FC2ブログ

職場の気になる人!中野さんと初えっちしました

明けましておめでとうございます。

今年もいっぱいえっちするのでよろしくお願いします!

仕事始めに職場の気になる人中野さんと会っていきなり前回のブログのこと言われました。

中野さん「たけるって人と・・」

私「あ・・・年末ね・・・」

中野さん「ブログ読んで興奮したよ」

私「引いたでしょ?」

中野さん「聞いてたから引きはしなかったけど過激すぎてビビったよ」

私「別れる?」

中野さん「いや!別れない!もう!彼氏にも気を使わない!俺ともしよう!」

私「はい!」

中野さんは、何かを決断したかのように言い切りました。

その日の仕事終わりに中野さんと初めてホテルに行きました。

なんかお互いに決まづくて最初無言でしたが、一緒にお風呂に入ることにしました。

中野さんの前で裸になるのは少し恥ずかしかったけど、2人でお風呂に入って中野さんの体を洗ってあげました。

洗っていたらおちんちんが大きくなってしまったのでパクッとしちゃいました。



中野さんは前かがみになって私の頭を押さえていましたが、気持ちよさそうな声を出してくれました。
先からお汁もいっぱい出て来たので、私も我慢できなくなったのでお風呂を出てすぐにベッドに入りました。

中野さんがもじもじしてて、なかなかベッドに入って来ませんでした。

私「どうしたの?」

中野さん「いや・・」

私「気が変わった?」

中野さん「そうじゃなくて・・・みゅちゃんは経験豊富だから俺で満足してもえるかなぁ・・・と・・・」

私「んんんんん!!!!どうせ私はヤリマンだからね!」

中野さん「ごめん!ごめん!そういう意味じゃなくて、下手って思われたら嫌われちゃうかなぁ・・と・・・」

私「そんなの気にしないで来て!」

中野さんがベッドに入って来てキスをしました。

ここから辛口評価を書きます。

まぁまぁキスは普通ですね!

乳首の舐め方やアソコの舐め方も普通でした。
でも、気持ちよかったですよ^^

私も責めにまわって、乳首やおちんちんをペロペロしました。

普通のカップルえっちなので、逆に新鮮でした。

私はドMなので、受けの中野さんじゃ満足できないかな?とも少し思っていたのですが、挿入されたらめっちゃ入れ方がやさしくて気持ちいい!!

奥の感じる部分にツンツン当たるのが良くて、すぐにイッてしまいました。
まあ、私は本命の彼氏以外なら誰としてもイクんですけどね^^;

中野さんが気にしてるほどヘタではなかったし、またしたいと思いました。

普段がハードなえっちなので、やさしいえっちが幸せを感じました。

このブロブを中野さんが読んでビックリすると思いますが、中野さんとしたあと・・3Pの予定があったのでやってきたので次の日記で書きますね。

輪姦学校

アダルトグッズのNLS

30代人妻動画

19歳?たけるくんに失神するほどイカされました[寝取られ]

一昨日書いた日記http://netorare39.blog.fc2.com/blog-entry-275.htmlの上田さんから呼び出されてさっきまで会っていました。

上田さんの他に19歳の男の子!たけるくん!

マジか!と思いましたが、年上の女性に興味があるというので、お話だけでもと思ったのですが、上田さんが少し強引に私を脱がせてすることに!

ちなみにたけるくんは彼女もいるそうで、ただ年上の女性としてみたいと言っていました。

まぁ・・19歳で社会人ということですることになったのですが、いちいち「こうですか?」「ここ気持ちいいですか?」「痛くないですが?」など質問責め!

