FC2ブログ

寝取られリンク

輪姦学校で寝取られ!
全記事表示リンク
不倫出会い
みゅの使ってるサイトです。yahooとかフリーアドレスで登録できます。 「みゅ」で検索して下さいね^^プロフ画像ツイッターと同じです。
最新記事
ツイッター
みゅのツイッターフォローしてね(≧▽≦)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ別記事一覧
アダルトグッズ
アダルトグッズのNLS
掲示板

彼と一緒に3P風俗経験(汚いお話だから注意)

彼と一緒に3Pができる風俗に行ってきました。

そこは女王様もいる風俗で、駅で待ち合わせしてホテルに入りました。

私は紙おむつを履かされて後ろ手に縛られて、彼と女王様がキス・・・おちんちんを摩られながら乳首も摘ままれて喘いでる彼を見せられました。

だんだん彼のおちんちんが勃起してきて・・・嫉妬なのか・・・ドキドキしてきて・・・見てられないから目を反らしたら、女王様に「こっちを見るんだよ!」と言われ、目を向けると彼の勃起したおちんちんをしごいていて、先からお汁がいっぱい出ていました。

彼は、女王様に落ちたのがわかりました。

失望と嫉妬で涙が出てきましたが、女王様は私にお漏らしするように命じました。

私は立ったまま後ろ手に縛られたまま、紙おむつの中に排出しました。

その時が、私も女王様に落ちた瞬間でした。

おむつの中は暖かく重くなってきました。

女王様は「大きい方もした?」と聞いてきて、「してません・・」と答えると「しないさい!」と言うので、立ったまま踏んばって出しました。

部屋は私の汚物の臭いが立ち込めて、彼は眉間にしわをよせていました。

恥ずかしさはなく、絶望的な気持ちの私に女王様は近づいてきて、おむつを脱がそうとしました。

私は「やめてください!それだけはやめて!」とお願いしたのですが、おむつを下ろされて物を彼にも見られてしまいました。

後ろ手に縛られたまま、お風呂場に連れて行かれて、シャワーで洗って頂きましたがおむつは床に置きっぱなしなので部屋の臭いは消えません。

女王様はビニールのテープを私の太ももの付け根に巻いて、電マを固定しました。

「イッても立ってなさい!」と命じられて、電マの電源を入れられました。

「ああぁぁぁあぁぁぁl!!!」小刻みに震えながら叫んでる私を無視して、女王様は彼にキスしたり、乳首を舐めたりおちんちんをしごいたりして、メロメロになった彼を私に見せつけました。

女王様は「プライベートだったら、入れさせてあげてもいいんだけどね!どお?私に入れたい?」と彼に聞くと、「はい・・・入れたいです・・・」と答えていました。

どうしょうもなくショックで、悔しいのにアソコはジンジンしてイキそうなのを我慢しました。
ここでイッたら彼が他の女性とイチャイチャしてるのを見ながらイクことになるので絶対に嫌でしたが・・・どうしても我慢できなくて

「もう・・ダメです・・・イキます!!!イクッ!!!」

ガニ股で足がガクガクして立っていられなくて膝をついてしまいました。

女王様「立ってろと言っただろ!」

私「電マを止めて下さい!あがががが・・・」

女王様「ダメ!我慢できるでしょ!そのまま見てなさい!」

女王様は立っている彼の目の前に座って、おちんちんをしゃぶりました・・・

アソコがくすぐったいのと気持ちいいのとで辛かったのですが、しゃぶられている彼から目が離せませんでした。

絶対彼はイカない!と信じながら見ていたのですが、5分も経たずに「イキます!」と言い女王様の口に出してしまいました。

女王様は彼の精子を口に入れたまま私の方に来て、電マのスイッチを切ってから口移しで彼の精子を飲ませて下さいました。

他の女性から彼の精子を口移しされて、複雑な気持ちでしたが凄く気持ちよくて大満足な風俗体験でした。

「ブロとも」お願いします




投票お願いします

彼の浮気相手の女に屈辱的にイカされた

彼氏が私以外の人と手をつないで歩いてるのを友達が見て、問い詰めるとあっさり浮気を認めました!

