FC2ブログ

寝取られリンク

輪姦学校で寝取られ!
全記事表示リンク
不倫出会い
みゅの使ってるサイトです。yahooとかフリーアドレスで登録できます。 「みゅ」で検索して下さいね^^プロフ画像ツイッターと同じです。
最新記事
ツイッター
みゅのツイッターフォローしてね(≧▽≦)
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ別記事一覧
アダルトグッズ
アダルトグッズのNLS
掲示板

ゴールデンウィークは、旅行先で知らない人として、更に2日間は電マ責め地獄でした

ゴールデンウィークは、以前私に寸止めをし続けた奴に誘われて、私と奴と、奴の友達の山田さんの3人で伊豆の旅行に1泊2日で行ってきました。

お部屋に温泉があるちょっとリッチな旅館で、彼はどこにも連れて行ってくれないから、満喫しようと思って行くことを決めました。

旅館に着くなり下着を付けずに浴衣を着せられて館内をお散歩しました。

他のお泊りしてる人達とすれ違う度にドキドキしました。

奴は私の乳首を浴衣の上から触るので、乳首が立ってしまってバレないか怖かったです。

私が最初に部屋の温泉に入ってお風呂から出ると、脱衣所に浴衣も服もなくて奴と山田さんが部屋で全裸で待っていました。

私は何も言わずバスタオルを巻いてテレビの前に座ったら

奴「違うだろ!ご奉仕だろ!」

私は2人の所に行って両手におちんちんを握って交互にしゃぶりました。
汗の臭いで少し匂ったけど、2本同時のフェラは興奮しました。

奴は山田さんお風呂に向かわせて、帰ってくるまでの間奴のおちんちんをご奉仕させられました。

山田さんが帰ってくると交代で、お風呂に行って今度は山田さんにご奉仕です。

奴が帰って来てそのまま3Pかと思ったら、ご飯の時間だったみたいで、下着なしの浴衣で宴会場に行きました。
部屋食じゃないんだぁ・・と、ちょっとガッカリしましたが、ゴールデンウィークだからか、宴会場は人も多くてノーブラがバレないように気を使いました。

食事をしていると奴が私の帯をほどいてたのに気づかずお茶を取ろうと立ち上がった時に、前がはだけて一瞬ですが丸見えになってしまいました。

とっさに前を押さえて隠しましたが、向いの家族の30代のお父さんは見えたのか、チラチラ私の方を見ていました。

それに気づいた奴は、その家族の方に行ってお父さんに携帯を渡して写真を撮ってもらえるようにお願いしていました。

お父さんは私たちの席に来て写真を撮ってくれたのですが、奴が小声で・・・

奴「さっき見えました?」

お父さん「はい・・・」

奴「403号室なんですけど食事のあと来れます?」

お父さん「いや・・・子供もいるから・・・」

奴「この子とやれますよ!」

お父さん「マジですか!」

奴「是非!」

お父さん「わかりました!頑張ります!」

食事を終えて部屋に戻ってから30分くらいでしょうか部屋のインターフォンが鳴りました。

奴が入口のドアを開けると、さっきのお父さんが入って来ました。

お父さん「いや~さっきは驚きましたよ!」

奴「よく部屋を抜けられましたね」

お父さん「大浴場に行ってくるって言って来ました」

奴「ナイスです!時間もないと思うのでさっそくやっちゃってください!」

食事から帰って来たらお布団が引いてあったので、そのままOKな状態だったので私は浴衣を脱いで布団の上に仰向けに寝ました。

奴「ダメだろ!ご奉仕が先だろ!」

私は立ったままのお父さんの浴衣の帯を取って、乳首からおへそを舐めて、パンツを下ろしておちんちんを咥えました。

お父さん「信じられませんよ!超ラッキーです!ありがとうございます!」

奴「やらせたいこと何でもやっちゃって下さい!」

お父さん「じゃあ、玉も舐めて!」

私は言われた通りお玉を舐めて口に含んだりしました。

お父さん「次は俺にも舐めさせて!」

お父さんが座って、私は立ったまま片足を肩に乗せて舐めて頂きました。

お父さん「凄い濡れてる!」

奴「この子は濡れやすいしイキやすいから、イカないように気を付けて下さい!今日は寸止めが目的なので!」

やっぱり・・・・

お父さん「わかりました!」

お父さんは舐めながら指を入れて来て、ちょー気持ちいい!!!