私も「もっと舌先で・・」とか「吸って!」などと要望を伝えながらはじまりました。

ところが、たけるくんのやさしい指使いや舌使いでどんどん気持ちよくなってきて、気づくと思いっきり喘いでいました。

私「凄く気持いいよ!そう・・そこ・・ああぁん!もっと・・クリも舐めてぇ!いいいい!!!!」

たけるくん「僕のも舐めて下さい」

たけるくんはパンツを脱いで私の顔にまたがりました。
なんと!パイパン!脱毛しているそうで超キレイなおちんちんに見とれてしまいました。
たけるくんのツルツルおちんちんを舐め舐めしながら69をして、舌と指で2回もイカされてしまいました。

私「ちょっと上手すぎない?」

たけるくん「そうですか?僕も気持ちいいですよ!もっと気持ちよくなってください!」

と言い片手で乳首を触りながら、舌でクリをやさしく舐めて、もう片方の手でアソコの中を愛撫してきます。

ツルツルのおちんちんが凄く気持よくて根元を舐めたり竿部分を舐めたりいろいろな角度で舐め回してしまいました。

私「もう・・入れてほしい・・はぁはぁ・・」

たけるくん「騎乗位バックでもいいですか?」

私「はい・・・」

今度は私が上になって、騎乗位バックで挿入しました。

私「はぁぁ・・・いい・・・スルッと入っちゃった・・・あぁぁん・・あん・・ぁぁぁあああ・・・気持ちいいよぉ・・」

急に口調が変わって

たけるくん「もっと擦りつけるようにして!」

私は奥まで入れて腰を前後に擦りつけるように動きました。

たけるくん「どお?いい?」

私「うん・・・凄くいいです!奥に当る・・あぁぁぁぁあああああああ!!!!!」

たけるくんは私のお尻をパチンと叩きながら

たけるくん「イケ!早くイケ!この変態メス豚!」



私「あぁぁ!!!イクッ!イキます!!!ううう・・・イクッ!!!!」

ドSな口調に反応してイカされてしまいました。

私は前のめりに倒れて体の痙攣が収まりませんでした。

動けない私を仰向けにして、今度は正常位で生挿入してゆっくり奥まで出し入れしてきます。

私「もう・・ダメ・・・なんで・・・はぁはぁ・・ああん・・なんで・・こんなに上手なの・・・またイキそう・・・」

たけるくん「我慢しろ!まだイクな!」

私「無理・・我慢できない・・・」

たけるくん「できないじゃないだろ!できませんだろ!あ?」

私「ごめんなさい・・あぁぁぁぁぁぁあああああ・・・我慢できません・・・・ああぁああああ!!」

ドS口調が私の興奮をMAXにして、そこで意識がもうろうとして、あまりよく覚えていませんが、何度がイカされたと思います。

失神に近い状態の私に・・

たけるくん「中で出すぞ!」

私「はい・・お願いします・・・」

たけるくんは私の中に濃い精子を大量に流し込みました。

おちんちんを抜いて指を入れて来ました。

私「キャッ!」

指で精子をかき出して私の口に入れて来たので、指ごと舐めてゴックンしました。

後で上田さんに聞いたのですが、たけるくんは若く見えますが25歳で、調教師のおじさんのことろでイベントに参加しているベテランさんだったようです。

久しぶりに失神するほど感じさせて頂いて感謝です。

おじ様2人に中出しされて彼が精子を口で吸いだしてくれました[寝取られ]