私もよく浮気するから1回のうわきくらいいいだろ!と言われて、彼は寝取られ願望があるから私は浮気してるのに・・・

どこの誰なのか聞くと、出会い系サイトで知り合ったS女さんでした。

ムカついて彼女に会いに行くと言うと、彼は「3Pしようよ」と言いやがった!
信じらんない!ムカツク!

というわけで、彼と一緒に彼女に会いに行きました。

一緒に私の家を出て彼女の家に行くのかなぁと思ったら、なんと!彼の家!

何なの!何で彼の家にいるの?はぁ・・許せない・・
ショックを受けたまま彼の家に行くと、彼女が出て来て驚きました!

私より年下で、露出度の高いボンテージっていう服?を着ていました。

目のやり場に困ってしまいましたが、頭に来ていたので彼の家に上がって

私「なんて格好しているの?恥かしくないの?」

彼女「全然!」

私「私の彼氏なんだけど!何でここにいるの?」

彼女「彼女がいるのは知ってるし、SMプレイだけの関係だから!」

私「じゃあ、体の関係はないの?」

彼女「それはあるよ!ないわけないじゃん!」

この彼女の堂々とした態度に私は何も言葉がでなくなってしまいました。

彼女「タカシ(彼氏)は私に苛められて大きな声出してよがってるんだよ!」

私「どんなことしてるの?」

彼女は私に近づいてきて、いきなりビンタしました!

何で私が叩かれるの???

私が怯んだのを見て、彼女は私の胸を強く揉んでキスをしていました!
何が起こったのかわからなくて、頭が真っ白になりました。

彼女「私はSMの女王様なの!あなたはMでしょ?」

私「・・・・」

彼女「言うことを聞きなさい!」

私「・・・え?」

彼女「いいから!私がこんな格好してるんだから、あなたも脱ぎなさいよ!」

私「え?何で?」

彼女「脱げって言ってるの!タカシ!あなたも手伝いなさい!」

彼が私を押さえて、彼女は私のズボンとパンツを下そうとしました。
必死に抵抗しましたが、2人がかりだったのでヒザくらいまで脱がされてしましました。

彼女は自分の掌に唾を吐いて、私のアソコに唾を塗りながらクリトリスを擦りはじめました。

私「やめて!」

彼女「感じてるんでしょ!濡れてきてるよ!」(笑いながら)

確かに・・・私はこの状況で感じてしまいました・・・。

濡れちゃいけないと思えば思うほど濡れてくるし・・・何も抵抗できなくなってしまいました。

ズボンとパンツを剥ぎ取られて、下半身を彼の浮気相手に晒されて、こんな屈辱的なことはありませんでした。更に!

