FC2ブログ

寝取られリンク

輪姦学校で寝取られ!
全記事表示リンク
不倫出会い
みゅの使ってるサイトです。yahooとかフリーアドレスで登録できます。 「みゅ」で検索して下さいね^^プロフ画像ツイッターと同じです。
最新記事
ツイッター
みゅのツイッターフォローしてね(≧▽≦)
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ別記事一覧
アダルトグッズ
アダルトグッズのNLS
掲示板

彼の目の前で3P[寝取られ]

全然更新してなかったけど、ちゃんとえっちはしていたのでまた報告します^^

まずは、彼の目の前でいっぱいイカされたお話です。

彼はお相手を探すのが下手くそなので、私が過去に関係を持っていた人を選抜して、2人に連絡を取ってみました。

ミキトモくんと、S田さんです。

※詳しくは上の名前をクリックして過去日記を読んでください。

彼は2人に会うのははじめてだったので、過去2人にどんなことをされていたのか気になってしかたがないようでした。

待ち合わせのホテルのロビーで軽くご挨拶と自己紹介をして部屋に入りました。

S田さんは私の体を熟知しているので、部屋に入るなりいきなり全裸にさせられて後ろから両乳首を指で愛撫してきました。

私「あっ・・もう立っちゃった・・・気持ちいいです・・・」

S田さん「もう濡れた?ミキトモさんチェックしてあげて下さい」

ミキトモくんは私のアソコを触って

ミキトモくん「もうびちょびちょですよ!」

濡れた指を私の目の前に差し出しました。
私は目を反らしましたが、指が口の中に押し込まれたので舐めました。

S田さん「ここ来る前から想像して濡れてたろ!」

私「だって・・・」

S田さん「だってなんだよ!」

私「二人に会うの久しぶりだし・・・彼の目の前だし・・・あぁ・・・」

S田さん「そんなに俺らに会いたかったの?」

私「・・・・」

S田さん「ん?」

私「はい・・・会いたかったです・・・」

S田さん「こうされたくて?」

S田さんは乳首をギュッと摘まみました。

私「痛い!!!」

S田さん「痛い?」

私「痛いけど・・気持ちいいです・・・」

あ・・・この感じ・・・凄く興奮しました。
太ももをお汁がつたってきているのがわかりました。

S田さん「ほらベッドに寝て、M字に股を開きな!」

私は言われるがままに足を開いて3人に見えるようにしました。

ミキトモくん「マジか!こんなに濡れるか?普通・・・」

私「もっと見て下さい・・・もっと濡らして下さい・・・」

S田さんの目の前だとなぜか大胆になれるから不思議です。

S田さん「ミキトモさん、もっと濡らしてほしいみたいですよ!」

ミキトモくんが私のアソコの目の前まで近づいてきて、ペロッと舐めてから指を入れて来ました。

私「あぁぁ・・ん・・・」

ミキトモくん「中は大変なことになってるぞ!」

私「もう中も外も熱くて・・・もっと出し入れして!」

S田さん「何おねだりしてんだよ!」

私「すみません・・・気持ち良すぎて・・・」

S田さんはまた後ろから両乳首を弄りだしました。

S田さん「とりあえず一回、彼氏さんの目の前でイッてみようか!」

S田さんは乳首を弄って、ミキトモくんはアソコを舐めながら指でGスポットを刺激しはじめました。

私「もうイクッ・・!!!あっ!!!」

お腹の中がギューーーーっとなってから一気にイク感覚が襲って来ました。
私が仰向けでガクガクなってるのを見て

S田さん「相変わらず早すぎだろ!」

私「こんなシチュエーションじゃすぐにイッちゃいますよ」

S田さん「じゃあ、今度は俺ら3人の目の前でオナでイケ!」

凄く恥ずかしかったけど、彼も見てる前でオナニーを始めました。

S田さん「マジでオナってるよ!マジか!こいつ!」

ミキトモくん「相変わらずスキモノだな!」

など罵声を浴びながら数秒で果ててしまいました。

S田さん「だから早すぎなんだよ!我慢もできないのか?」

私「すみません・・・」

S田さん「これじゃ彼氏さんも楽しめないだろうから3Pしちゃう?」

私「したいです!」

S田さんとミキトモくんも服を脱いで、シャワーも浴びずに四つん這いにされてS田さんのおちんちんを咥えながらミキトモくんがバックで挿入してくれました。