今年最後のプレイに行って来ました。

彼も同伴で調教師のおじさんの知り合いの変態おじさん2人とです。

一人は57歳の田代さん、もう一人は46歳の上田さんという寝取り大好きな人達でした。

ホテルに入るなり私を下着姿にして、田代さんにキスをされながら、上田さんにパンツの上からアソコを舐め回されました。

唾液と私のお汁でパンツは濡れてしまいました。

田代さんにブラジャーを外されて、乳首を舐めながら口に指を入れられました。

上田さんはパンツをずらして、濡れたアソコを舐めながら指を入れて来ました。

私「もう・・ダメ・・・気持ちよすぎる・・・あぁぁぁ」

彼は最初ソファーに座って見ていましたが、近づいてきてアソコを舐められている所を凝視していました。

私「ダメ・・イクッ!あぁぁぁぁ!イクーーーーーッ!」

上田さんの舌と指でイカされました。

田代さんはおちんちんを出して私の顔の前に近づけて来たので舌を伸ばして舐めました。
先からヌルヌルした生ぬるいお汁が出ていたのですすりました。

田代さんのものをフェラしながら、上田さんが生で挿入してきて奥に当たりました。

私「あぁッ!そこ!そこ!イクッ!!」

ピンポイントで感じる部分に当って入れられただけでイキそうになりました。

上田さんはそこを突いてきてあっという間にイカされてしまいました。

私「イッた!ごめん!イカされちゃった!止まって!止まって!感じすぎる!」

それでも上田さんはやめてくれません。

私「ちょっと!おかしくなっちゃう・・1回止まって下さい!!ダメーーー!」

上田さん「もう1回イッたら止まってあげるよ」

私「あぁぁ!!!感じすぎる!!!!ダメーーーーー!」

上田さんは容赦なく突いて来ました。

田代さんは私の顔にまたがって玉を顔に押し付けて来たので口に含みました。

彼は真横で私が責められてるのを見ていました。

私「またイクッ!!イッちゃいます!!!!」

はじまって数分で3回もイカされてしまいました。

上田さんは勢いよくおちんちんを抜きました。

私「あっ!あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!イクーーーーーー!」

おちんちんを抜かれた余韻なのか、入っていないのにイッてしまいました。

田代さん「ちんぽ入ってないのにイッちゃったの?」

私「あぁぁ・・はい・・あぁぁぁ・・・はぁはぁ・・・」

次に田代さんがバックでおちんちんを入れて来ました。

そこに彼がおちんちんを出して私の前に来たので、彼のをフェラしました。

普段彼が混じることはないのですが、いつもと違う私に興奮してくれたのかな?
なんか嬉しかったです^^

彼のを咥えながら田代さんにバックで突かれているのって凄くやらしくて、またイキそうになってしまいました。

私「またイキそうです!あぁぁん・・イクッ!イクッ!イクッ!」

いつもはバックでイクことはあまりないのにバックでもイケました。

私「イクッーーーーーー!イッた!イキました!あぁん・・あぁ・・」

上田さん「かなりイキやすい子なんですか?」

彼「イキやすいけど、ここまでじゃないですよ」

私「彼のも欲しい・・」

彼が正常位で入れてくれました。

私「気持いい!!キスして!」

彼とキスしながらえっち!それを初対面の人達に見られてることに凄く興奮しました。

やっぱり彼でイクことはなかったけど気持よかったです。

上田さんに交代して、またピンポイントで気持ちいい所を突かれてすぐにイッてしまいました。

私「はぁ・・はぁ・・イキすぎて・・・」

上田さん「中に出しますよ!」

彼「お願いします!」

私「奥にいっぱい出して!あぁぁん!」

上田さん「イクよ!ん・・・」

上田さんのおちんちんが脈打って精子を流し込んでいるのがわかりました。

中出し直後に今度は田代さんも正常位で挿入してきました。

上田さんの精子をかき混ぜるように突いてきて、上田さんは精子と私のお汁でベトベトのおちんちんを口に押し込んできました。
凄くやらしい味がしました。

田代さんも中に出すと言いドクドクと私の中に注ぎ込んできました。

田代さんのおちんちんも口でキレイにして終わりかと思ったら

田代さん「彼氏さん!彼女の中に精子が入ってるから出してあげないとだね」

彼「え?」

田代さん「吸いだしてあげた方がいいよ!」

彼は私のアソコに口をつけて吸いながら、舌で一生懸命かき出していました。

それがめちゃくちゃ気持ちよくて、彼の舌でイキそうになってしまいました。

輪姦学校

アダルトグッズのNLS

不倫の事情


30代人妻動画

彼氏以外の人を本気で好きになったかも・・・

前回の日記http://netorare39.blog.fc2.com/blog-entry-273.html

職場でちょっと気になりかけた人、中野さんとのその後です。

セクハラばかりだった中野さんに彼氏がいることを伝えてから、凄く優しくなって職場の他の人達も「何かあったの?」とか聞いてくるようになりました。

実は・・・彼氏にも、職場の人達にも内緒なのですが・・・

まあ・・この日記を彼氏に読まれたらバレちゃうんですけど、中野さんがどうしても私のことが気になってしかたがないと言って来て、彼氏がいてもいいから付き合ってほしいと言われました。