彼は後ろから私の足を開いて、彼女からアソコが見える体勢にされて、彼女は私のアソコに唾を何度も吐きつけました。
唾を吐きながら・・・

彼女「タカシ!こんなマンコのどこがいいの?みゅさんだっけ?浮気相手に唾吐かれてどんな気分?」

私「・・・・・」

彼女「何とか言いなさいよ!興奮してるの?」

私「・・・・・」

彼女「なんかムカついてきた!」

彼女は私のアソコに指を入れて手マンをはじめました。

私「やめて!お願い!もういいからヤメテ!」

彼女「なにがいいの?私はあなたにムカついてるの!」

彼女は手マンをやめてくれなくて、だんだんアソコの中がふくれてきて潮を吹いてしまいました。

私「もうこれ以上ヤメテ!」

彼女「イキたい?」

私「・・・・」

彼女「言いなさい!イキたい?」

私「イクわけないでしょ!」

彼女「まだ強がるの?変態!おい!変態!彼氏の目の前で浮気相手にイカされるんだよ!」

私「ヤダ!本当にやめてよ!!」

彼女「イケ!イケ!イケ!」

私「タカシくん!助けてよ!」

彼「・・・・」

私「お願い!タカシくん!放して!お願い!イッちゃうよ!」

彼女「素直だね!イって楽になりなさい!イッたらやめてあげるから!」

私「・・・ほんと?はぁ・・はぁ・・あぁぁん・・・」

彼女「うん!ちゃんとイッたらね!ほらイケ!」

私「・・・・・クッ・・イクッ」

私は彼女に指でイカされてしまいました・・・・。

彼女は私を解放してくれて、私はイケば許してもらえると思っていましたが、抵抗や反論する気もなくなっていました。

彼女「あんたさぁ・・彼氏の浮気相手に指でイカされるってどんな気持ち?」

そう言いながら彼女は私の頬を押さえて口を開けさせて・・私の口の中に唾を吐きました・・・。
それを吐きだすと彼女はタカシくんに私を押さえつけるように言い、仰向けにされた私の顔の上にパンツを脱いでアソコを押しつけてきました。

彼女「舐めなさい!」

私は彼女のアソコを舐めました・・・。

彼女「いい子だね!コイツ上手なんだけどぉ!マンコ舐めたことあるでしょ!」

私は「はい・・・」

彼女「どお?このマンコにタカシのチンポ入れてるんだよ!」

私「・・・・はい・・・」

彼女「お前のマンコにはこれで充分だよ!」

彼女はテーブルの上にあったエアコンのリモコンを私のアソコに挿入しました。

私「ぅわっ!!ううぅぅぅ・・・」

彼女「しっかり舐めなさい!」

彼女のアソコは、ヌルヌルでやらしい味がしました。
こんな状況なのに感じて興奮しまくって、もっと過激なことを心の中で求めてしまっている私は本当に変態なのだと思います。
この頃には、彼女に対しての服従心みたいなものもあって、期待みたいなものもありました。

彼女「タカシ!ちょっとバックから入れてくれる?」

私「え?」

私の目の前で彼とえっちしはじめたのです!

さすがにこれはキツかったです。

彼は気持ち良さそうに何度も彼女を後ろから突いて、彼女も気持ち良さそうに喘ぎながら私の方を見ていました。

彼がイクと言い彼女からおちんちんを抜くと、彼女は振り返って彼のおちんちんを咥えて口の中で受け止めました。

精子を口に入れたまま私にキスをしてきて、彼の精子を私に口移ししたのです!
彼女は精子まみれの舌を絡ませて来て、彼の精子を浮気相手と一緒に味わいました。

凄くショッキングだったのですが、私は彼女に言いなりになって満足させられてしまいました。
たぶん彼は彼女との関係をこれからも続けていくと思います。

おすすめブログ
妻の寝取られブログ/

M女調教の記憶と記録





投票お願いします
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:

彼が連れてきた人が、高校の時告白された嫌いな先輩だった・・・[寝取られ]

彼が私に中出しした人の精子を口で吸いだして私に飲ませるのに異常に興奮して、またやりたいと言うので彼に掲示板で募集してもらいましたが、なかなかお相手が見つからなかったので、彼の寝取り仲間の信頼できる人を連れて来ました。

その人は私の高校の一つ上の先輩で、会った瞬間ヤバイ!と思いました。
だって・・・その先輩には高校の時告白されて断った人だから・・・

こんな偶然ってあるの?って感じで、先輩が気づいてるのかわからなかったので、私も知らないふりをしてしまいました。

私「はじめまして・・・」

先輩「どーも!古池です!」

やっぱり!古池先輩だ!!!!間違いない!!!!
古池先輩は私に気づいてないみたいだから安心しました。

当時の先輩は、陰気な雰囲気で気持ち悪い人でした。
まぁ・・今もそんな雰囲気は消えてなくて横目で私をチラチラ見られながら、3人でホテルまで歩きました。

ホテルに入ると、3人でシャワーを浴びました。
彼にも言えないし、ここはそのままやるしかないと覚悟しました。

バスタオルを巻いてベッドに寝ると、彼はソファーに座って見学で、先輩が私のバスタオルを取ってキスをしてきました。
嫌だったけど、断るに断れなくて・・・舌が入って来ても受け入れて舌を絡めました。
キスがすごくしつこくてなかなかやめてくれませんでした。