久しぶりのミキトモくんのおちんちんは、彼よりずっと気持ちよくてフェラもできないくらい感じてしまいました。

私「イクッ!イクッ!イカせて!あぁぁん・・あん・・あぁぁ・・」

ミキトモくん「イケ!ほら!イケ!彼氏の目の前で俺のチンコでイケ!」

私「イクーーーーーッ!」

凄く良くてそのままうつ伏せに倒れてしまいました。

寝たままの状態で今度はS田さんが入れて来てガンガン突いて来ました。

また気持ちよくなってきて、S田さんにもイカせて頂きました。

S田さん「彼氏さんもどうですか?」

彼も服を脱いで今度は正常位で入れてくれましたが、ミキトモくんとS田さんが良すぎて彼ではイケませんでした。

あれから毎日「あの二人とやりたい?」と聞いてくるので、そうとうショックだったのだと思います。

輪姦学校

僕の彼女を抱いて下さい




THEME:他人棒・寝取られ・貸し出し・スワップ | GENRE:アダルト | TAGS:

あさみさんとレズして、ペットのようにかわいがって頂きました[写真あるのでパスはツイッターのDMで]

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

もう欲求不満が限界・・・

前回の続き
http://netorare39.blog.fc2.com/blog-entry-239.html

もう限界です・・・ムカつく奴の寸止め地獄を8日(木)9日(金)にされて、もう火曜日・・・
今週土曜日までえっちもオナニーも禁止されてるから、何をしてても意識がアソコに行ってて、朝起きると手がパンツの中にあったり寸止めされる夢みたり・・・ノーブラで生活して乳首が服に擦れて気持ち良かったり・・・

もうえっちな妄想しかできない・・・

土曜日まで我慢するのは辛すぎます・・・

④続き→

彼氏と3Pしちゃいました

いつも寝取って頂いているS田さんと彼と3Pをする日がやってきました。
先週の日曜日の昼間でした。

彼は私が寝取られることに免疫がないからS田さんとの3Pに緊張していました。

待ち合わせ場所について、S田さんの車に乗り込んでコンビニで買い出しして某シティホテルに入りました。

S田さんは、彼の緊張を和らげるためにいろいろな話をしてくれていましたが、彼の緊張は解けません。
だから、S田さんは男同士裸になろうと言いだして、彼とS田さんは全裸になりました。
私だけ服を着ていて目のやり場に困りましたが、S田さんは彼と私のえっちが見たいと言いベッドに移動させられました。

彼は緊張で何もしてこないので、私が積極的に彼の乳首を舐めたりフェラしたりして勃起させました。
そこにS田さんが乱入してきて、下着姿になった私のパンツの横から指を入れてきました。

S田さん「もう濡れてるじゃん!」
「だって、彼と3Pだよ」
「やるんですね・・・」
S田さん「みゅちゃんのアソコ舐めて下さい。」

彼は私のパンツを脱がしてピチャピチャ舐め出しました。
第三者に私達カップルのえっちを見られるのは初めてだったのでドキドキしていつも以上に濡れているのがわかりました。

「興奮してる?ビチョビチョだよ!」
「かなりね・・・」
S田さん「もう入っちゃいそうですね!入れちゃいますか?」

彼は私の中に生で挿入してきました。
彼のおちんちんは温かくて気持ちよかったです。
S田さんは私のお口におちんちんを入れて、頭をおさえながら出し入れさせました。
彼も興奮しすぎたのか「ダメだイクッ!」と言い、3分もたずにイってしました。

お腹に出された彼の精子をS田さんは指ですくって私の口に入れて、「飲むなよ!」と言いS田さんのおちんちんをまた口に入れてきました。
ヌルヌルして気持ちいいみたいでS田さんの私のお口でイキました。
2人の精子が口に入った状態で、休憩になって2人はソファーで雑談していましたが私は精子が口に入ってるのでしゃべれません。

2人分の精子と自分の唾液で口の中が大変なことになってしまい溢れてきてコップの中に吐き出しました。
それを今度はコーヒーに入れて飲むように言われて、私の飲み物だけ精子と唾入りコーヒーになってしまいました。
コーヒーの味が濃いので飲めないことはなかったのですが、生卵の白身入りコーヒーみたいで気持ち悪かったです。

30分くらい休憩して、今度は私にアイマスクで目隠しをして2人からの愛撫です!

