「ヤバイな!こんなスキモノな女見たことない!」

おちんちんを抜くと、私のお汁でビチョビチョになったおちんちんを今度は彼の目の前に出して

奴「あんたの彼女にベトベトにされたんだから彼氏がキレイにして下さいよ!」

と言い彼の顔の前に持っていきました。

前回も彼に舐めさせていましたが、今回も彼は奴のおちんちんを口に頬張りました。

根元までしゃぶってる彼を見て、私も奴のおちんちんを横から舐めました。

奴「カップルで俺のチンコしゃぶるって、お前ら俺の性奴隷かよ!」

楽しそうに私達におちんちん舐めさせて笑っていました。

彼が奴のおちんちんを舐めてるのを見るのはすごく切なくなります。

奴は満足そうにギンギンになってるおちんちんを、また私の中に入れて

奴「彼氏の唾液で入れられるのってどんな気持ち?」

私「複雑だけど・・気持ちいいです・・」

奴「さっき誰でもいいって言ったよな!今度俺が探してきた奴とやれよ!」

私「・・・・・・」

奴「はい!だろ!」

私「はい・・・」

奴「今日はちゃんとイカせてやるから!」

私「ありがとうございます!はぁはぁ・・・」

奴は激しく出し入れして私をイカせようとしてくれました。

私「気持ちいいです!もっと奥まで下さい!」

奴「こうか?」

私「そうそう!あぁぁん!気持ちよすぎる!」

奴「俺イキそう!」

私「ダメ!もうちょっと!ああぁん・・あぁぁ・・イク!イクッ!突いてぇぇぇ!」

私がイクより先に奴は私のお腹に発射してしまいました。

私「はぁはぁ・・ずるい・・・」

奴「ごめんごめん気持ち良すぎて!」

笑いながら言ってたからわざとなんだと思う・・・

また、寸止めされたまま帰らされました。

次回、奴が私の相手を見つけたらと言われたのでいつまで待てばいいのかわかりません。

それまで彼とも禁止されているので、彼も射精禁止になってしまいました。

続く・・・

輪姦学校

僕の彼女を抱いて下さい



変態プレイ教えて!

経験したことあるのは・・・

・調教
・飼育(奴隷)
・スワッピング
・筆おろし
・強制中出し
・パイパン
・アナル
・縛り
・蝋燭
・貞操帯
・排泄管理
・露出
・野外
・風俗嬢
・黒人
・出張ホスト
・寸止め
・複数
・レズ
・縛り
・失神
・飲尿
・失禁
・脱糞
・ホームレス
・便器舐め

このくらいかなぁ

アダルトビデオで見ることはだいたい経験してます。

男性経験は300は超えてると思います。たぶん

まだ経験してないことって何だろう?

他に変態プレイを知ってる方はコメントで教えてください。

私の女王様が男に媚びたお話

女王様が奴隷の私の目の前で挿入されて落ちた・・・で、私を調教したりお食事に連れて行ってくれたり、妹のようにかわいがってくれている女王様のユリ様が、私の目の前で男の人達にやられまくって、おねだりした所で帰らされてしまったので、その後が気になっていたのですが、今日ユリ様から連絡があってランチに行ってきました。

最初、聞きづらくて普通の会話だったのですが、ユリ様が先に切り出してくれました。

ユリ様はあの後、AさんとBさんとホテルに行って、3Pをしたそうです。

私「で?で?入れて~とかおねだりしたの?」

ユリ様「・・・うん」

私「・・・マジ!」

ユリ様「本当にみゅに見られたのは恥かしかったよ!いつも命令口調の私がおねだりしちゃったんだから・・・」

私「私もちょっとショックだった・・・」

ユリ様「でもね!私の中のほんの少しのM性が確認できて興奮した!」

私「もっと詳しく聞かせて!」

あの後、ミニスカートとノースリーブだけで、ノーパンノーブラでホテルまで行って、部屋に入ってすぐにAさんに脱がされて2人がソファーに座って、その前に全裸で立たされたらしいです。

しばらくそのままで、次にAさんがしょんべんしろと命令して、拒否はしたらしいのですが、結局立ったままさせられて、ビチョビチョのまま立ちバックで挿入されて、Bさんをフェラしたそうです。