私「あっ・・ダメ・・立ってられない・・・あぁぁ・・」

奴「ちゃんと立ってろ!」

私「気持ちいい・・ヤバイ・・イクかも・・・」

お父さんはクンニをやめてしまいました。

お父さん「時間もないので入れちゃってもいいですか?」

奴「どうぞ!」

お父さん「コンドームないんですけど・・・」

奴「そのまま入れちゃっていいですよ!外で出してもらえれば大丈夫です!」

お父さんは私の両手を壁につけて立ちバックで挿入してくれました。

私「当たる!!当たる!!いいっ・・!」

お父さん「凄くいいよ!最高だよ!」

私「イクっ!ダメ!イクッ!!!」

お父さんは抜いて間をあけてからまた挿入してきました。

私「あぁぁ・・・はぁはぁ・・あぁん・・あん・・」

お父さん「騎乗位でお願い」

私はお父さんの上に乗って腰を上下にしました。

お父さん「二人のチンコ咥えて!」

両側から奴と山田さんがおちんちんを近づけてきて私は交互にしゃぶりました。

お父さん「一回こういうAVみたいなことしてみたかったんですよ!」

私は下からガンガン突かれて咥えているのも辛くなってきました。

お父さん「最後は正常位でお願い」

お父さんは正常位でお腹の上に出してくれて、ご家族の部屋に帰って行きました。

その後は、山田さんと奴の目の前でオナニーをさせられて、イキそうになると止められてを繰り返して深夜までオナニーを続けました。

翌日は、普通に観光して帰りの車の中で奴が運転で、後部席で山田さんに愛撫され続けました。

帰りはちょっと渋滞してたけど、その分気持ちいいことがたくさんできたからOK!

奴のお家についてから全裸で生活するように言われてそこから2日間、奴のお家で食事やトイレ、寝ているとき以外はずっと奴か山田さんに責め続けられました。

どんどんエスカレートして、乳首を洗濯ばさみで挟みっぱなしにされたり、足の付け根にロープで電マを縛り付けられてクリトリスを責め続けられたり快楽の限界に挑戦させられました。

イキそうになると電マを止めてを繰り返されて、本当に地獄のような快感でした。

途中から覚えてないので、ここからは後で聞いたお話で書きます。

乳首はずっと痛くて、クリトリスは常に絶頂状態でした。

何度も何度も電源の入れて止めてを繰り返されているうちに、私はよだれを垂らして視点もあってなかったようです。

それでも続けていたら、だんだん無反応になって目をあけたまま失神していたみたいです。

そこまで行くとイクという感覚もなくなるみたいで、お腹辺りがずっと痙攣してて口も開けっ放しで、うつろな目でまばたきもしないでぐったりしていたそうです。

そうなると2人とも詰まらなくなって、電マを固定したまま寝室に放置して、リビングでテレビを見ていたら私が急に叫んで驚いて寝室に行ったら、私が電マを握ってもがいてたらしいです。

たぶん意識が戻って感じ出したんだろうって言ってました。

そんな激しい責めを2日間受けてぐったりした状態で家に帰らされましたが、あまり記憶がなくて、帰り道歩いて帰ったのは覚えているのですが、どの道で帰ったのか覚えていません。

ゴールデンウィーク明けはしばらく動けなくて彼が看病してくれていたので、ブログの更新も今日になってしまいました。

輪姦学校

僕の彼女を抱いて下さい




THEME:他人棒・寝取られ・貸し出し・スワップ | GENRE:アダルト | TAGS:

また寸止めされた・・更に1週間の禁欲命令・・[寝取られ]

前回のムカつく奴の寸止め地獄の続きです。

前回の日記から読んで下さいね^^
http://netorare39.blog.fc2.com/blog-entry-238.html

お店が忙しくて約束の時間に10分くらい遅れてホテルに行きました。
前日に寸止めされ続けたせいか、太ももに力が入ってたみたいで、筋肉痛が凄くてホテルまで行くのも辛かったです。

ムカつく奴「俺を待たせるってどういうこと?」

私「すみません・・お店が忙しくて・・・」

ムカつく奴「まぁいいや!」

あきらかに不機嫌で、憎たらしさ倍増でした。
こんな奴に寸止めされて泣かされたと思うとホントムカつく!

