FC2ブログ

寝取られリンク

輪姦学校で寝取られ!
全記事表示リンク
不倫出会い
みゅの使ってるサイトです。yahooとかフリーアドレスで登録できます。 「みゅ」で検索して下さいね^^プロフ画像ツイッターと同じです。
最新記事
ツイッター
みゅのツイッターフォローしてね(≧▽≦)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ別記事一覧
アダルトグッズ
アダルトグッズのNLS
掲示板

ゴールデンウィークは、旅行先で知らない人として、更に2日間は電マ責め地獄でした

ゴールデンウィークは、以前私に寸止めをし続けた奴に誘われて、私と奴と、奴の友達の山田さんの3人で伊豆の旅行に1泊2日で行ってきました。

お部屋に温泉があるちょっとリッチな旅館で、彼はどこにも連れて行ってくれないから、満喫しようと思って行くことを決めました。

旅館に着くなり下着を付けずに浴衣を着せられて館内をお散歩しました。

他のお泊りしてる人達とすれ違う度にドキドキしました。

奴は私の乳首を浴衣の上から触るので、乳首が立ってしまってバレないか怖かったです。

私が最初に部屋の温泉に入ってお風呂から出ると、脱衣所に浴衣も服もなくて奴と山田さんが部屋で全裸で待っていました。

私は何も言わずバスタオルを巻いてテレビの前に座ったら

奴「違うだろ!ご奉仕だろ!」

私は2人の所に行って両手におちんちんを握って交互にしゃぶりました。
汗の臭いで少し匂ったけど、2本同時のフェラは興奮しました。

奴は山田さんお風呂に向かわせて、帰ってくるまでの間奴のおちんちんをご奉仕させられました。

山田さんが帰ってくると交代で、お風呂に行って今度は山田さんにご奉仕です。

奴が帰って来てそのまま3Pかと思ったら、ご飯の時間だったみたいで、下着なしの浴衣で宴会場に行きました。
部屋食じゃないんだぁ・・と、ちょっとガッカリしましたが、ゴールデンウィークだからか、宴会場は人も多くてノーブラがバレないように気を使いました。

食事をしていると奴が私の帯をほどいてたのに気づかずお茶を取ろうと立ち上がった時に、前がはだけて一瞬ですが丸見えになってしまいました。

とっさに前を押さえて隠しましたが、向いの家族の30代のお父さんは見えたのか、チラチラ私の方を見ていました。

それに気づいた奴は、その家族の方に行ってお父さんに携帯を渡して写真を撮ってもらえるようにお願いしていました。

お父さんは私たちの席に来て写真を撮ってくれたのですが、奴が小声で・・・

奴「さっき見えました?」

お父さん「はい・・・」

奴「403号室なんですけど食事のあと来れます?」

お父さん「いや・・・子供もいるから・・・」

奴「この子とやれますよ!」

お父さん「マジですか!」

奴「是非!」

お父さん「わかりました!頑張ります!」

食事を終えて部屋に戻ってから30分くらいでしょうか部屋のインターフォンが鳴りました。

奴が入口のドアを開けると、さっきのお父さんが入って来ました。

お父さん「いや~さっきは驚きましたよ!」

奴「よく部屋を抜けられましたね」

お父さん「大浴場に行ってくるって言って来ました」

奴「ナイスです!時間もないと思うのでさっそくやっちゃってください!」

食事から帰って来たらお布団が引いてあったので、そのままOKな状態だったので私は浴衣を脱いで布団の上に仰向けに寝ました。

奴「ダメだろ!ご奉仕が先だろ!」

私は立ったままのお父さんの浴衣の帯を取って、乳首からおへそを舐めて、パンツを下ろしておちんちんを咥えました。

お父さん「信じられませんよ!超ラッキーです!ありがとうございます!」

奴「やらせたいこと何でもやっちゃって下さい!」

お父さん「じゃあ、玉も舐めて!」

私は言われた通りお玉を舐めて口に含んだりしました。

お父さん「次は俺にも舐めさせて!」

お父さんが座って、私は立ったまま片足を肩に乗せて舐めて頂きました。

お父さん「凄い濡れてる!」

奴「この子は濡れやすいしイキやすいから、イカないように気を付けて下さい!今日は寸止めが目的なので!」

やっぱり・・・・

お父さん「わかりました!」

お父さんは舐めながら指を入れて来て、ちょー気持ちいい!!!