乳首を両方同時に舐められて、どっちが気持ちいいか(上手か)答えろと言われて、左の方が気持ちいいと言うとS田さんでした・・・。
やっちゃった・・・。

次はアソコへの愛撫です。
1人目は、指でクリトリスを優しく触って指も入って来ました。
奥まで入って来てかき混ぜられて凄く気持ちよかったです。
2人目は、指でお汁をすくってクリトリスに塗ってから激しく擦られました。

「ダメ!ダメ!気持ちいい!!!!ああああぁぁぁ・・・」

明らかに気持ちよかったのは2人目だったのですが、それもS田さんでした。

次に、目隠しの状態で挿入です。

今度こそ!彼頑張れと応援しながら受け入れました。

1人目は、ゆっくり挿入して反り返ってるおちんちんなのがわかりました。
それだけではどっちかわからなくて、突き上げるようなピストンで乳首を舐められながら突かれているとあっという間にイカされてしまいました。

2人目もゆっくり入って来て、なかなか奥まで刺してくれません。

「お願い・・・もっと奥まで・・・」

お願いしてもなかなか入れてくれなくて、しばらく入口で焦らされました。
焦らされるとどんどんお汁が溢れて来て、じゃぶじゃぶいいだした頃に奥まで刺されてイってしまいました。

どっちだろ・・・2人とも気持ちよかったんだけど、2人目かなぁ・・と答えると彼でした!
よかったぁ(≧▽≦)

S田さんは負けたのが悔しかったのか、私の髪をつかんで私のお汁でビチョビチョになったおちんちんを顔に押し付けてきました。
それをキレイにしろと言われて、彼氏の前で乱暴にフェラをさせられて、「自分のマンコ汁うまいだろ!」とか「彼氏の前で他人棒をしゃぶって淫乱すぎるだろ!」などと言われて、私も興奮して「もう一度入れて下さい。」とお願いしてしまいました。

バックで激しく生で突かれながら、彼氏のおちんちんもしゃぶりながら、「んん・・・気持ちいい・・・です・・・S田さんのおちんちん気持ちいいです!はぁぁ・・・ああああ・・・イクッ・・・またイッちゃう!」と、体が仰け反ってイってしまいました。

激しすぎて、私がぐったりしてるのにS田さんは、ホテルの販売機でバイブを買って私のアソコに激しく出し入れしました。

バイブはあまり使ったことなかったけど、想像以上に気持ち良くてGスポットを刺激されすぎて2回潮を吹いてしまいました。

彼氏の前でめちゃくちゃにされて、最後にS田さんは正常位で挿入して

S田さん「中出ししてもいい?」
「中はやめて下さい!」
S田さん「彼氏の前だから?」
「そうじゃなくて・・・」
S田さん「いつもは中に出して!おねだりしてるだろ!」
「・・・今日安全日じゃないし・・妊娠・・・・」
S田さん「俺の精子だぞ!」
「・・・・・はい・・中に出して下さい・・・」

彼氏が「ちょっと中はやめて下さい!」と言っているのも無視して、S田さんは、激しく腰を振って「イクッ!」と言いおちんちんを抜いて私のお腹に飛ばしました。

「あれ?」
S田さん「出すわけないじゃん!」

S田さん・・演技だったのか・・と思ったら

S田さん「みゅちゃんの汚いマンコに俺の精子を入れるのはもったいないから!」
「ひどい・・・」
S田さん「お前なんかに俺の子孕まれたら嫌じゃん!」
「・・・・・・・。」
S田さん「お前!自分のマンコがキレイだと思ってんの?」
「彼の前なのに・・・」
S田さん「はぁ?関係ないよ!変態女のマンコに生で入れてやってんだからありがたく思え!」
「はい・・・ありがとうございます。」

彼氏は歯を食いしばって悔しそうにS田さんを睨んでいました。
私は、S田さんに罵られて感じちゃって更にアソコが熱くなってしまいました。

「S田さん・・・私・・もう一回入れてほしいです・・・お願いします。」
「ここまで言われてなんで?」
「私の汚いマンコにS田さんのおちんちん様を入れて下さい。」
S田さん「嫌だ!」

と言い、S田さんはベッドに寝ている私におしっこをかけました。
私はそのおしっこをありがたく口で受け止めて必死に飲んで「ありがとうございます。」と言うと。彼が「みゅ・・変態すぎるよ・・」と凹んでいました。
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:

ご主人様とその友達と5P

昔、性奴隷だったことを思い出しました童貞さんとのお話です。

4年前まで性奴隷として半年間仕えた童貞さんから連絡がありました。
彼氏と別れたという私のブログを読んで連絡してくれたそうです。
新しい彼氏がいると言ったのですが「今から来い!」と言われて行ってきました。