今日こそはこいつを先にイカせて「早漏野郎!」って言ってやる!と意気込んで挑みました。

前日のように部屋に入るなり即シャワーを浴びて、私のアソコを舐め始めました。

やっぱり舐め方も雑で気持ちよくない!このままずっと舐めてろ!と思いました。
そいつは前戯もそこそこに生で入れようとしたので

私「早すぎない?」

ムカつく奴「早くほしいだろ?」

ああーーーーーーーー!ムカつく!!!!!!!!!!!

私「まだ全然感じてないし!」

ムカつく奴「うるせー女だな!わかったよ!しゃぶりたいんだろ?咥えさせてやるよ!」

いちいちムカつくけどイカせてやる気でしゃぶりつきました。

タマタマを口に入れて舌で転がすと「ウッ!」と声を出して感じていました。
おちんちん裏筋から付け根の方までお汁が垂れてきて感じまくっていたので

私「凄い出てきてるよ!そんなに感じてるの?」

ムカつく奴「その汁を飲みたいなら舌でキレイにしろよ!」

私はその命令口調がムカついているのに、自分のアソコがじわ~と熱くなるのがわかりました。
これはヤバイ!と思ってテッシュでお汁を拭き取ってやろうと思ったら、頭を押さえつけられてお汁を舐めさせられました。

あ・・・この感じ・・・お汁・・おいしい・・・と思ってしまいました。

そのままおちんちんを咥えて、じょぶじょぶ音を立ててしゃぶり始めたら、ムカつく奴は「はぁぁ・・うっ」と声を出し始めてイキそうになっていました。

勝った!と思ったら頭を掴まれておちんちんから離されてしまい正常位で生挿入されてしまいました。

きっとフェラに弱いんだ!

でも、入れられちゃうと相手のペースです。

ガンガン腰を振り続けて、最初は雑過ぎて感じなかったのに、だんだん気持ちよくなってきちゃって

私「そう・・そこ!もっと押し込んで!そこ!!あぁ・・気持ちいい・・」

ムカつく奴「これが欲しかったんだろ?」

ムカつくけど・・正直欲しかった・・・

前日に寸止めされてイカせてもらえなかった欲求で素直に感じでしまいました。

私「今日はイカさせて下さい・・・あぁぁ・・・いい・・・」

ムカつく奴「昨日オナってないだろうな?」

私「してないよ!だから・・お願い・・」

ムカつく奴「偉いぞ!褒美をやるから!」

そう言うと、ムカつく奴はおちんちんを抜いて、私の口に入れてきました。

ムカつく奴「どうだ?自分の味?」

AVの見すぎだろ!と思いましたが

私「おいしいです」

ムカつく奴は満足そうに今度は私を四つん這いにしてバックで入れてきました。

ご褒美ってこれ?はぁぁ?と思いましたが、お尻が冷っとして何かを塗られたのはわかったのですが、その直後に何かがお尻の穴に入ってきました。

私「何?何してるの?」

ムカつく奴「ご褒美だよ!」

変な感じで気持ちよくない・・・と気持ちが冷めて来たら!

バックで突かれながらお尻に入った物がブーンと音を出して動き出しました!