Aさんが背中に出しので、Bさんと交代してBさんに入れられながら、Aさんのお掃除フェラをして、ユリさんがイキそうになるとおちんちんを抜かれて、何度も寸止めをされたそうです。

ユリ様もイカせてほしくて「イカせて下さい」と何度も大きな声でおねだりしたら、全裸のままホテルの廊下に放り出されてオナニーでイッたらいれてやると言われて、ホテルの階段の隅でオナニーをして果てたそうです。

私の尊敬していたユリ様がそんなことさせられてたなんて・・・本当にショックでした。

でも、もう一度私の目の前で犯されてみたいらしくて、明日AさんとBさんと会うそうなので、私も一緒に行くことになりました。

ヤバイ!興奮して寝れないかも!





投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ
THEME:SMクラブ SMプレイ | GENRE:アダルト | TAGS:

女王様が奴隷の私の目の前で挿入されて落ちた・・・

お友達のSMの女王様ユリ様」と、お遊びですが奴隷市場というものをやってる人の所に遊びに行きました。

マンションなんだけど、鉄格子があってそこに入れられました。

そこの人はキズキさんという方で、キズキさんはどこかに電話してしばらくすると3人の男性が入って来ました。

その人達は私を牢屋の外から眺めて、いろいろ注文してきます。

Aさん「服脱ぎなよ!」

私は服を脱ぎました。

Bさん「パンツも全部だよ!脱いだらM字に座ってマンコを広げて見せろ!」

全裸でM字でアソコを指で開いて見せました。

Bさん「素直でいい子だな!次は何させる?」

Cさん「こっちに来い!」

私は鉄格子の側まで行きました。
Cさんはズボンを下して、おちんちんを出しました。

Cさん「口でしろ!」

また勃起してないCさんのおちんちんを鉄格子越しに口に入れて舐めまわしました。

Cさんのおちんちんは一気に大きくなって、私の頭を押さえて喉の奥まで押し込みました。

私「おえぇ・・・」

Aさん「イイ子が入ったね!誰が貰って行く?」

ユリ様「ダメ!私のペットだから、ここで遊ぶだけにして!」

Aさん「そうなんだ!じゃあ、お前も脱げよ!」

ユリ様「え?私は関係ないでしょ!」

Bさん「いいから!」

ユリ様はAさんとBさんに押さえつけられて、檻の中に入って来ました。

女王様が無理やりやられちゃうところなんて見たことないから、ちょっと興奮!

ユリ様「お前らふざけんなよ!私を誰だと思ってるんだ!」

キズキさん「この人は、SMクラブの女王様だよ」

Aさん「へぇ~それは面白いね!」

AさんとBさんはユリ様を押さえつけてキスしたり、パンツの中に手を入れたりしていました。

ユリ様は抵抗していましたが、だんだん勢いがなくなってきて、睨みつけるだけになってしまいました。

あれ?本当にやられちゃう?

ユリ様「わかったよ!好きにすればいいだろ!」

ユリ様は服を脱ぎだして、ブラとパンツだけになりました。

Cさん「おい!お前!女王様のパンツ脱がしてやれよ!」

私はユリ様の顔色をうかがいながら、ブラとパンツを脱がせました。

鉄格子の中に私とユリ様だけにされて、レズプレイをお披露目することになり、ユリ様はムッとしていましたが、立ったままの私のクンニで感じて下さいました。

ユリ様「もっと舌先で舐めなさい!」

強がってるようにも見えましたが、アソコはどんどん濡れてきてきたのでユリ様にも少しMな部分があるのかな?と思いました。

Aさんが鉄格子の中に入って来て、ユリさんを鉄格子に手をつけさせて、手に唾をつけてユリ様のアソコに塗りました。

ユリ様「何してんだよ!やめろ!」

Bさんが鉄格子をつかんでるユリ様の手を押さえて、腰をねじって拒否し続けるユリ様のお尻を鷲掴みしてAさんが挿入しました。
その瞬間・・・

ユリ様「ああぁぁぁ・・・」

今まで強気なところしか見せたことのないユリ様の顔がトローンとして感じているようでした。
女王様も挿入されると女になるんですね・・・私の中のユリ様のイメージが一気に崩れました。