私「あっ・・ダメ・・立ってられない・・・あぁぁ・・」

奴「ちゃんと立ってろ!」

私「気持ちいい・・ヤバイ・・イクかも・・・」

お父さんはクンニをやめてしまいました。

お父さん「時間もないので入れちゃってもいいですか?」

奴「どうぞ!」

お父さん「コンドームないんですけど・・・」

奴「そのまま入れちゃっていいですよ!外で出してもらえれば大丈夫です!」

お父さんは私の両手を壁につけて立ちバックで挿入してくれました。

私「当たる!!当たる!!いいっ・・!」

お父さん「凄くいいよ!最高だよ!」

私「イクっ!ダメ!イクッ!!!」

お父さんは抜いて間をあけてからまた挿入してきました。

私「あぁぁ・・・はぁはぁ・・あぁん・・あん・・」

お父さん「騎乗位でお願い」

私はお父さんの上に乗って腰を上下にしました。

お父さん「二人のチンコ咥えて!」

両側から奴と山田さんがおちんちんを近づけてきて私は交互にしゃぶりました。

お父さん「一回こういうAVみたいなことしてみたかったんですよ!」

私は下からガンガン突かれて咥えているのも辛くなってきました。

お父さん「最後は正常位でお願い」

お父さんは正常位でお腹の上に出してくれて、ご家族の部屋に帰って行きました。

その後は、山田さんと奴の目の前でオナニーをさせられて、イキそうになると止められてを繰り返して深夜までオナニーを続けました。

翌日は、普通に観光して帰りの車の中で奴が運転で、後部席で山田さんに愛撫され続けました。

帰りはちょっと渋滞してたけど、その分気持ちいいことがたくさんできたからOK!

奴のお家についてから全裸で生活するように言われてそこから2日間、奴のお家で食事やトイレ、寝ているとき以外はずっと奴か山田さんに責め続けられました。

どんどんエスカレートして、乳首を洗濯ばさみで挟みっぱなしにされたり、足の付け根にロープで電マを縛り付けられてクリトリスを責め続けられたり快楽の限界に挑戦させられました。

イキそうになると電マを止めてを繰り返されて、本当に地獄のような快感でした。

途中から覚えてないので、ここからは後で聞いたお話で書きます。

乳首はずっと痛くて、クリトリスは常に絶頂状態でした。

何度も何度も電源の入れて止めてを繰り返されているうちに、私はよだれを垂らして視点もあってなかったようです。

それでも続けていたら、だんだん無反応になって目をあけたまま失神していたみたいです。

そこまで行くとイクという感覚もなくなるみたいで、お腹辺りがずっと痙攣してて口も開けっ放しで、うつろな目でまばたきもしないでぐったりしていたそうです。

そうなると2人とも詰まらなくなって、電マを固定したまま寝室に放置して、リビングでテレビを見ていたら私が急に叫んで驚いて寝室に行ったら、私が電マを握ってもがいてたらしいです。

たぶん意識が戻って感じ出したんだろうって言ってました。

そんな激しい責めを2日間受けてぐったりした状態で家に帰らされましたが、あまり記憶がなくて、帰り道歩いて帰ったのは覚えているのですが、どの道で帰ったのか覚えていません。

ゴールデンウィーク明けはしばらく動けなくて彼が看病してくれていたので、ブログの更新も今日になってしまいました。

輪姦学校

僕の彼女を抱いて下さい




THEME:他人棒・寝取られ・貸し出し・スワップ | GENRE:アダルト | TAGS:

寸止めされ続けて失神しました[寝取られ]

しばらくブログを書いていなかった間にしたことです。

調教師のおじさんの家には週2で通って身の回りのお世話をしながら、開発までして頂いています。

おじさんはおちんちんをなかなか入れてくれないのですが、突かれただけで即イキするほど相性がいいです。
突かれる度にイキ続けられるのは、おじさん以外では経験がありません。