私「あぁぁぁぁぁーーーーーー!なにこれ!!!!ダメ!ダメ!イクッ!!!」

どこを刺激されてるのかわからなかったけど、アソコに刺さってるおちんちんの気持ちよさが倍増してイキそうになりました。

ムカつく奴は、またおちんちんの動きを止めてしまいました。
狂ったように感じ出した私を笑いながら

ムカつく奴「お前おもしろいな!じゃもう一回!」

また突きながらブーンを動きだして・・・

私「あぁぁん!それ!気持ち良すぎる!アソコ壊れちゃう・・・イカせて!!!イクッ!イクッ!イイーーーーー!」

また止めました・・・・

私「もう・・・本当にダメ・・・」

ムカつく奴「これは面白いな!ほら!」

それを何度も何度も繰り返されて、四つん這いでいることもできずうつ伏せになってしましました。

ムカつく奴「ケツ上げろ!」

私「・・・もう‥無理・・・」

ムカつく奴「もう終わりかよ!」

ぐったりした私の下半身だけベッドから降ろして、上半身うつ伏せで下半身はベッドから下りた状態で強制的にバックの体制にされて、バックで突きながらアナルバイブで寸止めの続きをはじめました。

私「もう・・ゆるして・・・下さい・・・」

ムカつく奴「今日は泣かないんだな!」

私「はぁはぁ・・もう力が出ない・・・」

ムカつく奴「じゃ今日もイカずに帰るか?」

私「それは本当にやめて下さい・・ああぁん・・・・はぁはぁ・・イカせて・・・」

ムカつく奴「これだけ寸止めされ続けて諦めないんだな!」

今度は、私をベッドに戻して正常位で入れて来て、さっきまでお尻の穴に入ってた細いバイブを私の口に入れて

ムカつく奴「おい!クソ女!うまいか?」

私「おいしいです・・・」

ムカつく奴は大笑いしながら、正常位でガンガン突いてきます。

私「はっ・・はっ・・イクッ!イクッ!気持ちいい!!!」

また、腰を止めます。そこからどのくら続いたのかわかりませんが、既に限界を超えてこれだけ我慢させられてからイクのが怖くなってきました。

私「もう・・イカなくていいです・・」

ムカつく奴「何で?イキたくないの?」

私「イカせる気ないくせに・・あぁぁ‥あぁぁ‥今イッたら快感に耐えられない・・・あぁぁん・・ん・・・」

ムカつく奴「昨日は20分耐えて、今日は30分以上耐えてるぞ!そろそろイクか!」

私「やめて!怖い!あぁぁん・・あん・・ダメ!ダメ!今までに感じたことないくらいアソコが熱いの!ダメ!やめて!」

ムカつく奴「なに今更ガマンしてんだよ!イケよ!ほら!イケ!」

更に激しく腰を振ってきました。

私「ああああああああああ!!!!!!!!イッちゃうーーーーーーーーーー!イクッ!!!!!許してーーーー!」

イク瞬間目の前が真っ暗になって開放される・・と思った時・・・

奴はおちんちんを抜いてしまいました。

一瞬で快感が絶頂から無の状態になって失禁してしまいました。

私「見ないで!ダメ!止まらない!見ないで!恥ずかしい!」

ムカつく奴「淫乱女が自分の体もコントロールできなくなった」

と大笑いしていました。

ムカつく奴「じゃ俺帰るから!次は1週間後の土曜の夜店に行くから!それまで禁欲守るんだぞ!」

また、寸止め・・・地獄の禁欲1週間がはじまりました・・・

1週間もえっちしなかったことはないから、未知の世界だしここまで寸止めされたのも初めてだし自分がどうなってしまうのか理性を保てるか心配です。

③続き→





投票お願いします
THEME:他人棒・寝取られ・貸し出し・スワップ | GENRE:アダルト | TAGS:

黒人さんのおちんちんで潮吹いて彼にかけちゃいました[寝取られ]

彼が黒人さんとしてる所が見たいと言うので、昔付き合ってた彼氏の知り合いの黒人さんと連絡を取りました。

電話をしたら前より日本語が上手になっていて、すんなり約束で来て会って来ました。

3人で入れるラブホに入って、黒人さんは久しぶりに会う私を触りまくっていました。

彼が、黒人さんとお風呂に入って来いと言うので、一緒にシャワーを浴びに行ったのですが、そこのホテルはベッドからシャワールームが丸見えのところだったので、わざとシャワーを浴びる前にフェラをしました。