私「ユリ様・・・」

ユリ様「見ないで!ううぅぅ・・ああぁん・・うう・・・」

Bさん「自分の奴隷に、そんな姿見せて興奮してるんじゃないのか?」

ユリ様「うう・・・はぁはぁ・・・」

Aさん「見られたくないならやめるか?」

Aさんはおちんちんを抜きました。そのおちんちんはユリ様のお汁でビチョビチョでした。

Aさん「ほら!お前の主のマン汁で汚れちゃったからキレイにしろよ!」

私はAさんのおちんちんにしゃぶりついてユリ様のお汁を味わいました。

Aさん「おいしいか?」

私「おいひいです・・・」

Aさん「良くできた奴隷だな!」

ユリ様は鉄格子に手をついたまま下を向いて泣いてるようにも見えました。

Aさん「おい!もう一回入れてやろうか?」

ユリ様「・・・・」

Aさん「おい!!何か言えよ!」

Aさんはユリ様の髪をつかんで頭をあげさせて罵倒しました。

ユリ様「うるさい!」

Aさん「はぁ?まだそんなこと言うか?」

AさんはCさんを鉄格子の中に呼んで、Cさんにも挿入するように言いました。

Cさん「こんなキレイなS女に入れられることなんか、めったにないから堪能させてもらうよ」

Cさんはユリ様にバックで挿入しました。
Bさんはユリ様の手を押さえていましたが、パンツを脱いで鉄格子越しにおちんちんをしゃぶらせました。

後ろからCさん、前からBさんに犯されているユリ様は抵抗することなく犯され続けていました。

私はAさんのおちんちんをしゃぶりながら、いつも強気なユリ様が涙を流しながらおちんちんをしゃぶって、バックで突かれている姿を見ながら切ない気持になりました。

Aさん「いい眺めだな!奴隷の前で犯されて感じてるんだからお前も変態だな!」

ユリ様「ああぁん・・やめろ・・・」

Cさん「こんなに濡らしてるのに口だけは生意気だな!」

Cさんはおちんちんを激しく出し入れしました。

ユリ様「あぁぁ・・・ダメ・・・!クククッ・・・」

ユリ様はイキそうになってるのがわかりました。

Cさんは急におちんちん抜いてしまいました。

ユリ様「何で抜く!?」

Cさん「なんだ?イキたかったのか?奴隷の目の前で?」

ユリ様「・・・・」

Aさん「お前!都合が悪くなると黙るな!もうやめよう!」

AさんとCさんが鉄格子の外に出ようとしたら・・・

ユリ様がAさんの手を押さえて・・・

ユリ様「・・・おねがい」

Aさん「何が?」

ユリ様「・・・おねがい・・・最後まで・・・」

Aさん「最後までなに?」

ユリ様「イカせて・・・」

Aさん「それが人に頼む態度か?」

ユリ様「・・・・・お願いします・・・イカさせて下さい・・・」

Aさん「・・・・・」

ユリ様「お願いします・・・奴隷の前で犯して・・・イカせて下さい・・・」

Aさん「みじめだろ?」

ユリ様「はい・・・」

私はAさんから服を着るように言われて、私だけ帰らされました。

凄く続きが見たかったけど、私は部屋を出されてしまったので続きを見ることはできませんでした。

あれから丸一日経ちましたがユリ様から連絡がありません。心配なんですけど、こっちから連絡しずらくて・・・

あーーーー!あの後、ユリ様がどんなことになったのか気になる!!!!!!





投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ

続きを読む

THEME:SMクラブ SMプレイ | GENRE:アダルト | TAGS:

公衆トイレで何人も相手にして、途中拉致されそうになって、最後は小便器まで舐めて興奮する最低女になりました。

昨夜は危険な思いをしたのでちょっと反省中のみゅです。

今の彼氏のタカシくんとは、前の彼と付き合ってる時に、貸し出されて「5Pに挑戦!感じすぎて大変な失態を・・・」で知り合いました。

凄く相性がよくて、前の彼から乗り換えてしまったのですが、付き合ってしまうとセックスをしていても当時のように失禁するほど感じることはなくて、他の人に抱かれている方が感じます。

体の相性だけで付き合ってはダメですね・・・

それか私は根っからの浮気性なのかも・・・浮気してる時が一番燃えるし、タカシくんのことも忘れて感じまくってしまいます。

今の所タカシくんと別れるつもりはないけど、本気で好きな人ができたらわかりません。

今はおじさんに夢中ですが、付き合う気もないし・・・昨日はおじさんも会えないと言うので我慢できなくて、以前「公衆トイレで4人とエッチ」で募集したサイト主従誓約書-SM専門出会いで、また募集をしました。

コンビニでコンドームを買って、トイレの中から募集したら平日なのに11人の方から返信がありました。

メッセージを読み比べて一人目!