そんなおじさんに、先日寸止めされ続けました。

焦らされるとイキやすい体なのですが、寸止めの経験はあまりないので過酷でした。

おじさんはテレビを見ながらフェラをされるのが好きなので、いつものようにフェラしているとパンツの上からクリトリスを弄ってきました。
だんだんパンツが濡れてくるのがわかりましたが、脱がせてくれずに弄られ続けて、お漏らし状態になりました。

おじさん「汚いな!びちょびちょじゃないか!」

私「すみません」

私のパンツを脱がすと、直接クリトリスを弄ってくれて指が入って来た時にはイキそうなくらい感じていました。

私「イキそうです・・・」

おじさん「我慢しろ!」

ずっと手マンをされ続けて、テレビを見終わったおじさんは69でクンニをしてくれました。

もう我慢できなくて腰をクネクネすると、クンニをやめてしまいイカさせてくれません。

次は電マを出してきて、いきなり強で当てて来ました。

私「イク!イクッ!」

イク瞬間に電マを離してイカせてくれません。

これを何度も繰り返されて、イキたくてもイカせてもらえずおかしくなりそうでした。

私「1回イカせて下さい」

おじさん「ダメ!イキそうな時は言えよ!」

私はイキそいうになると「イクッ」と言い、その度に電マを外されて寸止めをされ続けました。

もうアソコがムズムズするし、イッたのかイッてないのかわからないくらいアソコがジンジンしていました。

そんな状態が3時間くらい続いて、もう涙は出てくるしイクことしか考えられなくなっていました。

おじさん「そろそろイカせてやろうか!」

私「いや・・今イカされたら・・・壊れちゃいます・・・」

おじさん「イキたくないの?」

私「イキたいけど・・・怖いです・・・」

おじさんは面白がって生でおちんちんを入れようとしました。

私「おじさんのおちんちんはダメ!感じすぎちゃうから!電マでお願いします!」

おじさん「1人で気持ちよくなってんじゃねーよ!」

おじさんはおちんちんをゆっくり差し込んで来ました。

私「あ・・・あ・・・」

でも、おじさんは先だけ入れて奥まで入って来ません。

私「ここから焦らすんですか?」

おじさん「まだまだイカせるわけないじゃん!」

この人鬼だ・・と思いました。

入れるか入れないかの状態で、電マをクリトリスに当てられながらイク寸前に止められて・・・

私は泣きながら「もう壊れてもいいから、思いっきりイカせて下さい!!!」と言ってもイカせてもらえず更に2時間くらい我慢させられました。

体が熱くて汗で全身ビチョビチョになって、もう誰でもいいし、どんなイカされ方でもいいからイカせてほしくて恥じらいを捨てておじさんにイカせてほしいと泣きながらおねだりしました。

結局、トータル7時間我慢させられて声も出ないくらい疲れきってしまって、ぐったりしてるのに感度だけ上がり続けてお漏らししてしまいました。

もうイクのを諦めかけた時におじさんが一気におちんちんを押し込んできて、大声で叫びながらイカされました。

全身ビリビリして痙攣が止まりませんでした。

おじさんは何度も奥を突いてきて、突かれる度にイク感覚が繰り返されて

私「もうダメ!やめて下さい!耐えられません!あっ!イク!またイッた!ヤメテ!またイッた!はっ!はっ!」

過呼吸気味でイキ続けて、やっとおじさんがイってくれた時には目も開けられないくらいの脱力感でそのまま寝てしまったか、気を失ったのか目が覚めたら次の日の朝でした。

そこから2日間アソコが敏感で、歩くとビクンビクンしてしまってうまく歩けませんでした。

寸止めは怖いです・・・

おすすめブログ
妻の寝取られブログ

おすすめ動画
寝取られ動画




投票お願いします

寝取られ[69]

寝取られ[フェラ] 
THEME:他人棒・寝取られ・貸し出し・スワップ | GENRE:アダルト | TAGS:

失神、痙攣、失禁、脱糞・・・全てを経験させられました[浮気]

AV女優さん程ではないけど、経験人数はたぶん3桁を超えたみゅです。

その中でも、忘れられない人が何人もいます!