独特の匂いがしましたが、タマタマから大きなおちんちんの先まで丁寧に舐めてからシャワーを浴びました。

ベッドに戻って、黒人さんは私の足をヒョイと持ち上げて、足を開いてアソコを舐めはじめました。

黒人さん「みーのマ○コはやっぱりおいしいね!」

私「凄い舌使い・・ああぁぁん・・・」

黒人さん「いっぱいマ○汁出てきたよ!」

私「恥かしい・・はぁはぁ・・指入れて・・・」

黒人さんの太い指が入って来て、優しく中をかき回されているとバイブで刺激されているような感じで潮を吹いてしまいました。

黒人さん「俺にかけたな!」

私「ごめんなさい」

黒人さんは、私の顔を大きな黒いおちんちんで往復ビンタをしました。

それも気持ち良くて、私は懸命に舌を出しておちんちんを舐めようとしました。
それを見た黒人さんは私のアゴを押さえて、大きな亀頭を口に押し込んで来ました。

歯を立てないように気を付けても、亀頭が大きすぎて歯が当たっていたと思います。

黒人さんの先からは透明のお汁がたくさん出て来て、口の中がネバネバになってしまいました。

今度は私を起こして、彼の所に連れて行くと「キスをしろ!」と命じました。

黒人さんのお汁でヌルヌルになっている口で、彼にディープキスをしたら、彼は「ウッ」とえづいていました。

そのまま、彼を目の前にして黒人さんは立ちバックで挿入してきて、久しぶりの巨根に少し痛かったけど凄く感じてしまいました。

私「そんな奥まで・・・あぁぁ・・・」

彼「俺のじゃ届かない所?」

私「うん・・・ここまで入るのはこの人だけ・・・あぁぁん・・ダメ・・・もうイキそう・・・」

黒人さん「彼氏にイク顔見せてあげなよ!」

私「見て!見て!私がイカされる顔見てーーーーー!ああああああああ!!イクッ!!!!!!」

イッてもそのままバックで突きまくる黒人さんは、私の両乳首を強く摘まみました。

私「痛ーーーーイ!あぁあ!もっとめちゃくちゃにして!!!!」

黒人さんは、バックの体勢のまま私の太ももを押さえて持ち上げました。

目の前には彼がいて、大股を広げた状態で持ち上げられて、黒い大きなおちんちんが入ってる所を丸見えにされて、そのまま軽々私を上下に動かしました。

私「見ないで・・恥かしい・・・あぁぁ・・でも気持ちいい・・・もっと・・もっと・・・」

黒人さんは、彼に結合部を見せつけるように何度も上下して私に辱めを与えました。

私「またイクよ!」

黒人さんは更に激しく上下して私がイッた瞬間におちんちんを抜きました。

ビューーーっと音を立てて潮なのかお○っこなのかわかりませんが噴き出して彼の顔にかけてしまいました。

そのまま、ベッドに寝かされて、舌を絡め合いながら正常位でもう一度イカされて、黒人さんも私の口の中に出してくれました。

おちんちんの大きさとは関係ないと思いますが大量の精子で、口から溢れ出てしまいましたが、口の中に入った分は飲みました。

お礼に、黒人さんのベタベタになったおちんちんをペロペロしてあげて満足していただきました。




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ
THEME:他人棒・寝取られ・貸し出し・スワップ | GENRE:アダルト | TAGS:

罰ゲームを受けました。

先日の公衆トイレのプレイで、ルールをやぶってしまったので彼から罰ゲームがありました。

どんな罰ゲームなのかドキドキしながら楽しみにしていたのですが、彼の趣味満載の変態罰ゲームでした^^;