さすがに彼氏に報告しないとと思ったのですが、今までしてきた寝取られとは違って、本気の恋愛なのと何か彼には言いだしにくくて、断ればよかったのですが断れない私もいて・・・OKしてしまいました。

年末で仕事も忙しいし2人で会える時間もないから、付き合うって言葉だけなので特に付き合ってる感じもなかったのですが、昨日残業で2人っきりに・・・

中野さん「やっと二人っきりになれたね」

私「そうですね」

中野さん「少し休憩しようよ」

私「これから夜のお仕事もあるから、早く仕事終わらせて帰らないと・・・」

中野さん「そっか・・そうだよね・・・ごめん・・今やってる分が終わったら帰っていいよ!あとはやっとくから」

なんか・・中野さんが純粋でかわいく見えて来ちゃって、席を立って中野さんの隣に座って少しお話をしました。

中野さんは話をしながらも仕事を続けていて、本当に真面目な人なんだなぁと感心しました。

今まで私が付き合って来た人は、調教師だったり、私を家畜のように飼う変態だったり、寝取られ趣味の人ばかりだったから、よけいに輝いてみえました。

私「中野さん、私のこと少し話すね」

中野さん「うん」

私「私のことどう思ってるかわからないけど、たぶん中野さんが思ってるような人間じゃないよ」

中野さん「まぁ、人それぞれ、いろいろあるから」

私「これを聞いたらドン引きして付き合うのやめるって言いだすと思うけど、聞いてほしいの・・・」

中野さん「怖いなぁ・・・」

私「私、彼氏はいるけど他にいろいろな人と体の関係もあるんだぁ」

中野さんはキーボートを打つ手をやめて、私の方を見ました。

中野さん「どういうこと?」

私「説明しても理解できないかもしれないけど、彼が寝取られ趣味があって彼氏の目の前で他人とさせられてるの」

中野さん「みゅちゃんは、それが嫌なの?」

私「私はすごくエッチが好きでドMだから、それが趣味みたいなものなんだぁ」

中野さん「・・・・」

私「ごめんなさい・・中野さんがあまりに私のしてきたことと真逆の人だから、隠してるのが辛くて言って嫌われた方が楽かなと思って話したんだけど・・・傷つけちゃったよね・・・ごめんなさい・・でも、それが私だから・・・」