童貞さんは38歳まで童貞で、初めての女性が私でそれから半年間性処理として私を使ってくれた人です。

お風呂に入るのが面倒な時は、私が全身を舐めて差し上げたり(よけい汚いんじゃないか?)、童貞さんが寝付くまでフェラしたり、おしっこした後は私がお口でキレイにしたり、ご飯は床で這って食べるのはもちろん!家の中では常に全裸で童貞さんがテレビを見るときは肘掛になったり、ほとんど毎晩お股を使って頂いてました。

このタイミングで呼び出すということは、また私を飼おうとしてるのか、ちょっと不安だったのですがお家に行くと、童貞さんのお友達3人もいて家飲みをしていました。

童貞さん「みゅは何飲む?」
私「飲み会ですか?」
童貞さん「女っけがないから来てもらったの」
私「そうだったんだ・・・」
童貞さん「何か期待した?」
私「いや・・・彼氏できたら・・・」
童貞さん「大丈夫だよ!期待してたなら別だけど・・・」
私「まぁ・・ちょっとはあるかな・・・と・・」
童貞さん「まったく考えてなかったけど、期待してたなら申し訳ないから取り合えず下着になりな」

やっぱり童貞さんに飼われてたせいか、命令されると嬉しくなっちゃって直ぐに下着になりました。
お友達はビックリしてて、童貞さんも得意気になって「コイツは俺の言うこと何でも聞くから!してほしいこと言って!」なんて言ってました。

飲み会に参加して10分くらいしてから、お友達の一人が「何でも言うこと聞くの?」と聞いて来たので「○○さん(童貞さん)の言うことなら・・・」と答えると「俺の性処理もしてくれる?」と言い、さすがに童貞さんも「嫌だよ!俺の奴隷なんだからやらせないよ!」と言ってくれました。
そしたら、「じゃあ、俺らの前で○○(童貞さん)とやれるの?」と聞かれ、「言われれば・・・」

そんな流れで、童貞さんからフェラするように命令されました。
私は童貞さんのチャックを下しておちんちんを出して、土下座して「しゃぶらせて頂きます」と言いフェラをしました。
その行為にお友達は驚いて「こんな子いるんだ!すげー!いいなぁー!」と関心していました。
気分を良くしたのか童貞さんが「これでオナれ!」とビンビールを渡して来たので、ビンを舐めて濡らしてから、パンツの横から出し入れをしました。
それを見ながら4人はお酒を飲んでいましたが、童貞さんがトイレに行った瞬間に一人が私の横にきてビンを取り上げて私のアソコを触ろうとしました。ヤバイと思って抵抗したら他の二人が私を押さえつけてブラジャーとパンツを取られてしまいました。
全裸にされて乱暴におっぱいをもまれて、アソコにも指が入って来ました。

そこに童貞さんが帰って来て「何やってんだよ!やめろ!」と割って入ってくれたのでやめてもらえましたが、最初に襲ってきた人が「目の前でオナってんの見せられてガマンできねーよ」と言い、童貞さんも「そりゃそうだ!どうしてもやりたかったら条件をクリアしたらね」と、全裸の私を一人ずつ愛撫して5分以内に私がイッたら挿入していいという条件を出されました。

一人目の人が、私のアソコをいきなり舐め出して同時に指を入れてきました。
凄く雑で全然気持ち良くないし、指が少し痛かったので舌だけにしてもらったのですが全然感じませんでした。
2人目の人は乳首から優しく舐めて脇も舐めて上手に愛撫してくれました。
でも最初の人が雑すぎて私の気分が乗らなくて5分では無理でした。
3人目の人も同じで全然感じなくてイケませんでした。

童貞さん「全然だめじゃん!」
最初の人「コイツがマグロなんだよ!」
童貞さん「そんなことない!逆に感度いいほうだよ!」

などと、得意気に言っていましたが、童貞さんは女性を私しか知らないんですよね・・・。
でも、私のことなら何でも知ってる人なので「こうやるんだよ!」と私のアゴをおさえて口の中にを吐きました。

私「おいしいです。もっと下さい。」
童貞さん「俺の体液が大好物だもんな!」
私「はい!」

童貞さんは私に何度もを飲ませて下さいました。
飲まされてるうちにどんどん気持ちが高まって来て、無意識にアソコをいじってしまっていたら、「勝手にオナってんじゃねーよ!他の体液も飲ませてやる!」と勃起したおちんちんを顔に近づけて来たので、先端に光るお汁を舌ですくって味わいました。