竜司さん
はじめまして、今お風呂を出たばかりで何気なく開いたら募集があったのでメールしました。
今○○(地名)にいます。
場所はどちらになりますか?


まずこの方に返信して15分位で来て頂けました。
トイレの場所も教えて、ノックを5回してもらう約束で本人確認をします。
私は全裸待機していたので、即コンドームを着けて頂いてトイレのタンクに手をついて立ちバックで入れて頂きました。

「乳首も触って下さい!はぁはぁ・・」

竜司さん「こう?気持ちいい?」

「興奮するぅ~イクッ!」

竜司さん「俺も!うっ!」

5分くらいでイって頂けて少し小声でお話してバイバイしました。

二人目は

J-POPingさん
こんばんは!もうお相手決まっちゃいましたか?
まだ決まっていなかったら宜しくお願いします。


この人には、本人確認で1回ノックして咳払い2回して頂きました。
ドアを開けると全裸の私にビックリしていましたが、ゴムを着けて同じようにバックで入れて頂きました。
J-POPingさんは1分もかからずにイってしまったのですが、使ったコンドームが欲しいと言うので外して縛ってあげたら、舐めながら帰って行きました。

三人目

カズさん
場所はどこですか?条件は?

条件って?
カズさん
料金!

お金はいらないです。
場所は○○市の○○公園の・・・


・・・・カズさんは怖かったのか20分待っても来なかったので

四人目

たけるさん
はじめまして、今から大丈夫ですか?


この方は直ぐに来て頂けました。
同じように立ちバックで突いて頂いていたらドアが5回ノックされて焦ったのでですが、5回ノックしたということは一人目の竜司さんだとわかりました。

小声で「竜司さん?」と聞くと「そう!」と言うので、

「今、他の方がいるので・・・」

竜司さん「じゃあ、終わったらサイトにメールして!」

「はい」

なんだろ?と思いましたが、たけるさんがイッて出て行ったので、竜司さんにメッセージしました。

すぐにドアが5回ノックされたので開けると、竜司さんの他に大柄の男の人が2人いて、焦ってドアを閉めようとしたのですが引っぱりだされて

竜司さん「こいつ!凄いだろ!」

大柄の1人「マジか!変態じゃん!」

竜司さん「こっち来い!」

竜司さんに手を引かれて全裸のままトイレの外に出されました。

恥かしくてしゃがむと、大柄の人に無理やり引っ張られてトイレ横に停まってた車に乗せられました。

ヤバイ!!!!!!

怖くて後部席で膝を抱えていると、竜司さんが運転席で助手席にもう1人が乗って、隣に1人乗って来ました。

そのまま車が走り出したので

「どこに行くんですか?」

竜司さん「服と荷物持ってきてやったから着替えな!」

私は服を来て黙ってうつむいていると

車はラブホテルに入って行きました。

あ・・・やられちゃう・・・

がっちり両腕をつかまれてホテルの中に連れていかれたので、逃げるなら今だ!と思い手を振り切って走りました。

でも、すぐに追いつかれて口を押さえられて

大柄の人「無茶はしないから部屋に入ろう!」

と言うので、黙って部屋まで連れて行かれました。

竜司さん「怖がらせてごめんね」

「・・・・」

竜司さん「こいつらに話したら行ってみたいって言うから、まだいるかなと思ってノックしたんだ!」

「だからって、さらうことないじゃないですか!」

竜司さん「ごめん・・・トイレじゃ狭かったし・・・他の人来ちゃうかなと思って・・・」

「凄く怖かった・・・」

竜司さん「ごめんね!でも、あんなことしてたら危ないよ!よくやってるの?」

「2回目だけど、前回は彼氏が外で見張っててくれたの・・・」

竜司さん「凄いことしてるね!こいつらにもやらせてくれないかな?」

「まだドキドキしてるからムリ!そんな気分になれない!」

竜司さん「わかった!少し休んだら送って行くよ!本当にごめんね!」

あれ?あまり悪い人じゃない?