中野さんに嫌われたと思ったのですが、急に笑い出して

中野さん「マジか!!!そうなんだ!!!ビックリしたけど聞けて良かったよ!」

私「怒らないの?」

中野さん「何でだよ!いや~みゅちゃんって純粋そうに見えたから、ずっと気を使ってたんだよ!」

私「私が純粋?」

中野さん「そう!そう見えるよ!嫌われたくなかったから、どう接していいかわからなくて悩んでたんだよ!」

セクハラしてきてた頃の中野さんのテンションに戻っていました。

私「そっちが本性?実は真面目な人かと思って私も気を使ってたの!」

中野さん「みゅちゃんのことは本気で好きだよ!だからこれからも大切にしたいって気持ちは変わらないけど、俺ってスケベじゃん!」

私「セクハラ男だしね!」

中野さん「そっか!みゅちゃん変態なんだぁ!」

私「それ禁句!ダメ!」

中野さん「何が?」

私「変態って言われると反応しちゃうの」

中野さん「そこまで調教されてるんだ!彼氏が羨ましいなぁ!他の人とセックスしてるのは嫉妬しちゃうけどエッチな子は大好きだよ!」

私「私と別れないの?」

中野さん「別れるわけないじゃん!」

私「これからも彼氏に言われれば他の人とえっちしに行くよ」

中野さん「それはキツイけど、それもみゅちゃんなら受け入れるよ!俺も寝取られに興奮するようになるかも!」

私「無理はしないでね!いつでも別れるって言っていいからね」

中野さん「わかった!限界がきたら言うよ!」

中野さんに限界が来たら言うと言われた瞬間、この人に嫌われたくないと思い胸がギューーッと苦しくなりました。

本気で好きになってしまったのかもしれません。

輪姦学校

アダルトグッズのNLS

不倫の事情

30代人妻動画

会社でちょっと気になる人が出来ちゃいました

前回の日記で奴が人を集められなかったので、中止になってホッとしました。

でもね。

先週末、ちょっと心境の変化があったので書きますね。

私は飲み屋さんで接客業をしているのですが、9月から昼間も運送会社の事務のお仕事も始めたんです。

昼間のお仕事で、まぁ・・ちょっとしたセクハラっぽいことをしてくる沖野さんという人がいて、最初はあまり気にしてなかったのですが、11月中頃から残業も多くなって沖野さんと一緒の時間も増えて、先週の土曜日に沖野さんと残業をしていたら、いつものように「やらせてよ」とか「俺と二人でいるとムラムラする?」とか言ってきて軽くあしらってたんですけど、急に真面目な顔で「彼氏いるの?」と聞いて来ました。

私「いますよ」

沖野さん「マジで?そっか・・・」

私「・・・・」

沖野さん「いつも冗談で口説いたりしてたじゃん」

私「そうですね」

沖野さん「ちょっとさぁ・・マジだったんだよね・・」

私「・・・・」

そこからしばらく無言で仕事を続けていましたが、なんか気まずくなって

私「ちょっと!冗談でしょ?」

沖野さん「・・・・」

私「ねぇ!調子狂っちゃうじゃないですか!無言はやめて下さいよ!」

沖野さん「ショックで・・」

私「本気ですか?」

沖野さん「マジ!最初はからかってたんだけど、ふとした瞬間に君のこと思い出すようになって頭から離れないんだよ」

私「それも冗談でしょ?」

沖野さん「そうだね・・冗談だよ・・」

うわぁ・・ヤバイ雰囲気・・と思ったら・・

沖野さん「どうかなぁ・・一回でいいからデートしてくれないかなぁ?」

仕事しずらくなるのも嫌だったので、翌日の日曜日は休みだったので付き合うことにしました。

彼には内緒で朝待ち合わせして、沖野さんの車で埼玉の某動物園に行きました。

動物園は凄く久しぶりで結構テンション上がりました!
そこの動物園は遊園地もついてて楽しかったです。
沖野さんのセクハラもなくて、いろいろ気づかってくれていい人でした。

食事をして家まで送ってくれて『あれ?何もないの?』と思って

私「今日はありがとうございました」

沖野さん「1日付き合ってくれてありがとう」

私「口説かれたりするのかと思ったら全然でしたね」

沖野さん「いや・・彼氏いるのに悪いじゃん」

今まで会社で下ネタばかりだったから、沖野さんの素がこっちなのかな?と思ったらキュンとしてしまいました。

あれから2日たって、会社でも凄く優しくて気づくと沖野さんの行動を目で追ってしまいます。

好きになったとかではないと思いますが、なぜか彼には報告できないでいます。

なんか不思議な気持ちです。

寸止め地獄を受けるはずが中出しになってしまいました。結合部舐め[寝取られ]