付き合いだしてから薄々気づいてたけど、まさか本当にスカトロマニアだとは・・・

彼に調教師のおじさんの所に連れて行かれて、おじさんと彼と3人でやきとり屋さんに飲みに行きました。

飲んでいて、トイレに行きたくなってもおじさんと彼に止められて行かせてもらえない・・・

漏れそうになっても、2人は嬉しそうに止めるので『これは漏らさないと終わらないな』と思いました。

3時間くらいでお店を出てタクシーで某所に移動しました。

そこは農道で3人で人目につかない田んぼのど真ん中に移動しました。

そこで、全裸になってお○っこをさせられました。
めちゃくちゃ寒かったけど、外でするのは開放感がありました。

おじさんと彼もすると言いだして、全裸のまま飲み干すように言われたのですが、勢いがよすぎて体もビチョビチョになってしまいました。

かかってる時は温かいのですが、凄く寒くなって拭くものもないのでパンツで体を拭いてノーパンで駅まで歩きました。

途中、またお○っこがしたくなってコンビニを探したのですが我慢できなくなって路地でまた服を脱がされて四つん這いで犬のように草むらでさせられました。

何だこれって罰ゲームでしたが、まぁまぁ楽しかったです^^;
風邪引かなくてよかったです。

寝取られ[69]

寝取られ[フェラ] 
THEME:エッチな告白体験談 | GENRE:アダルト | TAGS:

久しぶりに公衆トイレの複数プレイでボロボロにされました[寝取られ]

昨夜、公衆トイレで順番に犯されて来ました。

この前顔合わせした方達以外に7人の方が参加してくれて、15人+最後に彼氏+おじさんで合計17人の人達としました。

彼の条件は
・キスはしない
・ゴムはつける
・性病検査
・イッてはいけない
・口内射精は禁止

男子トイレの個室で全裸にロングのダウンを羽織って待機して、トイレの外で彼とおじさんが来た人にコンドームを渡して順番に中に通します。

1人目は飲み会でも一番エロかった50代のおじさんでした。
便器に座ってベルトを外しておじさんのちょっと臭うおちんちんをしゃぶっていたら、ダウンのチャックを下されて乳首を弄ってくれました。触れるか触れないかで弄られるとムズムズして凄く気持ちよかったです。
もう濡れていたのでトイレのタンクを抱えるようにバックで入れて頂きました。
反り返ったおちんちんは、気持ちいい所に当たってイキそうになりましたが、おじさんの方が早くイッて頂けたので条件を破らずにすみました。

2人目は20代の人で既にビンビンでゴムを付けて準備万端で入って来ました。
そのまま立ちバックで雑にガンガン突かれて、あまりの激しさにその人がイッて抜いた瞬間に潮を垂れ流してしまいました。
内股がビチョビチョになってたので、トイレットペーパーで拭いて次の人を待ちました。

3人目はまた飲み会に参加していたおじさんで、指で私のアソコを念入りに愛撫してくれました。
得意なんでしょうね!乳首を舐められながら手マンでイカされそうになりましたが、イキそうになると止めてを繰り返されて寸止め地獄でした。
イッてはいけないという彼の条件があったので、寸止めしていたようですがこっちの方が地獄で・・・

私「もう・・イカせて下さい・・・」

おじさん「イッてはダメってルールだよね!我慢しなさい!」

私「もう入れて下さい・・・あぁぁ・・」

おじさん「もう少し続けたらね!」

そう言い何度も何度も寸止めされました。
足はガクガクして立ってるのもやっとで、下腹はパンパンになるし、乳首もクリトリスも敏感になりすぎて寸止めの恐怖を味わいました。
ここまでイカせてもらえないと逆にイクのが怖くなって、おじさんが入れてくれた時もイキそうになりましたが我慢してしまいました。

4人目はまたおじさんでしたが、3人終わった時点でボロボロの私はギブアップも考えました。
以前「公衆トイレで27人」とえっちした時より過酷でしたが、彼の順番まで頑張ろうと思い続けました。
4人目のおじさんもねちっこく責めて来て、ヌルヌルの私のアソコにたくさん唾を付けて挿入してゆっくり出し入れを続けました。
それが長くて、イクことしか考えられなくなって、イキたいのに奥まで突いてくれないのでイケない・・自ら奥に刺さるようにお尻を動かしてもうまく逃げられてしまいイカせてもらえない・・結構長い時間されていたのですがおじさんが先にイってしまいました。

5人目もおじさんで、嫌な予感はしたのですがクリトリスを擦りながらの挿入で、敏感になりすぎた私のクリトリスはイクときの快感を超えて気持ち良すぎでした。
私の喘ぎ声が大きすぎたみたいで口を押さえられて更に興奮してしまいました。
5人目のおじさんもゴム中出ししてくれましたが、私の体はもう何をされても快感を感じるまで敏感になっていました。