冷静になってみたら、この状況って凄く刺激的なシチュエーションなんじゃ・・・と思いだして・・・

「1回ずつならいいよ!」

竜司さん「ホント?」

私は服を脱いで、ベッドに横になりました。

大柄の1人「木村さん」が服を脱いで私に覆いかぶさって来ました。
もう一人の大柄な「篠崎さん」が私にキスをしてきました。

竜司さんは私におちんちんを握らせて

竜司さん「みゅちゃんは何でこんなことしてるの?」

「性欲が強すぎるの・・・」

篠崎さん「ドMでしょ?」

「はい・・」

篠崎さん「普通はこんな状況でやらせないよ!」

竜司さん「無理やりされるの好きでしょ?」

「嫌いじゃない・・・」

木村さんは私のアソコに唾を着けて挿入をしようとしたので、ゴムを着けるように言ったらちゃんと着けてくれました。
木村さんのおちんちんは凄く大きくて、入って来るだけでお腹が圧迫される感じがしました。

ガタイはいいのに優しく入れてくれて、ゆっくり動かされるのが凄く気持ちよくて

私「ダメ!ダメ!すぐにイッちゃう!!イクッ!!!!」

木村さんは気を良くしたのか、ひょいっと私を持ち上げて騎乗位にしました。
私は、木村さんのおちんちんが気持ちよくて、腰を前後に擦りつけていました。

竜司さんは私の横に立って、おちんちんを向けて来たのでフェラをしてあげたら、篠崎さんもおちんちんを近づけて来ました。
篠崎さんのおちんちんは体系のわりに細くて咥えやすかったです。

木村さんが騎乗位のままイってくれたので、次は篠崎さんに交代して、正常位に戻って入れて頂きましたが、細すぎて入ってる感じがしない・・・
でも、何回か腰を振ったらイってくれたのでよかったです。

竜司さんがもう一回したいと言ってたのですが、トイレで一回してるんだからダメ!!と一喝してやりました。

帰りはトイレまで送ってくれたので、帰るふりをして同じ公園内の別のトイレに入ってサイトを確認しました。
最後に確認した時は11人だったのに37人からメッセージが届いていたので、ざっと目を通して1人を選びました。


おっちゃん
今○○市にいます。
これから会えませんか?


ちょっと名前に引かれて返信をしました。
同じ市内だったので、すぐに来てくれてトイレに入ると全裸の私を舐めまわすように見て、立ったまま私のアソコを触りだしました。

おっちゃん「こんなに若くてかわいい子が全裸で公衆トイレにいるなんて夢みたいだよ!」

「早く入れて下さい」

おっちゃんは何かポケットから出して私のアソコに塗りました。

「変な薬は嫌ですよ!」

おっちゃん「媚薬だから大丈夫!」

そのまま私のアソコを触っていましたが、しばらくしてアソコが熱くなってビチョビチョになってしまいました。

早く入れてほしくて、おっちゃんのアソコをズボンの上から摩っても脱いでくれる様子はなく、おっちゃんが指を入れてくれているのに、自分でクリトリスを激しく弄ってしまいました。

もう、入れてほしくて限界で、抱きついてキスをしておっちゃんのズボンを脱がせてしゃぶりつきました。

おっちゃん「そんなにほしいか?だった外に出るぞ!」

トイレの個室から外に出て、男子トイレに移動しました。

誰が来るかわからないのに、男子トイレの小の便器に手をついて立ちバックで入れてくれましたが、アソコが凄く熱くなって足がしびれて立っているのがやっとなくらい感じまくって、人目を気にしないで大きな声で喘いでいました。

「もうダメ!たってられない!気持ちいいーーー!おマンコ気持ちいいです!」

おっちゃんは急におちんちんを抜いたので、私はその場に崩れ落ちたのと同時に失禁してしまいました。
目の前に男子トイレの小便器があって、おっちゃんが・・・

おっちゃん「目の前の便器舐めろ!」

「いや・・・それは・・・」

おっちゃん「出来ないなら終わりだ!帰るぞ!」

「お願いします!それだけは・・・他のことなら何でもするので、もっと下さい!」

おっちゃん「本当だな!」

おっちゃんは掃除用具の中からスッポンを持ってきて・・・

おっちゃん「舐めろ!」

「それも・・・ムリです・・・」

おっちゃん「他のことなら何でもするんじゃなかったのか?」

と、スッポンを私の胸に押し当てました!