前回の日記、公衆トイレで11人に挿入されてイクなと言われていたのに何度もイカされてしまった罰として、私が大嫌いな奴に寸止めされる企画をやらされました。

奴にはじめて寸止めされた時の日記
http://netorare39.blog.fc2.com/blog-entry-238.html

公衆トイレの件を話して、奴に協力してもらうセッティングまでやらされるのは屈辱でした。
彼のとなりで奴に電話しました。

私「公衆トイレで11人とえっちして、イクなと言われたのにイッちゃった罰で寸止めされて来いと言われました」

奴「相変わらず面白い事やってるね~ちょっと彼氏と話せる?」

私は彼に電話をかわって、彼と奴が何か打ち合わせをしていました。

翌週、奴に会う日が来て彼も一緒に都内のシティホテルに行きました。


ロビーで奴と一緒に、先日の公衆トイレで3人目に入って来た30代のキスが上手で私をイカせた人が待っていました。

私と3人目の人と、奴と彼の4人で部屋に入りました。

私だけシャワーを浴びてプレイはスタートしました。

奴が私と彼の普段のえっちが見たいと言うので、彼といつも通りの感じでえっちをはじめました。
彼が仰向けで、キスからはじまって、彼の乳首を念入りに舐めて、タマタマも口に含んで舌で転がして、フェラといつも通りに進みました。
私が騎乗位で挿入してえっちは普通に進みましたが、プライベートを他人に見られるのって凄く恥ずかしかったです。

そこに30代の人が騎乗位で動いてる私の顔の前におちんちんを出してきたので、彼に下から突かれながらフェラしました。

奴はそれを楽しそうに見ていましたが

奴「彼氏のちんこじゃイケないだろ?次はこっちの人とやれよ!」

30代の人は私をベッドに寝かせてキスをしてきました。

なんだろ・・やっぱりキスが気持ちいい・・・舌が柔らかくて彼より全然いい・・
そのまま、キスをしながら正常位で生挿入して頂きました。

彼のおちんちんとは全然違って凄く気持いい!

奴は彼に愛撫をするように命じて、彼はクリトリスを指で触って来ました。

奴「指より舌の方がいいんじゃないですか?」

彼「マジで?」

私「舌がいい!」

彼は30代の人の入ってる私のアソコに横から顔を近づけて、結合部を舐めはじめました。

これは超超気持ちいい!!!!!!

私「ぅわっ!イイ!!凄く気持いいよ!!」

彼の唾液が結合部に流れてヌチャヌチャとやらしい音が聞こえてきました。

私「やらしい!!おかしくなっちゃうぅ!!!」

その時私が仰け反ったので、30代の人のおちんちんが抜けて彼の顔にあたったみたいです。

奴「抜けちゃったから舐めて入れなおしてあげて下さいよ」

彼は私のアソコを舐めようとしました。

奴「マ〇コじゃないですよ!チ〇コの方ですよ!」

彼は30代の人のおちんちんを口に入れて出し入れしていました。
さっきまで私の中に入っていた他人棒を咥えながら、彼のおちんちんがギンギンに勃起しているのが見えました。

奴「何勃起してるんですか?あなたより彼女を感じさせてたチンコを舐めて興奮してるんですか?マジ変態ですね!」

彼は30代の人のおちんちんを握って私の中に押し込んできました。

私「もう・・ダメ!イクッ!!」

その瞬間おちんちんは抜かれてしまいました。

そうだ・・・今日は寸止めだったんだと思い出しました。

奴も入れたいと言うので、フェラして大きくしてから騎乗位で生で入れました。

下からガンガン突いてきて、あまりに激しすぎて気持ちよくないから抜いて、30代の人にまた入れてもらいました。

奴はプライドが高いから、ムカついたのか枕のカバーを取って私を起こして後ろ手に縛りました。

枕カバーだから簡単に抜けそうだったけど、そのままされるがままにしました。

後ろ手に縛られたまま立った状態で前かがみにされて、奴にバックで挿入されました。
全然気持ちよくなかったけど、奴は私の中に射精してしまいました。

30代の人は奴が中出しした後は入れたくないと言い帰ってしまいました。

彼と奴だけ残ってしまって、彼や奴じゃイケないから寸止めできないので、後日改めて人を集めてやることになりました。
奴からの命令で、奴の精子を入れたまま帰ることに・・・
そして、次回会うまでアソコを洗ってはいけないと言われました。

次にいつ会うかわからないのに、その日まで精子を入れたままと言われたので頑張りました。

続きは、また近々書きますね。

私達カップルの妄想^^)ノ超変態カップルだなぁと思いますw


家畜奴隷夫婦の飼育記録

私達カップルの今1番やりたいことは「家畜奴隷飼育生活」です!