もう一度えっちしたくても連絡が取れない人もいますが、最近今までのえっちを思い返していて過去の人「矢代さん」に電話してみました。

私「もしもし、矢代さん?」

矢代さん「みゅ?久しぶりだね!ブログ見てるよ!」

私「ありがとう・・見てるんだ・・」

矢代さん「過激な事ばかりしてるみたいだけど大丈夫?」

私「一応、彼や調教師のおじさんに打ち合わせしてもらってからだから大丈夫だよ!」

矢代さん「今日はどうしたの?」

私「ちょっと思いだしたから」

矢代さん「俺とのセックス?」

私「そう!」

矢代さん「マジか!嬉しいね~会う?」

私「うん!」

矢代さんと待ち合わせをして、ホテルに直行しました。

矢代さんは、お風呂にはいってからじゃ嫌な人なので、そのままえっちが始まりました。

私のアソコをクンクン嗅ぎだしました。

私「ああぁ・・この感じ・・」

矢代さん「ブログ見てると焦らされるのが好きなの?」

私「うん・・・はぁはぁ・・でも矢代さんなら焦らされなくてもイクよ!」

矢代さん「いやいや!焦らすから!」

矢代さんは、アソコのまわりをペロペロして、なかなか舐めてくれないので、私が腰を動かして舌に当たるように動きますが舐めてくれません。

どんどんお汁が出て来てガマンできなくなっちゃって

私「もうムリ!入れて!」

矢代さん「はぁ?もう入れるの?」

私「お願い!一回入れて!おかしくなっちゃう!」

矢代さんはそれでも焦らしてきて、私はガマンできなくてアソコを自分で触ってしまいました。

矢代さん「ちょっとダメだよ!入れてやるから!」

ゆっくり矢代さんのおちんちんが入って来て、3回くらい出し入れされただけでイってしまいました。

私「もうイった!止まって!お願い!」

それでも止まってくれない矢代さんは、正常位で私の腰を浮かせて突いてきます!
奥に当たってまたイってしまいました。

私「もうダメ!休憩させて!」

矢代さんは止まってくれません。

私「あぁぁぁぁぁぁ・・・」

そこで意識が飛んでしまいました。

気が付いたら、まだ矢代さんは腰を振っていて

矢代さん「気絶しただろ!まだまだ!」

私「もうダメです!本当に!早くイって!」

矢代さんは、ガンガン突いてきてまたイカされてしまいました。

失神しても続けてる矢代さんってヤバイ・・・

もうお布団もビチョビチョで冷たかったけど、凄く気持ちいい・・・

私「もう・・・どうにでもして・・・」

矢代さんは、おちんちんを抜いて、今度はバックで挿入しました。

バックではあまりイったことがなかったけど、えぐるように入れてくる矢代さんのおちんちんが凄く気持ちよくてバックでもイってしまいました。

私「もう体力がもたない・・・止めて・・・はぁはぁ・・あぁぁん・・気持ちいい・・・」

イキ続けて全身がビリビリして変な感じでした。

バックで突かれながら、矢代さんに両乳首を強く摘ままれた瞬間!

私「ぎゃーーーーーーーーーー!!!!!!!!」

全身に電気が走ったようにビリビリして叫びながら、久しぶりに絶頂をむかえました。

体が硬直して動けなくなってしまったところで、やっとおちんちんを抜いてくれて

矢代さん「まだまだだな!もっと経験積んでからまた来い」

と言い帰って行ってしまいました。

私は1人残されましたが、しばらく動けなくてトイレにも行けなくて、ホテルの掃除の方には申し訳ないのですがベッドの上で用をたしてしまいました。

漏らした状態でも動けなかったので、そのまま動けるようになるまで待って帰って来ましたが、帰り道も足に力が入らなくてうまく歩けませんでした。

もっと、いろいろ経験してから矢代さんに挑戦しようと思います。

おすすめブログ
すごくエッチな体験談





投票お願いします

寝取られ[69] 寝取られ[フェラ]
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:

62時間耐久で39人と68回のセックスをしました[寝取られ]