童貞さん「M字に開いてアソコも開け」
私「はい」

M字でアソコを指で開きました。
童貞さんは私のアソコを流れるお汁をスプーンですくって私に飲ませて、自分の先走りのお汁と私のお汁を混ぜて、また飲ませて電マを出してきて押し当てられました。

電マの刺激に弱いので・・・

私「はぁはぁ・・・もうイキそう・・・」
童貞さん「早いだろ!我慢しろ!」
私「はい・・でも・・あぁぁぁあーー!無理!イクッ!」

10秒ももたずにイってしまいました。

童貞さん「もうイッちゃったの?じゃあ、入れてやるよ!」
私「下さい!早くぅ~」

童貞さんは、パンパンになったおちんちんを正常位で一気に奥まで入れてゆっくりピストンします。
奥に当たって、またイキそうになったら

童貞さん「ヤバッ!俺がもうイきそう!」
私「中に出して!お願いします!」
童貞さん「いや!今日は口に出す!」

童貞さんは激しく動いたあと私のお口におちんちんを入れて大量の精子を発射しました。

ティッシュに吐き出そうとしたら「俺の体液だぞ!」と言うのでゴックンさせて頂きました。
童貞さんのおちんちんもべちょべちょになってしまったので、お口でキレイにしてあげました。

その後、飲み会が再開して、1時間くらいしたら童貞さんともう一人が寝てしまって、お友達2人と私の3人になってしまいました。
まぁ、そうなれば、ガマンしていた2人も襲いかかって来ます。
ちょっと期待していた展開だったので、嫌がるふりをしながらも2人のおちんちんを交互にしゃぶって、さすがに生で挿入されるのは嫌だったのでお口でイって頂きました。

夜中にお家に帰ると彼が起きていて「どこ行ってたの?」と聞かれて、一部始終を話しました。
彼はまたまた凹んでいましたが「お風呂に行ってキレイにしてこい!」と言うだけで許してくれました。
THEME:えっちな体験談・告白 | GENRE:アダルト | TAGS:
ランキング
お薦めブログ
ユーザータグ

寝取られ 他人棒 貸出し 調教 寝取られマゾ 性奴隷 失禁 おじさん 失神 レズ オナニー スワッピング 精子 中出し フェラ ゴックン 浮気 寸止め 童貞 元彼 変態 奴隷 お漏らし 屈辱 公衆トイレ 巨根 SM 包茎 風俗 脱糞 黒人 イクッ 淫乱 ノーパン 露出 痙攣 ノーブラ 口移し バイブ  公園 女王様 唾液 クンニ 性処理 結合部 乳首 デリヘル 先輩 奴隷市場 電マ おしっこ 漏らし 3P  生挿入 アナル 口内発射 射精 しゃぶって M女 オナニー観賞 ヨダレ 69 3P 複数 嫉妬 愛撫 お掃除フェラ 温泉 羞恥プレイ 精子吸いだし 動画 淫乱女 中出し性奴隷 3P 監禁 ぶっかけ イカせて 顔面騎乗 強姦 車内 強制 カリデカ 乱交 浴衣 ローション 手マン セックス中毒 セックス セフレ 奴隷以下 野外 相性 同伴 元カレ シコシコ M字 混浴 肛門 卑猥 ナンパ 別れ オナ マンコ Gスポット ハプニングバー SM スナック オーガズム 巨チン メイド 撮影 気絶 風俗体験  ntr 老人 おじいちゃん ペニクリ 女装 吸い出す 複数プレイ 体に塗 玩具 浮浪者 トイレ 全裸 彼氏の友達 真性包茎 恋愛 便器舐め 同級生 同窓会 短小 ホームレス 妊娠 オナ禁 寝取られ禁欲 イケメン 旅行 外人 筆下ろし 彼氏と 早漏 白人 コンビニトイレ 一泊 緊縛 飲尿 強引 窒息 遅漏 座位 雇用 69 寝取った イク ラブホ 寝取られゴックン ビチョビチョ しゃぶり 接合部 ハメ撮り 寝取られ浮気 4P 筆おろし 洗濯ばさみ 彼の友達 縛られ 拘束 濡れて 亀頭 映画館 奴隷契約 潮吹き 精子ローション 犯される 女王様をレイプ 動画撮影  クリトリス 洗濯バサミ 鉄格子 性管理 精飲 出張ホスト ポルノ 処女 イキ地獄 貞操帯 小便器 奉仕 初体験 

検索フォーム
アクセス
寝取られ動画
ブロとも申請フォーム