シチュエーションを妄想ばかりして、二人で「こんなことされたくない?」「あんなことは?」なんて話して盛り上がってます。

例えば・・・

私達カップルを調教してくれるカップルまたはご夫婦に飼われて、旦那さんや奥さんの性処理を私達二人でするとか、彼は正座して見ているだけで、私がご夫婦に責めてもらうとか、その逆もいいですね!彼が奥さんの舐め犬とか!!
旦那さんに中出しして頂いて彼が口で吸いだすとか!私のお汁で汚れた旦那さんのおちんちんを彼が口でお掃除するとか!
考えるだけで興奮します。

彼の妄想は、ご夫婦の奉仕は私がして、彼は私より下で私を奉仕するみたいなのがしてみたいそうです。

実際はそんなこと難しいと思いますが、↓こんな動画を二人で見ながら相互オナニーをしている変態カップルです^^;







公衆トイレに彼と一緒に入って11人の人達に順番に挿入して頂きました[寝取られ]

寒くなってきましたがやりましたよ!公衆トイレ企画!
前みたいに20人以上ではないけど、まぁまぁの11人でした。

今回の条件は
・生挿入OK外出し
・性病検査
・私はイッてはいけない
だけでした。

調教師のおじさんが募集した人達が集まりました。
今回は彼も個室トイレに入るので、広めの個室になりました。
彼も全裸で便座に座って私と他の人との行為を見て頂きます。

私と彼は全裸にコートを羽織って1人目を待ちます。
ドアを5回ノックするのが合図で、しばらく待っていると5回ノックされたので鍵を開けて入って頂きました。

1人目は20代半ばくらいの人でした。
見たことある人だったので、過去のこの企画にも参加された方かもしれません。

その人は彼に「いただきます」と挨拶をしてズボンとパンツを同時に足首まで下ろしました。
私は便座に座っている彼の膝の上に座って、半立ちのおちんちんをしごきながら咥えました。
見る見るうちに口の中で大きくなってきて、イキそうと言うので彼の方に両手をついて、バックで挿入して頂きました。
目の前で彼が血走った目で私の喘いでる姿を見ていました。
それに興奮して彼にキスをしたら、フェラしたばかりのキスに抵抗があったのか「うっ」と声を出していました。
それが楽しくて、おちんちんを抜いてベトベトになったおちんちんを咥えてから、またバックで入れて頂きながら舌を入れてキスしました。
1人目の人が私のお尻に射精して、トイレットペーパーでおちんちんを拭いて出て行きました。

2人目は30代のくらいの人です。
私の片足を便座に座っている彼の腿に乗せて、濡れたアソコが見えるように愛撫してくれました。
足に力が入らなくて立っている足がガクガクしてきたので、1人目の人と同じ体制でバックで挿入して頂きました。

3人目の30代の人は入ってきてすぐキスをしてきました。
キスが凄く上手でキスしながら乳首を触られただけで凄く感じてしまいました。
私もその人の上着を上げて乳首を舐めながら、ベルトを外しておちんちんを出してしごきました。
もうおちんちんからヌルヌルのお汁が出ていたので、音をたててお汁をすすってフェラしました。
挿入は彼に抱えられながら正常位で入れて頂きながら、キスをして頂きました。
キスもおちんちんも凄く気持よくてイキそうになりました。

私「イクッ!」

彼「ダメ!今日はイクの禁止だよ!」

私「無理!イクッ!ごめん!イカされちゃう!」

彼「イクな!」

私「イクーーーッ!ううううぅぅぅ・・イッた!イッた!イッちゃった・・あぁぁ・・はぁはぁ・・」

そのままの体制でお腹に射精して頂きました。
3人目の人がトイレから出て行ったあと

彼「イクなって約束したよね!」

私「ごめんなさい・・我慢できなかったの・・・ほんとごめんなさい・・・」

彼「もうイカされるなよ!俺の目の前で他人にイカされるって浮気だぞ!」

私「ごめんなさい・・もうイキません」

4人目は20歳くらいの凄く若い人で、体を鍛えているのかマッチョでした。
その人の乳首からムキムキの腹筋に舌を這わせてフェラしました。
超いい体!!!
その人は私を持ち上げて駅弁の体位でガンガン突いてくれました。
最後はバックで背中に射精して頂きました。