15日(月)9:00~17日(水)23:00まで62時間耐久中出しえっちというバカな企画をすることになって、彼氏のタカシくんと調教師のおじさんS田さんと私を知り尽くした人達が知り合いを集めてやることになりました。

あまりに長すぎて、断片的にしか覚えてないので覚えてる範囲で書きます。

15日の早朝から、シティホテルのスイートルームに入りました。

この部屋は都内が一望できるんじゃないかってくらい凄い部屋で「シティーホテル スイート」で画像検索すると出て来るような超リッチなお部屋でした。



最初に集まった人達はタカシくん、おじさん、S田さん以外に、4人いて4人ともこういう場に慣れた感じで待機部屋でソファーに座って雑談していたのですが、私だけベッドルームで待たされて、チラチラどんな人が来てるのか見てみたら、超イケメンの人がいてワクワクしちゃいました。

一人目の人とおじさんがベッドルームに来て、おじさんが私の両手をベッドの柵に縛りました。
身動きとれなくされて、次々にやられて行く企画らしくて、一人目の人にキスから愛撫されて挿入されました。
乳首を舐められながら挿入されているうちに、イキのうになって一回イカされました。
その人は発射しないで次の人に交代しました。

二人目は超イケメンの人でした!
キレイな肌で全然毛深くなくて、体を密着すると凄くスベスベして気持ちよかったです。
キスも上手でクンニされながら乳首を弄られて、私はクンニだけでイってしまいました。
挿入されてからは、ずっと中に入っててほしいと思ったのですが、15分くらいで発射もしないで交代してしまいました。

三人目は60近いハゲたおじさんでした・・・
ギャップがありすぎて受け入れるのに時間がかかりましたが、挿入されてしまうと一緒で感じまくってしまいました。

四人目の人は手を固定されて動けない私にまたがって、玉袋を口に入れて来ました。
私は1個ずつ丁寧に舐めてさしあげました。
四人目の人「気持ちいいよ!あぁぁ・・最高!」
竿を口に入れて来たので唾液をいっぱい出してしゃぶりました。
私の唾液でビチョビチョのおちんちんを刺してくれて、めっちゃ気持ち良くてまたイってしまいました。

今度は四人全員が来て、両手におちんちん、口におちんちん、もう一人が挿入という流れで4人に中出しされました。

四人が休憩に入ったので、調教師のおじさんが来て挿入してくれました。
相性がいいおじさんのおちんちんで30分くらい感じさせてもらったら、イケメンくんが来て2回戦をしてくれました。

こんな感じで4人に代わる代わる挿入され続けて4時間くらいえっちして、コンビニのお弁当でお昼休憩になりました。

午後13:30から、また始まって今度はS田さんも参加して夕方までねちっこいえっちを堪能しました。
夕飯を食べてから、4人と順番にえっちして4人は帰って行きました。

19:00から別の人達が7人入って来て再開です。

7人なので1人ずつだと男性の方達はインターバルがあるので2周して頂きました。
7人が2周終わったのが23:40でした。

4人は帰ったのですが、3人は残って続行しました。

S田さんと、おじさんも参加して計5人にまわされました。

夜中の2時頃になるとみんな無口になって来て、仮眠を取る人も出て来ましたが、残った3人中2人が超タフで、3Pの状態でハメて舐めてで朝方5時までえっちしました。

3人も帰って、私がシャワーを浴びて部屋に戻ると6人の知らない人が部屋にいました。
さすがお盆休み!次から次に人が来ます。

睡眠もとらせてもらえないまま、1人ずつお相手しました。

今までの公衆トイレやカーセックスの複数プレイと違って、入れて射精して終了ではなくて1人1人とじっくりえっちしていくので長い!

気持ちいいけど眠気もあって、感じながら意識が飛んで人が気づくと人が代わってたり、意識がもうろうとしながらやられまくっていると、今までベッドルームに来なかった彼が来て口移しでお水を飲ませてくれました。

それで目が覚めて、他人棒を出し入れされながら、彼のズボンを下してフェラしました。

タカシくん(彼氏)「他人のちんこ咥えた口で俺のをしゃぶるなよ!」

私「早くこれちょうだい!」

タカシくん「最後にあげるから頑張って!」

超やる気満々になって、そのまま10時までやりまくりました。

ここで、ごはんタイムでS田さんが買ってきてくれたお弁当を皆で食べて、10時半から再開したのですが、お腹いっぱいになったら眠い!