6人目からはよく覚えていませんが、20代~30代の人が続きました。
フェラして挿入をしてを繰り返して、もうイッたのかよくわからなくなって体力的にきつ過ぎてダウンの前を開けたままギブアップしようと思ってトイレから出て彼と調教師のおじさんの所に行きました。

おじさん「どうした?まだ9人だよ!」

私「えっ・・まだ9人・・・」

外にはまだたくさんの人が待っているのを見てトイレに戻りました。

10人目の人は40代位の人で、便座に座ってぐったりしている私にいきなりキスをしてきました。
キスは禁止されていたのですが、抵抗する気力もなくていて、されるがままに舌を絡めてしまいました。
やばいなぁ・・と思いましたが、乳首を指でクリクリされたら、また感度が一気に上がってアソコが熱くなってお汁がドッと出てきたのがわかりました。
便座に座っているので、アソコからお汁が垂れるのが見えたみたいで、アソコからの糸を指ですくってクリトリスに塗りつけてきました。

私「もう・・ダメ・・はぁはぁ・・あぁぁあん・・」

40代位の人「ちょっとそのまま、お○っこして見せて!」

私は言われるがまま、お○っこをしました。
お○っこしている所を始めて会った人に見られたら、その人に全てを見せた感じがして、その人になら何でも許せる気持ちになっていました。

40代位の人「そのまま、う○ちも出る?」

私は返事もしないで、う○ちを出そうとしましたが見られてるせいかなかなか出ませんでした。
でも、出すまで待つと言われて、しばらく頑張ってにゅるっと出しました・・・
お尻を拭く所まで見られて、恥かしくて・・・もうどうでもいいやという気になって、その人に抱きついてキスをして、その人の服を脱がせて首から乳首、おへそ、タマタマ・・おちんちんと全身を舐めまわしていました。

40代位の人「ゴムつけて!」

私は口にゴムを咥えて、以前風俗で働いた時に教えて頂いたとおり口でゴムを付けました。

バックで入れて頂いてイク事はなかったのですが、自ら動いて40代位の人にイって頂きました。

11人目の人は、飲み会に参加していた30代の人でした。

30代の人「ボロボロだね!大丈夫?」

私「大丈夫です」

ズボンを下して咥えて、ゴムを付けるの忘れて自分で入れようとしたら、30代の人に「ゴム付けるから待って!」と言われてしまいました。

12人目は50代のおじさんで、乳首を舐めながらアソコに指を入れられて凄く気持ちいいのですが、喘ぎ声も出す元気がなくなっていてイクのを我慢させられ続けたせいか、疲れのピークだったのか無反応になっていました。

おじさん「気持ちよくない?」

私「気持ちいいです・・・」

おじさん「どこか痛い?」

私「いいえ・・凄く気持ちいいけどボロボロで・・・」

おじさん「じゃあ、もう入れるよ」

おじさんは気を使ってくれて、早めに入れてイってくれました。
なんか・・申し訳なかったです。

13人目は20歳の若い人で、即効入れてくれたけど1番j激しかったです。

私「ちょっと・・激しい・・あぁぁ・・壊れちゃう・・ちょっとストップ・・・」

20歳の人「まだまだ!気持ちいいでしょ!」

私「イキそうなんだけど・・13人目だから・・ちょっとやさしくしてーーーー!!」

それでもかまわずガンガン突いてきてイって頂いたのですが、私は息が上がってしまって呼吸困難になりそうでした。

14人目は60歳くらいの歳年長の人だったのですが、凄く硬くて大きなおちんちんで見た瞬間に「壊されちゃう・・」と思いました。
その人は、ゆっくり入れて来て奥まで突いてくれて、またイク感覚が戻って来ました。
それでも、イカせてはもらえず15人目になりました。

15人目は50代に方で、以前どこかの寝取られ企画でしたことがあった人でした。
その方もやさしく愛撫から挿入してくれたのですが、寸止めが始まってしまって私はヨダレも垂らしていたそうです。