5人目も20歳くらいの若い人で4人目の人の友達みたいです。
緊張からかなかなか立たなくて10分くらいフェラしたのですが、半立くらいにしかなりませんでしたが、私のアソコはヌルヌルだったので、そのままバックで入れて頂きました。
出し入れしている間に硬くなってきてお尻に出して頂きました。

6人目の人は50歳くらいの人でした。
フェラして大きくなってから、バックで入れて頂きましたが、精子を彼に出したいと言うのでイク瞬間に抜いて彼のお腹かとおちんちんにぶっかけて頂きました。

7人目は30代くらいの人で、私の背中は精子だらけで彼のお腹も精子がついていたので、私の背中と彼の体をくっつけて正常位で入れて頂いて私の胸に出して頂きました。

8人目の人は40代半ばくらいの人で、精子だらけになっている彼を見て驚いていましたが、バックで入れながら私に彼の体の精子を舐めてキレイにするように命じました。
私は彼の胸からお腹、おちんちんまで舐めて口の中は精子だらけになりました。

彼「飲める?」

私「うん」

私は今までの人の精子を大量に飲みました。

8人目の人は私の口に出したいと言うのでゴックンしてあげました。

9人目の人は50代の人でトイレに入ってくるなり「精子臭いね」と笑っていました。
壁に手をつかされてバックで入れて頂いている所を彼には横から見て頂きました。

9人目に人「もうアソコがヌルヌルで最高ですよ!」

私「どこに出したいですか?」

9人目の人「そうだなぁ・・髪に出したい!」

私「いいですよ」

9人目の人は既に精子がついている私の髪に正面からかけてくれました。
前髪も精子でべとべとになりました。

10人目の人は40代くらいの人で、私の乳首についた精子を指ですくって私の口に入れてきました。
その指を舐め回しながら、彼に抱えられながらの正常位で入れて頂きました。
彼に抱えられてるかなのか、正常位が気持ちよすぎてまたイキそうになりました。

私「やばっ・・また・・イクかも・・・」

彼「ダメだよ!さっきも約束したろ?」

私「一回抜いて下さい!イッちゃう・・」

彼「抜かなくていいですよ!我慢させますから!」

10人目の人「じゃあ、イカせられるように頑張ります!」

私「ダメ!本当に!ダメ!」

彼「俺のこと本当に好きなら我慢して!」

私「好き!本当に好きだけどイキそう・・・」

10人目の人「イッていいよ!ほら!イキなよ!」

私「またイカされちゃう・・・もう・・我慢できない・・イクッ!」

彼「ダメ!」

私「あぁぁ・・イカされちゃった・・あぁん・・はぁ・・凄く気持いい・・あっ!またイクッ!!うっ!!!」

彼「2回イッた?」

私「2回イッた!はぁはぁ・・もうダメ・・・ごめんなさい・・」

10人目の人はお腹に出してくれたけど凄く精子が飛んで私の口まで飛んできました。

11人目の人も同じ体位で入れて頂きました。

私「もうダメ・・イキすぎて、おかしくなっちゃう・・」

彼「浮気だぞ!俺の目の前で!」

私「もうそんなこと言わないで!またイッちゃう・・」

彼「またイクのか?」

私「イッた!またイッた!」

彼「何回イクんだよ!」

私「もう何回でもイケる!気持ち良すぎるぅぅ」

11人目の人は私の口の中に出してくれて、精子でヌルヌルの口でフェラして終了しました。

今回もイクことが我慢できなかったので、私の嫌いな奴に寸止め地獄を受けるという罰が決定しました。

次回は寸止め地獄の報告を書きますね。


輪姦学校

アダルトグッズのNLS

不倫の事情

30代人妻動画