半分寝たような状態で何人もの太いおちんちんを出し入れされて精子を中で受け入れ続けて6人は帰って行きました。

13時から新たに7人来て、その中に黒人さんがいて身長は198cmとビックリするくらい大きい人でした。
過去の日記にも書いたことありますが、黒人さんとえっちすると、ぐったりしてしまうので、まだ半分の時間も経っていないのにヤバイと思いました。

なのに、一人目から黒人さんで、まだ立ってないおちんちんの長さがヤバイ!私の手首から肘くらいまでありました。
おちんちんをシコシコしながら乳首を舐めてあげると「OH!!キモチイイヨ!!」と大きな声で感じてくれたので楽しくなっちゃって、黒人さんを仰向けに寝かせて、全身を舌で舐めまわしました。

黒人さんはガマンできなくなったようで、私を押し倒して大きな口で私のおっぱいに吸いつきました。
おっぱい全体を吸われながら舌先で乳首を舐められて凄く気持ちよかったです。
アソコも舐めてくれたのですが、大きな舌でベロベロ舐められて、舌をアソコに捻じ込まれた時はおちんちんの先が入って来た感じで挿入されているようでした。

いよいよ挿入になって、勃起したおちんちんは正常時と大きさは変わりませんでしたが、立ち上がると更に大きく見えました。
こんなの入るの?と思いましたが、ゆっくり優しく私の中に入って来て・・・奥まで届くと全身に電気が走ったような感じがして、痙攣してイってしまいました。
私がイっても容赦なく出し入れされて、奥を突かれる度にイキ続けて疲れもあって気を失ったのか寝てしましました。

目が覚めた時には、中出しされていて大量の黒人さんの精子がシーツに流れ出ていました。

他の人達も私が寝ている間に、ローションをつけて挿入していたみたいで体中舐められたのかベトベトでした。

この時点で、19時だったのでまたごはんタイム30分で、19時半から開始しました。

7人の人達は帰る気配もなく、更に4人増えて11人を相手に最終日を迎えることになりました。

順番に入れ替わって、途中2回シャワーを浴びましたが、朝方4時まで通しでえっちをしていると無理な激しい挿入はないのですが、アソコがヒリヒリしてきました。

まだ最終日の23時まで十数時間あるので、負担をかけないようにローションを多めに塗っての挿入になりました。

最終日の朝8時に、また6人来て17人になりました。

最終日の昼間の9時になって

S田さん「48時間達成です!残り14時間です!」

みんなが「おおおおお!!!」と叫んでいましたが、私はそんな元気ありませんでした。

この時点で34+S田さん+おじさん=合計36人とえっちして、挿入回数は56回だったみたいです。

まだ、えっちしてない人も何人かいたので、その人達と順番にえっちしてお昼ご飯を食べて、13時から2人増えてその人達は友達同士だったので3Pをしました。

19人の人達の中に何回も出来るという絶倫の人がいたので、22時までノンストップで出し入れされました。

残り1時間になって、黒人さんが動き出しました。

私をひょいと軽く持ち上げて立ったまま私を逆立ち状態にして抱えて、立ったままの69をさせられました。

頭を下にした状態で大きなおちんちんを口に入れて、黒人さんが腰を振るので何度も吐きそうになりながらも咥え続けました。
睡眠不足で厳しかったけど、黒人さんは私をベッドに投げ捨てると、バックの体勢で入れて来ました。