彼「キスばかりじゃなく体も舐めてあげて下さい」

それでも先輩は唾液でびちょびちょの舌を私のお口の中に入れて来て、右手で私の胸を揉みだしました。

私「揉まれるより乳首が感じます」

先輩「こう?」

乳首を指でコリコリしはじめて、私が感じてビクッとなると

先輩「かわいいね・・感じてるの?」

私「はい・・気持ちいいです」

先輩は乳首を舐めながら、たまに歯を立てたりしながら愛撫しました。
気持ち悪い人に感じさせられてる状況にどんどん気持ちが高まって来てアソコも濡れてきました。

先輩の指がアソコに触れて、割れ目をなぞるように触って来て、もっとお汁が出て来ました。

先輩「こんなに濡れやすいんだね!」

先輩は私のアソコを舐めながら、指を出し入れして私は入れてほしくてガマンできなくなってきました。

私「そのまま入れて下さい・・・」

先輩のおちんちんが私の中に生でゆっくり入って来ました。
凄く気持ちよくて、先輩の温かいおちんちんを感じながら、私の体も熱くなってきて

私「もう・・イキたい・・」

先輩は私の耳元で・・・

先輩「やっとみゅに入れることが出来たよ!」

私「気づいてたんですか?あぁぁん・・・」

先輩「当たり前だろ!」

私「古池先輩・・イカせて・・・はぁ・・・はぁ・・・ああぁぁ」

先輩は私の奥の方をズンズン突いてきて

先輩「俺もイキそう!うっ!出る!」

私「私もイクーーッ!!!」

先輩と一緒にイってしまいました。
先輩は私にキスをして「好きだよ!」とつぶやきました。

ゆっくりおちんちんを抜くと、先輩は横によけて彼がベッドに上がって来て私にキスをしました。
彼は先輩の精子が垂れて出て来てる私のアソコを舐めはじめました。

先輩は私のお汁と先輩の精子でべちょべちょになったおちんちんを私の口に近づけて来たので、喉の奥まで頬張ってジュルジュル音を立てながらしゃぶりつきました。

先輩「いい子だ!玉袋も口に入れてキレイにしな!」

私は先輩のたまたまをしゃぶって、その下に舌をはわせてお尻の穴まで舐めてあげました。

彼はジュルジュル精子を吸いだして、私に口移しで飲ませてくれました。

この瞬間が凄くやらしくて好きです^^

彼はそのまま、私に生で挿入してもう一度イカせてくれました。
彼も私の中に出してくれました。

彼の精子が入ったままの私のアソコに、もう一度先輩が挿入してきて激しく腰を振り続けました。

私「ヴッアァァ・・ちょっと・・・ヤバイ・・・あぁぁぁーーーー!」

イッた直後で太ももが痙攣して体が言うことを聞かないのに、激しくされて全身が敏感すぎて感じすぎてしました。
それでもかまわず乳首を舐めながら腰を振られて、気が付いた時には先輩は中に出して彼と一緒にソファーでタバコを吸っていました。

感じすぎて久しぶりに失神してしまったみたいです。

帰ってから彼に聞いたのですが、私は先輩にやられながらビュッビュッと失禁していたそうです。
高校生の時は気持ち悪くて凄く嫌だった先輩に失禁失神までさせられて、イカされまくった私って・・・本当に変態だと思います・・・。




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:

6人分の中出し精子を彼氏が口で吸いだして私に口移し[寝取られ]