16人目はいよいよ彼氏だったので、彼がトイレに入って来た時は涙が出て来ました。
彼曰く、その時の私はヨダレと鼻水を垂らして涙を流しながら全裸で便座に座っていて、アソコからチョロチョロとお○っこなのか何かを漏らしていたそうです。
その姿に凄く興奮してくれて、彼のために頑張ったのが伝わったみたいで、私は無残な姿を見られたのは嫌だったのですが愛しく思ってくれたみたいです。
彼は私を見るなり抱きしめてくれてキスをしてくれました。
そのキスで目が覚めて、むさぼるように彼のおちんちんにしゃぶりつき何度もキスをしてバックで入れて頂きました。

終わったーーー!と思ったら、最後に調教師のおじさんが残っていて、おじさんは16人のおちんちんが入ったアソコを「おいしいよ」と言いながら優しく舐めてくれました。
調教師のおじさんのおちんちんが、私の中に入って来ておじさんとえっちをすると毎回そうなのですが、突かれる度にイキ続けるんですよ!
この時もやっぱり入って来た瞬間にイカされてしまって、何度も何度も突かれる度にイキまくってしまいました。

彼の条件で守れなかったのは、キスとイッてはいけないことだったので罰ゲームがあるそうです・・・
それはそれで楽しみなのですが、今日はずっと部屋で寝ていました。

おすすめ寝取られ動画
寝取られ動画




投票お願いします

寝取られ[69]

寝取られ[フェラ] 
THEME:他人棒・寝取られ・貸し出し・スワップ | GENRE:アダルト | TAGS:
ランキング
お薦めブログ
ユーザータグ

寝取られ 他人棒 貸出し 調教 寝取られマゾ 性奴隷 失禁 失神 おじさん レズ オナニー 中出し スワッピング 精子 フェラ ゴックン 寸止め 浮気 変態 元彼 お漏らし 屈辱 童貞 奴隷 包茎 巨根 SM 公衆トイレ 痙攣 風俗 淫乱 イクッ 黒人 脱糞  公園 口移し 露出 ノーブラ バイブ 性処理 ノーパン 唾液 女王様 乳首 クンニ 結合部 デリヘル 先輩 おしっこ 電マ 奴隷市場 3P 射精  アナル 動画 オナニー観賞 口内発射 3P 漏らし 69 精子吸いだし 温泉 ヨダレ 愛撫 M女 しゃぶって 複数 羞恥プレイ お掃除フェラ 生挿入 オーガズム 嫉妬 強姦 3P 混浴 肛門 Gスポット イカせて 淫乱女 奴隷以下 ハプニングバー 監禁 強制 ローション ナンパ 中出し性奴隷 浴衣 顔面騎乗 元カレ 乱交 ぶっかけ カリデカ 別れ シコシコ セックス中毒 手マン セックス M字 オナ 車内 相性 セフレ 野外 卑猥 同伴 マンコ 彼の友達 気絶 撮影 スナック 巨チン ntr  真性包茎 彼氏の友達 風俗体験 メイド 老人 体に塗 ペニクリ 女装 吸い出す 玩具 全裸 おじいちゃん 浮浪者 トイレ 早漏 彼氏と ホームレス 短小 恋愛 便器舐め 寝取られ禁欲 オナ禁 4P 洗濯ばさみ 妊娠 同級生 同窓会 コンビニトイレ 白人 外人 筆下ろし 飲尿 緊縛 イケメン 旅行 一泊 複数プレイ 強引 遅漏 座位 雇用 69 寝取った イク ラブホ 寝取られゴックン ビチョビチョ しゃぶり 接合部 ハメ撮り 寝取られ浮気 4P 筆おろし SM 禁欲 縛られ 拘束 濡れて 亀頭 映画館 女王様をレイプ 奴隷契約 潮吹き 精子ローション 動画撮影 洗濯バサミ 窒息  クリトリス 犯される 鉄格子 処女 精飲 出張ホスト ポルノ イキ地獄 奉仕 性管理 貞操帯 小便器 初体験 

検索フォーム
アクセス
寝取られ動画
ブロとも申請フォーム