今までに体験したことない圧迫感でバックで突かれて感じまくりました。

もう3日間やり続けて、イクという感覚はなくなっていたのですが、このバックからの激しい出し入れにはイカされてしまいました。

うつ伏せでぐったりしている私の所に彼氏のタカシくんが来て、私を仰向けにして優しいキスをしてくれました。

ベッドの周りには19人の人とS田さんとおじさんもとで囲って見学していました。

大勢の人に見られながら彼氏とえっちするのは、けっこう恥かしかったのですが、タカシくんはいつものように愛撫をしてくれて挿入してくれました。

まわりでみんなが「いつもそうやってるんだ!」「生カップルのセックスか!」「プライベート感ゼロだな!」など、野次を飛ばされながら二人のえっちを楽しみました。

23時より15分早かったけど無事に62時間耐久えっちを39人と68回のセックスをしました。

23時半頃解散をして、そこからタカシくんとS田さんとおじさんとラブホに行って打ち上げしました。
おじさんとカップルみたいにイチャイチャしたり、S田さんにクンニされたり、タカシくんのおちんちんマドラーで私のお酒を作ったり、ちょっとHなお遊びしながら、お酒を飲んでおしゃべりしてタクシーで4時ごろ帰宅しました。

私は次の日の夕方まで爆睡したのですが、股関節が特に筋肉痛なのか痛めたのか痛くて、昨日まで全身だるくて全然動くことができませんでした。

もう二度とこんな無茶な企画は受けません!




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:

彼が連れてきた人が、高校の時告白された嫌いな先輩だった・・・[寝取られ]

彼が私に中出しした人の精子を口で吸いだして私に飲ませるのに異常に興奮して、またやりたいと言うので彼に掲示板で募集してもらいましたが、なかなかお相手が見つからなかったので、彼の寝取り仲間の信頼できる人を連れて来ました。

その人は私の高校の一つ上の先輩で、会った瞬間ヤバイ!と思いました。
だって・・・その先輩には高校の時告白されて断った人だから・・・

こんな偶然ってあるの?って感じで、先輩が気づいてるのかわからなかったので、私も知らないふりをしてしまいました。

私「はじめまして・・・」

先輩「どーも!古池です!」

やっぱり!古池先輩だ!!!!間違いない!!!!
古池先輩は私に気づいてないみたいだから安心しました。

当時の先輩は、陰気な雰囲気で気持ち悪い人でした。
まぁ・・今もそんな雰囲気は消えてなくて横目で私をチラチラ見られながら、3人でホテルまで歩きました。

ホテルに入ると、3人でシャワーを浴びました。
彼にも言えないし、ここはそのままやるしかないと覚悟しました。

バスタオルを巻いてベッドに寝ると、彼はソファーに座って見学で、先輩が私のバスタオルを取ってキスをしてきました。
嫌だったけど、断るに断れなくて・・・舌が入って来ても受け入れて舌を絡めました。
キスがすごくしつこくてなかなかやめてくれませんでした。