お久しぶりです。

あいかわらずえっち三昧の日々を送っています。

彼がサイトで見つけてきた人達と会うことになって、安全日に連続中出しをすることになりました。

6人の人達には、性病検査をしてきて頂いたので、まぁ・・なんとか安心かな・・

ビジネスホテルに入ると、私がお風呂場に入って1人ずつ丁寧に洗ってさしあげました。

1人パイパンの包茎の人がいて、子供のおちんちんみたいでかわいかったです^^

ベッドの真ん中に寝て、皆さんに体を触られながら、キスや乳首やクンニを同時にされてくすぐったいのと気持ちいいのでもがきました。

パイパンの人が私の口におちんちんを入れて来たのでですが、毛が無いと舐めやすかったです。

同時に生で挿入されて、他の人はクリトリスを弄りました。

たくさんの人に姦されてるみたいで、どうにでもして!という気持ちで6人を受け入れました。

最初の人が中出しして、続けて二人目の人も中出ししました。
3人目の人の射精は、量と勢いが凄くて膣の奥に勢いよく当たるのがわかりました。

4人目はパイパンさんで、5人目の人が挿入してきた時はベッドまで精子が垂れ出していたみたいで、お尻が冷たかったです。
最後の6人目の人が中で出して6人分の精子を注いで頂きました。

6人の人達はシャワーを浴びて帰って行ったのですが、私と彼氏のタカシくんは残ってえっちをしました。

アソコに精子を入れたままなので

私「精子入ったままだよ」

タカシくん「すごくやらしいよ!」

私「吸いだして!」

冗談で言ったつもりだったのですが、タカシくんは私のアソコを舐めて精子を吸いだしてくれました。
その精子をタカシくんの口から私の口に何回かに分けて口移しで飲ませてくれました。

私「平気なの?」

タカシくん「吐き気がするよ!でもみゅのアソコに入ってるものだから大丈夫!」

タカシくんの愛を感じました^^

あとは、タカシくんのおちんちんでイカせてもらって、中出ししてもらいました。
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:

私の女王様「ユリ様」が目の前でおねだりして中出しされました

日曜日に私の女王様「ユリ様」が、S男のAさんとBさんに会うと言うのでついて行きました。

女王様vsS男2人

私はユリ様の苛められるところなんか見たくないと思いながらも、仕えてる私の目の前で苛められるユリ様に興味がありました。

合流して、ユリ様とS男の2人は無言のままホテルに入りました。

なんか・・空気が重いなぁ・・と思いましたが、部屋に入るとAさんが

Aさん「この前は自分でしてイってたな!今日も自分でするか?」

ユリ様「今日はみゅもいるし、前回みたいにはいかないよ!」

Aさん「とりあえず全員脱ごう!」

私も入れて、全員が全裸になりました。

ユリ様は胸とアソコを手で隠していましたが

Aさん「隠すなよ!」

と、ユリ様の両手を頭の上で押さえて、Bさんがユリ様の胸を舐め出しました。

ユリ様「うっ・・・」

Aさん「いきなり感じてんじゃん!」

ユリ様「感じてはいない!」

Aさん「みゅ!お前はこいつのケツの穴を舐めろ!」

私は後ろに回って、ユリ様のお尻を開いてアナルを舐めました。

ユリ様「みゅ!やめなさい!う・・・」

腰を前後に揺らしながら感じているのがわかりました。
たまにアソコも舐めながら、アナルを舐めていると、ユリ様のアナルがヒクヒクしてきて

ユリ様「ダメ!みゅ!」

なんだろ?と思ったのですが、アナルに舌をねじ込んでみたら

ぶっ!