この人ヤバイ!と思ったのですが、もう既に遅くて・・・

「わかりました・・・便器舐めます・・・」

便器のふちをペロッと舐めましたが、頭を押さえつけられて便器の底に頭を押し込まれて、強いアンモニア臭を嗅がされながらバックでガンガン突いて頂きました。


小便器でセックス
画像は動画をキャプチャーしたので荒いです。すみません。

私は根っからのMだなぁと実感しました。
便器に頭を入れられているのに凄く感じてたし、やめないでほしいと思ってしまいました。

どのくらいだろ・・・もう何でもできる気がして、便器の底に顔を近づけて知らない人の排泄物の臭いで興奮するようになっていました。

「ゴム・・・取って中に出して下さい・・・」

おっちゃん「お前みたいな汚物女に生で入れるわけないだろ!」

「すみません・・・ううぅぅ・・イクッ!イクッ!イクッ!イクッ!イクッ!イクッーーー!!!!」

その場に倒れこんでイってしまいました。

ぐったりしている私でおっちゃんは腰を振り続けて果てました。

ゴムを取って私の背中に精子を垂らして、おっちゃんは帰って行きました。

私はその場でしばらく動けなくて、男子トイレの小便器の前で少し眠ってしまったのか失神したのか・・

寒くて目が覚めて焦って女子トイレに戻りました。

こんなことばかりしてたらどんどん落ちて行く・・(既に底辺かもしれませんが・・)
背中の精子をトイレットペーパーで拭きながら、しばらくえっちは控えようと思いました。

THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:
ランキング
お薦めブログ
ユーザータグ

寝取られ 他人棒 貸出し 調教 寝取られマゾ 性奴隷 失禁 おじさん 失神 レズ オナニー スワッピング 精子 中出し フェラ ゴックン 浮気 寸止め 童貞 元彼 変態 奴隷 お漏らし 屈辱 公衆トイレ 巨根 SM 包茎 風俗 脱糞 黒人 イクッ 淫乱 ノーパン 露出 痙攣 ノーブラ 口移し バイブ  公園 女王様 唾液 クンニ 性処理 結合部 乳首 デリヘル 先輩 奴隷市場 電マ おしっこ 漏らし 3P  生挿入 アナル 口内発射 射精 しゃぶって M女 オナニー観賞 ヨダレ 69 3P 複数 嫉妬 愛撫 お掃除フェラ 温泉 羞恥プレイ 精子吸いだし 動画 淫乱女 中出し性奴隷 3P 監禁 ぶっかけ イカせて 顔面騎乗 強姦 車内 強制 カリデカ 乱交 浴衣 ローション 手マン セックス中毒 セックス セフレ 奴隷以下 野外 相性 同伴 元カレ シコシコ M字 混浴 肛門 卑猥 ナンパ 別れ オナ マンコ Gスポット ハプニングバー SM スナック オーガズム 巨チン メイド 撮影 気絶 風俗体験  ntr 老人 おじいちゃん ペニクリ 女装 吸い出す 複数プレイ 体に塗 玩具 浮浪者 トイレ 全裸 彼氏の友達 真性包茎 恋愛 便器舐め 同級生 同窓会 短小 ホームレス 妊娠 オナ禁 寝取られ禁欲 イケメン 旅行 外人 筆下ろし 彼氏と 早漏 白人 コンビニトイレ 一泊 緊縛 飲尿 強引 窒息 遅漏 座位 雇用 69 寝取った イク ラブホ 寝取られゴックン ビチョビチョ しゃぶり 接合部 ハメ撮り 寝取られ浮気 4P 筆おろし 洗濯ばさみ 彼の友達 縛られ 拘束 濡れて 亀頭 映画館 奴隷契約 潮吹き 精子ローション 犯される 女王様をレイプ 動画撮影  クリトリス 洗濯バサミ 鉄格子 性管理 精飲 出張ホスト ポルノ 処女 イキ地獄 貞操帯 小便器 奉仕 初体験 

検索フォーム
アクセス
寝取られ動画
ブロとも申請フォーム