彼「キスばかりじゃなく体も舐めてあげて下さい」

それでも先輩は唾液でびちょびちょの舌を私のお口の中に入れて来て、右手で私の胸を揉みだしました。

私「揉まれるより乳首が感じます」

先輩「こう?」

乳首を指でコリコリしはじめて、私が感じてビクッとなると

先輩「かわいいね・・感じてるの?」

私「はい・・気持ちいいです」

先輩は乳首を舐めながら、たまに歯を立てたりしながら愛撫しました。
気持ち悪い人に感じさせられてる状況にどんどん気持ちが高まって来てアソコも濡れてきました。

先輩の指がアソコに触れて、割れ目をなぞるように触って来て、もっとお汁が出て来ました。

先輩「こんなに濡れやすいんだね!」

先輩は私のアソコを舐めながら、指を出し入れして私は入れてほしくてガマンできなくなってきました。

私「そのまま入れて下さい・・・」

先輩のおちんちんが私の中に生でゆっくり入って来ました。
凄く気持ちよくて、先輩の温かいおちんちんを感じながら、私の体も熱くなってきて

私「もう・・イキたい・・」

先輩は私の耳元で・・・

先輩「やっとみゅに入れることが出来たよ!」

私「気づいてたんですか?あぁぁん・・・」

先輩「当たり前だろ!」

私「古池先輩・・イカせて・・・はぁ・・・はぁ・・・ああぁぁ」

先輩は私の奥の方をズンズン突いてきて

先輩「俺もイキそう!うっ!出る!」

私「私もイクーーッ!!!」

先輩と一緒にイってしまいました。
先輩は私にキスをして「好きだよ!」とつぶやきました。

ゆっくりおちんちんを抜くと、先輩は横によけて彼がベッドに上がって来て私にキスをしました。
彼は先輩の精子が垂れて出て来てる私のアソコを舐めはじめました。

先輩は私のお汁と先輩の精子でべちょべちょになったおちんちんを私の口に近づけて来たので、喉の奥まで頬張ってジュルジュル音を立てながらしゃぶりつきました。

先輩「いい子だ!玉袋も口に入れてキレイにしな!」

私は先輩のたまたまをしゃぶって、その下に舌をはわせてお尻の穴まで舐めてあげました。

彼はジュルジュル精子を吸いだして、私に口移しで飲ませてくれました。

この瞬間が凄くやらしくて好きです^^

彼はそのまま、私に生で挿入してもう一度イカせてくれました。
彼も私の中に出してくれました。

彼の精子が入ったままの私のアソコに、もう一度先輩が挿入してきて激しく腰を振り続けました。

私「ヴッアァァ・・ちょっと・・・ヤバイ・・・あぁぁぁーーーー!」

イッた直後で太ももが痙攣して体が言うことを聞かないのに、激しくされて全身が敏感すぎて感じすぎてしました。
それでもかまわず乳首を舐めながら腰を振られて、気が付いた時には先輩は中に出して彼と一緒にソファーでタバコを吸っていました。

感じすぎて久しぶりに失神してしまったみたいです。

帰ってから彼に聞いたのですが、私は先輩にやられながらビュッビュッと失禁していたそうです。
高校生の時は気持ち悪くて凄く嫌だった先輩に失禁失神までさせられて、イカされまくった私って・・・本当に変態だと思います・・・。




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:
ランキング
お薦めブログ
ユーザータグ

寝取られ 他人棒 貸出し 調教 寝取られマゾ 性奴隷 失禁 おじさん 失神 レズ オナニー スワッピング 精子 中出し フェラ ゴックン 浮気 寸止め 童貞 元彼 変態 奴隷 お漏らし 屈辱 公衆トイレ 巨根 SM 包茎 風俗 脱糞 黒人 イクッ 淫乱 ノーパン 露出 痙攣 ノーブラ 口移し バイブ  公園 女王様 唾液 クンニ 性処理 結合部 乳首 デリヘル 先輩 奴隷市場 電マ おしっこ 漏らし 3P  生挿入 アナル 口内発射 射精 しゃぶって M女 オナニー観賞 ヨダレ 69 3P 複数 嫉妬 愛撫 お掃除フェラ 温泉 羞恥プレイ 精子吸いだし 動画 淫乱女 中出し性奴隷 3P 監禁 ぶっかけ イカせて 顔面騎乗 強姦 車内 強制 カリデカ 乱交 浴衣 ローション 手マン セックス中毒 セックス セフレ 奴隷以下 野外 相性 同伴 元カレ シコシコ M字 混浴 肛門 卑猥 ナンパ 別れ オナ マンコ Gスポット ハプニングバー SM スナック オーガズム 巨チン メイド 撮影 気絶 風俗体験  ntr 老人 おじいちゃん ペニクリ 女装 吸い出す 複数プレイ 体に塗 玩具 浮浪者 トイレ 全裸 彼氏の友達 真性包茎 恋愛 便器舐め 同級生 同窓会 短小 ホームレス 妊娠 オナ禁 寝取られ禁欲 イケメン 旅行 外人 筆下ろし 彼氏と 早漏 白人 コンビニトイレ 一泊 緊縛 飲尿 強引 窒息 遅漏 座位 雇用 69 寝取った イク ラブホ 寝取られゴックン ビチョビチョ しゃぶり 接合部 ハメ撮り 寝取られ浮気 4P 筆おろし 洗濯ばさみ 彼の友達 縛られ 拘束 濡れて 亀頭 映画館 奴隷契約 潮吹き 精子ローション 犯される 女王様をレイプ 動画撮影  クリトリス 洗濯バサミ 鉄格子 性管理 精飲 出張ホスト ポルノ 処女 イキ地獄 貞操帯 小便器 奉仕 初体験 

検索フォーム
アクセス
寝取られ動画
ブロとも申請フォーム