とユリ様がオナラをしてしまいました。

顔にオナラをかけられて顔を離すと

Aさん「お前のご主人様の屁だぞ!全部吸え!」

と私の顔をユリ様のお尻に押し付けました。
私はユリ様のアナルを舐め続けて、AさんとBさんはユリ様と交互にキスをしたり乳首を舐めたりしていました。

乳首を2人に舐められているユリ様は、さっきまでの勢いはなく「はぁはぁ」と息が荒くなっていました。

気がつくとユリ様の内股は私の唾液とユリ様のお汁が垂れて、足首まで濡れていました。

Aさんはユリ様のアソコに指を入れて、いじりだしました。

ユリ様「はぁ・・・はぁ・・・あぁん・・あぁん・・」

Aさん「感じてんじゃねーよ!」

ユリ様「だったら触んな!」

Aさん「わかったよ!触んねーよ!」

指を抜かれたユリ様は

ユリ様「あっ・・うう・・・」

と自分でアソコを弄りだしました。

Aさん「続けてほしいんだろ?」

ユリ様「・・・・」

ユリ様はうなずいてAさんの乳首を舐め出しました。

Aさん「お前!よく自分の奴隷の前でそんなことできるな!ドMだろ!」

ユリ様「・・・そうかも・・・我慢できない・・・」

Aさんはユリ様をベッドに押し倒すと正常位で挿入しました。

ユリ様「あぁあぁぁぁ・・欲しかったの!これ!」

凄い乱れっぷりで喘ぎ出しました。

激しく腰を振るAさんの背中にしがみついて、ユリ様も腰を振っていました。

Aさん「中で出すぞ!」

ユリ様「ダメ!中はダメ!」

Aさんはおちんちんを抜いて

Aさん「で?」

ユリ様「もう・・・お願いします!中で出していいから・・入れて下さい!イキいたい・・」

Aさんはまた挿入して、Bさんはそれを見ながらしごいていて、ユリ様の顔に射精しました。

Bさんの精子を指ですくって、自分の口に入れているユリ様から目が離せなくなりました。

ユリ様「イクーーーーッ!気持ちいいーーーーー!」

体を反ってユリ様はイってしまいました。

その後、Aさんもユリ様の中でイって、ユリ様の中の精子を私がお口で吸いだして、ユリ様に口移しで飲ませてあげました。

帰り道のユリ様は無言で、何も話してくれませんでした。




投票お願いします

もっとえっちなブログ

みゅのおすすめブログ
THEME:SMクラブ SMプレイ | GENRE:アダルト | TAGS:
ランキング
お薦めブログ
ユーザータグ

寝取られ 他人棒 貸出し 調教 寝取られマゾ 性奴隷 失禁 おじさん 失神 レズ オナニー スワッピング 精子 中出し フェラ ゴックン 浮気 寸止め 童貞 元彼 変態 奴隷 お漏らし 屈辱 公衆トイレ 巨根 SM 包茎 風俗 脱糞 黒人 イクッ 淫乱 ノーパン 露出 痙攣 ノーブラ 口移し バイブ  公園 女王様 唾液 クンニ 性処理 結合部 乳首 デリヘル 先輩 奴隷市場 電マ おしっこ 漏らし 3P  生挿入 アナル 口内発射 射精 しゃぶって M女 オナニー観賞 ヨダレ 69 3P 複数 嫉妬 愛撫 お掃除フェラ 温泉 羞恥プレイ 精子吸いだし 動画 淫乱女 中出し性奴隷 3P 監禁 ぶっかけ イカせて 顔面騎乗 強姦 車内 強制 カリデカ 乱交 浴衣 ローション 手マン セックス中毒 セックス セフレ 奴隷以下 野外 相性 同伴 元カレ シコシコ M字 混浴 肛門 卑猥 ナンパ 別れ オナ マンコ Gスポット ハプニングバー SM スナック オーガズム 巨チン メイド 撮影 気絶 風俗体験  ntr 老人 おじいちゃん ペニクリ 女装 吸い出す 複数プレイ 体に塗 玩具 浮浪者 トイレ 全裸 彼氏の友達 真性包茎 恋愛 便器舐め 同級生 同窓会 短小 ホームレス 妊娠 オナ禁 寝取られ禁欲 イケメン 旅行 外人 筆下ろし 彼氏と 早漏 白人 コンビニトイレ 一泊 緊縛 飲尿 強引 窒息 遅漏 座位 雇用 69 寝取った イク ラブホ 寝取られゴックン ビチョビチョ しゃぶり 接合部 ハメ撮り 寝取られ浮気 4P 筆おろし 洗濯ばさみ 彼の友達 縛られ 拘束 濡れて 亀頭 映画館 奴隷契約 潮吹き 精子ローション 犯される 女王様をレイプ 動画撮影  クリトリス 洗濯バサミ 鉄格子 性管理 精飲 出張ホスト ポルノ 処女 イキ地獄 貞操帯 小便器 奉仕 初体験 

検索フォーム
アクセス
寝取られ動画
ブロとも申請フォーム